2017年10月22日

第78回菊花賞はキセキが優勝!など

22日に、競馬の第78回菊花賞(G1、京都競馬場芝3000メートル)が行われ、1番人気でミルコ・デムーロ騎手騎乗のキセキが優勝・・・

馬場が道悪の不良馬場で、勝ちタイムが3分18秒9、上り3ハロンが40秒0のタフな競馬でした・・・

キセキは、良血ルーラーシップ産駒・・・

デムーロ騎手は、この勝利で3冠ジョッキー(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)・・・

2着は2馬身差で10番人気のクリンチャー、3着はさらにハナ差で13番人気のポポカテペトル・・・


21日に、第20回富士ステークスが行われ、1番人気のエアスピネルが優勝・・・

posted by keiba-meeting at 16:32| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第78回菊花賞の注目馬

22日15時40分発走予定で、競馬の第78回菊花賞が行われます・・・

第48回菊花賞の枠順は以下の通り・・・

1-1 ブレスジャーニー
1-2 ウインガナドル
2-3 スティフェリオ
2-4 クリンチャー
3-5 トリコロールブルー
3-6 マイネルヴンシュ
4-7 アダムバローズ
4-8 サトノアーサー
5-9 クリノヤマトオー
5-10 ベストアプローチ
6-11 サトノクロニクル
6-12 ミッキースワロー
7-13 キセキ
7-14 ポポカテペトル
7-15 ダンビュライト
8-16 アルアイン
8-17 プラチナヴォイス
8-18 マイスタイル

私の注目は、皐月賞馬・アルアイン、神戸新聞杯2着のキセキ(1着は菊花賞府出走の日本ダービー馬・レイデオロ)、ステイゴールド産駒のウインガナドル、スティフェリオ、トリコロールブルー、マイネルヴンシュ、ハーツクライ産駒のアダムズバロー、サトノクロニクル、英ダービー馬のニューアプローチ産駒のベストアプローチ、良血ルーラーシップ産駒のダンビュライトです・・・
posted by keiba-meeting at 09:09| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

キタサンブラック年内で引退へ

天皇賞・春連覇などG1・5勝の昨年の年度代表馬・キタサンブラックが年内で引退へ・・・

天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念の3戦で引退、引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬へ・・・

キタサンブラックの今年は、大阪杯、天皇賞・春とG1・2連勝をしたが、宝塚記念でまさかの9着と大敗し、フランスの凱旋門賞挑戦のプランも実現せず・・・

キタサンブラックの父がディープインパクトの全兄のブラックタイドであることでも注目されています・・・
posted by keiba-meeting at 13:18| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

菊花賞の名フレーズ・サクラスターオーの「菊の季節に桜が満開!」

競馬の菊花賞で印象深いフレーズに、第48回のサクラスターオーの勝ったレースの杉本清アナウンサー実況の「菊の季節に桜が満開!」がありますね・・・

約半年ぶりのブランクで勝った「奇跡の勝利」でもありました・・・
posted by keiba-meeting at 12:57| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

菊花賞は二人の天才騎手の最初の大レース制覇!

競馬の菊花賞は、二人の天才騎手(福永洋一騎手、武豊騎手)が最初に制した大レースです・・・


22才だった福永洋一騎手は第32回菊花賞で、、距離が不向きと思われた二ホンピロムーテーでスローパースを読み取り2コーナーから先頭に立つ「奇策」と思える騎乗で見事に優勝・・・
この「好騎乗」以後、「天才」と呼ばれるように・・・

19歳8ヶ月の武豊騎手は、第49回菊花賞で、抽選での菊花賞出走ながらスーパークリーク騎乗にこだわり、見事5馬身差で圧勝・・・
19歳8ヶ月でのクラシック制覇はJRA史上最年少制覇・・・
これ以降、武豊騎手も「天才」と呼ばれるように・・・
posted by keiba-meeting at 12:12| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

第78回菊花賞の枠順確定!

19日に、22日に行われる予定の第78回菊花賞の枠順が確定・・・

枠順は以下の通り・・・

1-1 ブレスジャーニー
1-2 ウインガナドル
2-3 スティフェリオ
2-4 クリンチャー
3-5 トリコロールブルー
3-6 マイネルヴンシュ
4-7 アダムバローズ
4-8 サトノアーサー
5-9 クリノヤマトオー
5-10 ベストアプローチ
6-11 サトノクロニクル
6-12 ミッキースワロー
7-13 キセキ
7-14 ポポカテペトル
7-15 ダンビュライト
8-16 アルアイン
8-17 プラチナヴォイス
8-18 マイスタイル
posted by keiba-meeting at 11:23| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

菊花賞の3冠達成の印象深いレース!

22日に、第78回菊花賞が行われます・・・

菊花賞は、3歳クラシック3冠目で、歴代の3冠馬でも印象深いのはシンザンミスターシービーシンボリルドルフディープインパクトですね・・・

シンザンは、2冠馬となりましたが、秋の菊花賞の前哨戦の2レースでともに2着に敗れ、3冠が危ぶまれました・・・
京都で夏を過ごしたシンザンは激しい暑さで「夏負け」となりましたが、シンザンには人知を超えたものがあるのか菊花賞では勝ち3冠馬に・・・
シンザンを知るおすすめ作品

ミスターシービーは、3コーナーで先頭に立つロングスパートの「思い切った競馬」で3冠馬に・・・
ミスターシービーを知るおすすめ作品

シンボリルドルフは、日本競馬史上初の無敗の3冠馬に・・・
ゴールドウエイに半馬身差まで詰められましたが騎乗の岡部幸雄騎手が「この差はどこまで行っても、縮まらない」と言い放ちました・・・
シンボリルドルフを知るおすすめ作品

デイ―プインパクトは、日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬に・・・
3冠達成後にフジテレビ系の実況の「世界のホースマンよ、見てくれ!これが!日本近代競馬の結晶だ!」のフレーズも印象深いですね・・・
ディープインパクトを知るおすすめ作品
posted by keiba-meeting at 14:32| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

秋華賞の印象深いレース

競馬の秋華賞でのいくつかの印象に残ったレース・・・

第1回はファビラスラフインが勝ったレースだがパドックでのフラッシュ撮影やレース中の骨折で10着に敗れたエアグルーヴも印象深いですね・・・
このレース後、パドックでのフラッシュ撮影は禁止に・・・

第8回のスティルインラブ、第15回のアパパネ、第17回のジェンティルドンナも牝馬3冠達成も印象深いですね・・・

第2回のメジロドーベル、第12回のダイワスカーレットなども印象深いですね・・・
posted by keiba-meeting at 11:11| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

第22回秋華賞はディアドラが優勝!など

15日に、競馬の第22回秋華賞(G1、京都競馬場2000メートル)が行われ、3番人気のディアドラが優勝・・・

ディアドラは、ハービンジャー産駒で、ハービンジャー産駒はG1初制覇…

秋華賞は、初めて道悪の重馬場で行われました・・・

1番人気のアエロリットは7着・・・


同日に、第19回東京ハイジャンプが行われ、1番人気のオジョウチョウサンが優勝・・・


第66回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスが行われ、5番人気のクロコスミアが優勝・・・

1番人気のヴィブロスは2着・・・

posted by keiba-meeting at 17:06| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

藤田菜七子騎手がJRA女性騎手年間最多勝タイ!

14日の新潟3レースでJRAの藤田菜七子騎手が1997年のJRA女性騎手年間最多勝の牧原由貴子(現姓・増沢)さんの11勝に並びました・・・

牧原さん、藤田騎手ともにともに同じデビュー2年目の達成・・・

藤田騎手は、JRA女性騎手年間最多勝の更新の期待が・・・

posted by keiba-meeting at 16:53| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする