2021年03月01日

蛯名正義騎手が現役引退

蛯名正義

競馬のJRAのトップジョッキーである

2月28日に、中山競馬場第11レースをもって現役引退、3月から調教師へ

現役最後のレース・第95回中山記念は4着だった

あの武豊騎手と同期

1987年にデビューし、JRAで21183戦(歴代1位)2541勝(歴代4位)、重賞129勝(歴代6位)、G1勝利26勝(歴代7位タイ)

海外G1勝利は、1999年にサンクルー大賞(エルコンドルパサー騎乗)

世界最高峰のレースの一つ・フランスの凱旋門賞での2着は、日本人騎手最先着

しかも2着を2回記録、1999年エルコンドルパサーと2010年のナカヤマフェスタ

残念ながら日本ダービーは2着が最先着で勝てなかった

日本ダービー制覇は騎手ではかなわなかったが調教師で目指すことになる

主な騎乗馬にエルコンドルパサー、3冠牝馬・アパパネ、マンハッタンカフェなど
posted by keiba-meeting at 07:34| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

シーザリオ死亡

2月27日に、競馬で、2005年の日米オークスを制し、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬、最優秀内国産馬を受賞したたシーザリオが死亡

シーザリオは、2002年生まれ

シーザリオは、父スペシャルウィーク母キロプリミエール(父サドラーズウェルズ)という血統

戦績6戦5勝(海外1戦1勝)2着1回

主な勝利は、2005年優駿牝馬(オークス)(G1)、海外でアメリカンオークス(G1)

他に2005年桜花賞2着

現役引退後は、繁殖牝馬としてエピファネイア(菊花賞、ジャパンカップ)、リオンディーズ(朝日杯フューチュリティステークス)、サートゥルナーリア(ホープフルステークス、皐月賞)などを出します

エピファネイアは、種牡馬として(日本競馬史上初の無敗の)3冠牝馬のデアリングタクトを出しています
posted by keiba-meeting at 04:10| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

ディープインパクトに唯一日本馬で勝ったハーツクライ

競馬の競走馬のハーツクライは、日本馬では、唯一ディープインパクトに勝っています

4歳の有馬記念で、それまで差し馬でしたが、先行して、ディープインパクトの末脚を1/2馬身抑えて優勝

ディープインパクトは、この有馬記念前に7戦7勝で日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬になっており、有馬記念でも断然の1番人気でした

ハーツクライは、このレース前は、3歳時の日本ダービーでキングカメハメハの2着、宝塚記念でスイープトウショウの2着、直前のジャパンカップでアルカセットの2着と大レースの好走はあるものの、G1は未勝利で、レースの勝利まではないと思われました


ちなみに、ハーツクライは、変則2冠馬(NHKマイル→日本ダービー)のキングカメハメハと同世代

血統は、父サンデーサイレンス母アイリッシュダンス(トニービン)

父がディープインパクトと同じ大種牡馬のサンデーサイレンス

母が日本で9勝し、重賞2勝のアイリッシュダンス


ハーツクライは、有馬記念の優勝でG1初勝利

翌年の5歳時には、ドバイに遠征し、ドバイシーマクラシックで4馬身差快勝し、海外G1勝利

ディープインパクトは、ハーツクライと別路線の国内で戦い、、秋にフランスの凱旋門賞で3着入線後に、「悪意なき」禁止薬物検出で失格しており、ディープインパクトも勝てなかった海外G1をハーツクライは勝っています

ハーツクライはドバイシーマクラシックを勝った後、イギリスに遠征し、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスでハリケーンランの3着

その後、日本に帰国し、ジャパンカップでディープインパクトと久々の再戦となります

しかし、喘鳴症(ノド鳴り)の影響からかディープインパクトの10着に敗れます

このレースを最後にハーツクライは現役を引退して種牡馬となります

種牡馬としても、ワンアンドオンリー(日本ダービー)、ヌーヴォデコルト(オークス)、リスグラシュー(エリザベス女王杯、宝塚記念、コックスプレート、有馬記念)などの大物を出し成功しています

ハーツクライは、ディープインパクトに唯一勝った日本馬であり、ディープインパクトも勝てなかった海外G1を勝利し、現役引退後は種牡馬として成功しています

その雄姿は21世紀の名馬Vol.4「ハーツクライ」(週刊Gallop臨時臨時増刊)で見ることができます



21世紀の名馬VOL.4「ハーツクライ」 (週刊Gallop臨時増刊)

ディープインパクトに唯一勝った日本馬ハーツクライの勇姿
posted by keiba-meeting at 02:59| Comment(0) | 日本の名馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

天皇賞3代制覇のメジロマックイーン

メジロマックイーンは、1987年に、日本で生産され、日本で調教された芦毛の競走馬であり種牡馬

戦績21戦12勝、G1勝ちは、1990年の菊花賞、1991年、1992年の天皇賞・春、1993年の宝塚記念の4勝

血統は、父メジロティターン母メジロオーロラ(父リマンド)

父系は、輸入種牡馬パーソロンから祖父メジロアサマ(天皇賞・秋、安田記念)→父・メジロティターン(天皇賞・秋)→本馬・メジロマックイーン(菊花賞、天皇賞・春(2回)、宝塚記念)と続き、天皇賞の3代制覇の快挙を達成しています

半兄にメジロデュレン(菊花賞、有馬記念)(父フィデオン)がいます

メジロマックイーンは、3000メートルの菊花賞や阪神大賞典(レコード)に勝ち、3200メートルの天皇賞・春で2連覇しているように、長距離適正の高い馬ですが、大阪杯(2000メートル)や京都大賞典(2400メートル)でもレコード勝ちしており、距離は万能に近かった

主戦騎手の武豊騎手によると「つかみどころのない馬」「欠点の少ない馬」と評している

「つかみどころのない馬」というのは、パーソロン系に時々見られる「不思議な底力」がメジロマックイーンにもあったようだ

それは、父メジロティターンにも強く感じ、シンボリルドルフにも感じられた

頑張っているようではなく、楽勝をするなどパーソロン系には「不思議な底力」が時々感じられましたね

「欠点の少ない馬」という点では、全21戦で4着以下は、5歳時(当時は馬齢旧表記、現在の4歳)の天皇賞・秋の6馬身差で1着入線後に斜行で18着降着とジャパンカップの4着のみ

安定した戦績を残した

これらのメジロマックイーンの特徴は最強の名馬 メジロマックイーン{DVD)で確認できます

メジロマックイーンは「つかみどころがない」が、「欠点の少ない馬」でした

メジロマックイーンの弱点は、5歳時のジャパンカップの4着のように、一瞬の切れ味、瞬発力のなさかもしれません



最強の名馬 メジロマックイーン [DVD]

メジロマックイーンは「欠点の少ない名馬でした
長距離にはもちろん強いが、中距離、中長距離でもレコード勝ちしており、距離は万能に近かった
弱点は一瞬の瞬発力のなさだけか
posted by keiba-meeting at 04:08| Comment(0) | 日本の名馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

シンボリルドルフ系の父系

日本競馬のシンボリルドルフは、戦績16戦13勝

日本競馬史上初の無敗の3冠馬で、その後G1・4勝を加え、G1・7勝を挙げています

敗れた3戦も、4歳時(当時は馬齢旧表記、現在の3歳)のジャパンカップでの3着と5歳時(当時は馬齢旧表記、現在の4歳)の天皇賞・秋の2着、6歳時のアメリカのサンルイレイSの6着で、敗因は、ジャパンカップが展開のアヤ、中1週のきついローテーション、体調不良で、天皇賞・秋は半年の休み明けでレコード決着を強引に勝ちに行ったツケ、サンルイレイSがレース前かレース中の故障でした

敗因がはっきりしている以外は完璧な強さでした

現役引退以後に、種牡馬としてトウカイテイオーを出し、成功しています

トウカイテイオーは、戦績12戦9勝

無敗の2冠馬(皐月賞、日本ダービー)で、日本ダービー後に故障し、3冠ならずで、久々で古馬になり、まだG2だった大阪杯を楽勝し、天皇賞・春に無敗で臨むも、5着、天皇賞・秋も7着に敗れるも、続くジャパンカップ快勝、有馬記念11着、故障で約1年休んだ翌年の有馬記念快勝

皐月賞、日本ダービー、ジャパンカップ、有馬記念とG1・4勝を挙げています

シンボリルドルフ、トウカイテイオーは,日本競馬界を席巻する活躍をしました

しかし、トウカイテイオーの後継種牡馬が出ず、シンボリルドルフの父系は途絶える寸前に

トウカイテイオー産駒のクワイトファインを後継種牡馬にするためのクラウドファンディングが行われ、目標の600万円を超える788万3000円の支援が集まり、クワイトファインは後継種牡馬に

(トウカイテイオーの後継種牡馬のクラウドファンディングの記事より)

しかし、配合馬があまり集まらず、その前途は厳しい



週刊Gallop臨時増刊「さらば皇帝シンボリルドルフ」

無敗の3冠馬でG1・7勝を挙げ、現役引退後も種牡馬としてG1・4勝のトウカイテイオーを出す
日本競馬史上最強馬とも




トウカイテイオー 帝王・栄光の蹄跡 [DVD]

無敗の2冠馬(皐月賞、日本ダービー)で、G!・4勝を挙げている
しかしその父系の前途は厳しい
posted by keiba-meeting at 02:45| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

第38回フェブラリーステークスはカフェファラオが優勝

21日に、競馬の第38回フェブラリーステークス(G1、東京競馬場ダート1600メートル)が行われました

今年最初のJRA・G1です

優勝は、1番人気でクリフトフ・ルメール騎手騎乗のカフェファラオ

カフェファラオは、米3冠馬アメリカンファラオの産駒です

2着は3/4馬身差で9番人気のエアスピネル、3着はさらに1馬身3/4差で8番人気のワンダーリーデルでした


私の注目馬は・・・

1着・カフェファラオ、4着・レッドルぜル、6着・インティ、8着・ソリストサンダー、9着・アルクトス、11着・サンライズノヴァ、13着・オーヴェルニュで予想を外しました
posted by keiba-meeting at 03:29| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

第38回フェブラリーSの枠順と私の注目馬

21日15時40分発走予定の競馬の第38回フェブラリーステークス(G1、東京競馬場ダート1600メートル)の枠順と私の注目馬を示します

1-1  エアアルマス
1-2  インティ
2-3  カフェファラオ
2-4  ヘリオス
3-5  サクセスエナジー
3-6  アルクトス
4-7  ワンダーリーデル
4-8  ワイドファラオ
5-9  サンライズノヴァ
5-10 エアスピネル
6-11 スマートダンディー
6-12 ヤマニンアンプリメ
7-13 ソリストサンダー
7-14 オーヴェルニュ
8-15 ミューチャリー
8-16 レッドルぜル
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は・・・
ゴールドアリュール産駒のサンライズノヴァ
最近3連勝中のオーヴェルニュ
マイルCS南部杯の勝ち馬アルクトス
米3冠馬アメリカンファラオ産駒のカフェファラオ
チャンピオンズC連続3着の実力馬インティ
最近の成績が安定しているソリストサンダー
同じく最近の成績の安定しているレッドルゼル
posted by keiba-meeting at 08:41| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

日本調教馬で世界最高の評価のエルコンドルパサー

日本競馬のエルオンドルパサーは、日本調教馬としては、世界最高の評価を受けた馬です
 
インターナショナル・クラフィシケーションによるレート「134」、タイムフォームによるレート「136」は、2020年終了時点で、日本調教馬では史上最高値です

エルコンドルパサーは、1995年生まれのアメリカ産馬ですが、日本で調教され、通算戦績11戦8勝2着3回、連対率100%を誇ります

G1勝ちは、1998年のNHKマイルカップ、ジャパンカップと1999年のフランスのサンクルー大賞、さらに世界最高峰のレースの一つとされるフランスの凱旋門賞でのモンジューの1/2馬身差の2着

1999年は、日本では走っておらず、フランスで4戦2勝2着2回、前述のようにサンクルー大賞優勝、凱旋門賞2着があります

フランスでの好走により、1999年のJRA賞年度代表馬に選出されています

エルコンドルパサーが凱旋門賞で2着するまでの日本調教馬はレースに挑戦しても2桁着順で「世界の壁」に当たっていました

エルコンドルパサーの凱旋門賞2着で、「世界」への道が見え、エルコンドルパサーの快挙(凱旋門賞2着)以前にも、日本調教馬が海外G1を制する快挙がありましたが、より「世界との距離」が縮まりました

エルコンドルパサーは、日本競馬の「世界への扉」を開いた馬の一頭です

エルコンドルパサーは、5歳(当時馬齢旧表記、現在の4歳)で凱旋門賞に挑みましたが、負担重量が59.5キロ、優勝したモンジューは4歳(当時は馬齢旧表記、現在の3歳)で負担重量は56キロでした

負担重量が優勝したモンジューより3.5キロ思い上に、凱旋門賞当日は、雨の影響で稀に見るほど馬場状態の悪い思馬場でした

日本でいう「不良馬場」ですね

モンジューは「重の鬼」といわれる重馬場巧者でした

モンジューは負担重量が軽い上、得意の重馬場で「有利」な条件が揃い、さらに当日はエルコンドルパサーが逃げる展開となり、モンジューの「目標」にされました

この「悪条件」でエルコンドルパサーは、凱旋門賞で「有利な条件」のモンジューの1/2馬身差の2着と好走しました

このため、現地のメディアは「このレースにはチャンピオンが2頭(モンジューとエルコンドルパサー)存在した」とエルコンドルパサーの好走をたたえました

惜しい2着でしたが、世界への扉をエルコンドルパサーは開きました



エルコンドルパサー [DVD]

エルコンドルパサーの勇姿を収録したDVD
世界最高峰に近づいた凱旋門賞2着など全レースを楽しめます
エルコンドルパサーは日本競馬を「世界レベル」に近づけた一頭
posted by keiba-meeting at 04:07| Comment(0) | 日本の名馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

唯一「世界の」エルコンドルパサーに勝った日本馬・サイレンススズカ

日本競馬で、サイレンススズカは、G1勝ちは、宝塚記念のみですが、その成績以上に強さを感じた馬でした

1999年のフランスG1・サンクルー大賞に勝ち、1999年の世界最高峰のレース・フランスの凱旋門賞でモンジューの1/2馬身差の2着となり、日本の競走馬では最高の評価を得ているエルコンドルパサー・・・

そのエルコンドルパサーが唯一勝てなかった日本馬が、サイレンススズカです

1998年の毎日王冠で、サイレンススズカは、当時は無敗だったエルコンドルパサーとグラスワンダーと対戦します

サイレンススズカはこの年の宝塚記念を勝ちG1馬に、エルコンドルパサーはこの年のNHKマイルカップを勝ち5戦5勝でG1馬に、グラスワンダーは前年1997年の朝日杯3歳ステークス(当時は馬齢旧表記、現在の2歳、現在の朝日杯フューチュリティステークス)を勝ち3戦3勝でG1馬になっていましたが骨折で休み明けでした

サイレンススズカは快速の逃げ馬で、エルコンドルパサーとグラスワンダーも驚異の強さを持つ無敗馬でした

毎日王冠は、G2ですが、サイレンススズカ、エルコンドルパサー、グラスワンダーの「3強」の参戦でG1並の盛り上がりを見せていました

レースは、サイレンススズカの「勝利の方程式」のハイパペースの逃げでエルコンドルパサーに2馬身半で圧勝します

グラスワンダーは休み明けも響いたのか5着でした

サイレンススズカは、この後天皇賞・秋に臨みますが、レース中の故障で予後不良となります

一方、エルコンドルパサーはこの後ジャパンカップに勝ち、翌年の1999年にフランス遠征、フランスG1のサンクルー大賞を勝ち、世界最高峰のレース・凱旋門賞でモンジューの1/2馬身差の2着となります

グラスワンダーは、この後アルゼンチン共和国杯は6着でしたが、暮れの有馬記念に勝ち翌年の1999年の宝塚記念と有馬記念などに勝ちます

1998年の毎日王冠でサイレンススズカに敗れたエルコンドルパサー(1998年のジャパンカップ勝利、1999年のサンクルー大賞勝利、凱旋門賞2着)とグラスワンダー(1998年の有馬記念、1999年の宝塚記念、有馬記念の勝利のグランプリ3連覇)のその後の活躍でサイレンススズカの評価が上がることになります

1998年の天皇賞・秋での故障と予後不良は本当に惜しまれます

競走馬としても種牡馬といても大きな可能性を感じさえていただけに・・・

特に1999年の凱旋門賞で2着となったエルコンドルパサーに唯一勝った日本馬がサイレンススズカで、その勝ち方が圧勝だっただけに



サイレンススズカ スピードの向こう側へ… [DVD]

快速の逃げ馬・サイレンススズカの全16レースをノーカット収録
サイレンススズカの異次元の疾走が見られます

サイレンススズカは、快速の逃げ馬で、戦法の定まっていなかったサイレンススズカが1998年の香港国際カップで敗れたものの、大逃げに活路を見出し、以後は大逃げのスタイルを確立
翌1998年に本格化、バレンタインSから3連勝し、特に金鯱賞は大差勝ち
続く宝塚記念も勝ち、G1馬に
さらに毎日王冠でエルコンドルパサー以下に圧勝し、5連勝で天皇賞・秋に臨む
しかし、天皇賞・秋ではレース中の故障で予後不良となった




追悼 サイレンススズカ (別冊サラブレ)

5連勝中、勝つべくして臨んだ1998年の天皇賞・秋
レースは、サイレンススズカの「勝ちパターン」だったが、レース中の故障で予後不良に
本書はその追悼号
posted by keiba-meeting at 07:51| Comment(0) | 日本の名馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

内国産種牡馬4代の例

日本競馬の父系は続かず、海外からは「日本は種牡馬の墓場」ともいわれている

日本では、サラ系5代競走馬が父系が長く続いた例

クモハタからの内国産サラ系競走馬・・・
(注)馬名の後の( )内のレースはG1級馬はグレード制後のG1のみで赤字、G1級馬以外の重賞馬は主な重賞のみ
(トウルヌソル(輸入種牡馬)→)クモハタ(日本ダービー)→メイヂヒカリ(菊花賞天皇賞・春中山グランプリ(後の有馬記念)、朝日杯3歳S)→オーシャチ(東京大賞典)→アイアンハート(カブトヤマ記念)→アイアンフジ


クモハタからの父系の種牡馬は4代で途絶えている

(トウルヌソル(輸入種牡馬)→クモハタ→メイヂヒカリ→オーシャチ→アイアンハート

内国産の4代種牡馬は、他にメジロアサマからの2例があるのみ

(パーソロン(輸入種牡馬)→)メジロアサマ(天皇賞・秋安田記念)→メジロティターン(天皇賞・秋)→メジロマックイーン(菊花賞天皇賞・春(2回)宝塚記念)→グランアクトゥール
(途絶える)

(パーソロン(輸入種牡馬)→)メジロアサマ→メジロティターン→メジロマックイーン→ギンザグリングラス

内国産馬で・・・

クモハタの父系からはG1級馬(地方も含む)を3代出した

メジロアサマの父系からは天皇賞馬を3代出した



最強の名馬 メジロマックイーン [DVD]

メジロマックイーンの強さの軌跡を収録したDVD

長距離にはもちろん強いですが、中距離でもレコード勝ちしており、距離は万能に近かった
弱点は一瞬の切れ味だけだったかも
posted by keiba-meeting at 03:27| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする