2018年01月16日

NARグランプリ2017表彰者

地方競馬で活躍した人を表彰するNARグランプリ2017表彰者を列記・・・

最優秀勝利回数調教師賞 角田輝也(愛知)
最優秀賞金収得調教師賞 小久保智(浦和)
最優秀勝率調教師賞 川西毅(愛知)
殊勲調教師賞 佐藤賢二(船橋)・荒川勝哉(大井)
最優秀勝利回数騎手賞 下原理(兵庫)
最優秀賞金収得騎手賞 森奏斗(船橋)
最優秀勝率騎手賞 山口勲(佐賀)
殊勲騎手賞 的場文男(大井)・白井健太郎(船橋)
優秀新人騎手賞 鈴木祐(岩手)
優秀女性騎手賞 宮下瞳(愛知)
ベストフェアプレイ賞 岡部誠(愛知)
特別賞 山野浩一氏

特別賞には、私も敬愛する昨年の7月に死去(享年77)した血統研究家で作家の山野浩一氏が選出・・・
地方競馬の発展に貢献したことが評価された・・・
posted by keiba-meeting at 16:09| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

NARグランプリ2017表彰馬、年度代表馬はヒガシウィルウィン!

15日に、地方競馬全国協会(NAR)は、昨年の地方競馬で活躍した人馬を表彰する「NARグランプリ2017」を発表・・・

年度代表馬は、交流G1・ジャパンダートダービーなどを勝ったヒガシウィルウィン・・・

以下に、表彰馬を列記・・・
年度代表馬 ヒガシウィルウィン(船橋)

2歳最優秀牡馬 ハゼノパイロ(船橋)
2歳最優秀牝馬 ストロングハート(北海道)
3歳最優秀牡馬 ヒガシウィルウィン(船橋)
3歳最優秀牝馬 ステップダンス(大井)
4歳以上最優秀牡馬 ブルドッグボス(浦和)
4歳以上最優秀牝馬 ララベル(大井)
ばんえい最優秀馬 オレノココロ(ばんえい)
最優秀短距離馬 ブルドッグボス(浦和)
最優秀ターフ馬 ダブルシャープ(北海道)
ダートグレード競走特別賞馬 コパノリッキー(JRA)
特別表彰馬 該当なし
posted by keiba-meeting at 14:35| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

SS産駒の最後の現役馬・ビュレットライナーが現役引退!

大種牡馬サンデーサイレンス(SS)の最後の現役馬ビュレットライナー(岩手所属)が現役引退・・・

3日の水沢競馬(C2)7着がラストラン・・・

通算戦績178戦21勝(うち中央競馬23戦1勝)・・・

2002年生まれで、同じサンデーサイレンス産駒のディープインパクトと同世代・・・

中央でデビュー後、6歳時に地方へ・・・

ホッカイドウ競馬を経て2008年から岩手に移籍・・・

一昨年は連勝するなど頑張っていたが、昨年は勝てず、年齢的に体力の限界も・・・

現在は、千葉県で乗馬に・・・
posted by keiba-meeting at 12:07| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

ディープインパクトの血を求め欧州の名牝が来日!

14日に、2016年度の欧州年度代表馬で英オークスなどG1・7勝のマインディング(父ガリレオ)と昨年の英愛1000ギニーなどG1・4勝のウィンター(父ガリレオ)がディープインパクトと交配するため来日・・・

両馬は、世界的生産者グループ・クールモアが所有する名牝・・・

ディープインパクト産駒でノーザンファーム生まれのサクソンウォリアーが昨年の英G1レーシングポストTを勝ち、欧州でもディープインパクトが注目され、ディープインパクトの血を求め、来日・・・

ディープインパクトの血脈が世界へ広がっていきそうだ・・・
posted by keiba-meeting at 09:20| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

第58回京成杯はジェネラーレウーノが優勝!など

14日に、競馬の第58回京成杯が行われ、1番人気の田辺裕信騎手騎乗のジェネラーレウーノが優勝・・・

2着は1/2馬身差で2番人気のコズミックフォース、3着はさらに1/2馬身差で6番人気のイェッツト・・・


同日に、第65回日経新春杯が行われ、1番人気のパフォーマプロミスが優勝・・・


13日に、第55回愛知杯が行われ、6番人気のエテルナミノルが優勝・・・

1番人気のマキシマムドパリは3着・・・
posted by keiba-meeting at 18:19| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

テンポイントの最後のレース

14日に、競馬の日経新春杯が行われますが、日経新春杯といえば、1978年の第25回で、テンポイントが故障し、その後の闘病生活の末死亡したレースとして印象深いですね・・・

テンポイントは、前年の有馬記念に勝ち、このレースは海外遠征の壮行レースでした・・・

このレースでの故障は重症で、予後不良もやむなしでしたが、ファンの助命嘆願などで緊急手術をすることに・・・

手術は成功したかに思われましたが、テンポイントは43日後に死亡・・・

テンポイントの死は残念でしたが、テンポイントの緊急手術や闘病中のデータは、その後の医療発展や苛酷なハンデ(テンポイントの負担重量は66.5キロ)の見直し、冬場の有力馬のレース出走の見直しにつながりました・・・


テンポイントについては、「テンポイント」「テンポイントを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 10:46| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

キタサンブラックが社台SSに到着!

12日に、昨年の有馬記念優勝を最後に現役引退をしたキタサンブラックが、種牡馬生活を送る北海道の社台スタリオンステーション(SS)に到着・・・

キタサンブラックは、父が3冠馬でG1・7勝のディープインパクトの全兄で3勝馬のブラックタイドで、母の父が短距離馬・サクラバクシンオーながら、中長距離で大活躍し、G1・7勝、2年連続年度代表馬の名馬・・・

父ブラックタイドは、ディープインパクトの代替種牡馬ながら、キタサンブラックはG1・7勝の名馬で種牡馬として期待されています・・・
posted by keiba-meeting at 09:39| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

2017年度JRA賞、年度代表馬はキタサンブラック!

9日に、競馬の2017年度のJRA賞が発表されました・・・

年度代表馬はキタサンブラックで、史上7頭目の2年連続年度代表馬・・・

以下に、競走馬部門と調教師・騎手部門の受賞馬・受賞者を列記・・・

(競走馬部門)
年度代表馬 キタサンブラック

最優秀2歳牡馬 ダノンプレミアム
最優秀2歳牝馬 ラッキーライラック
最優秀3歳牡馬 レイデオロ
最優秀3歳牝馬 ソウルスターリング
最優秀4歳以上牡馬 キタサンブラック
最優秀4歳以上牝馬 ヴィブロス
最優秀短距離馬 レッドファルクス
最優秀ダートホース ゴールドドリーム
最優秀障害馬 オジュウチョウサン

(調教師・騎手部門)
最多勝利調教師 池江奏寿 63勝
最高勝率調教師 中内田充正 2割1分4厘
最多賞金獲得調教師 池江奏寿 18億4848万8900円
優秀技術調教師 堀宣行

最多勝利騎手 クリフトフ・ルメール 199勝
最高勝率騎手 ミルコ・デムーロ 2割5分7厘
最多賞金獲得騎手 クリフトフ・ルメール 41億4622万円
MVJ クリフトフ・ルメール 51ポイント
最優秀障害騎手 石神 深一
最多勝利新人騎手 規定の30勝以上の騎手がいないため該当者なし
posted by keiba-meeting at 09:22| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

第52回シンザン記念はアーモンドアイが優勝!

8日に、第52回シンザン記念が行われ、1番人気の戸崎圭太騎手騎乗のアーモンドアイが優勝・・・

戸崎騎手は、3日間開催で、3日連続重賞勝利の2018年のロケットスタート・・・

しかも3日連続重賞勝ちは、同じ馬主の(有)シルクレーシングで、同じ馬主による3日連続重賞勝ちは、JRA史上初・・・
posted by keiba-meeting at 16:54| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

キタサンブラックの引退式!

7日に、京都競馬場で、昨年の有馬記念を制し、JRA・G1・最多タイ7勝で、現役引退したキタサンブラックの引退式が行われました・・・

キタサンブラックは、凄い血統ではありません(父ブラックタイドは3冠馬で、G1・7勝のディープインパクトの全兄ですが3勝馬・・・、母の父が短距離馬・サクラバクシンオー)でしたが、中長距離で大活躍した名馬に・・・

今後、種牡馬として、産駒に注目ですね・・・

最後は、オーナー(馬主)の演歌歌手・北島三郎さん(名義は北島さんが代表の(有)大野商事)の感謝の「まつり」の熱唱・・・
posted by keiba-meeting at 09:58| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする