2019年08月18日

浜中俊騎手がJRA通算1000勝達成!など

17日の小倉9レースで浜中俊騎手は、JRA通算1000勝達成・・・

史上36人目、現役では19人目・・・

初騎乗から12年5ケ月15日(30歳7ケ月24日)での達成は、武豊騎手の8年4ケ月23日(26歳4ケ月9日)に次ぐ史上2番目のスピード達成・・・

今年は、ロジャーバローズで日本ダービーを制し、ダービージョッキーになった・・・

小倉は地元・・・



JRAの女性騎手・藤田菜七子騎手がJRA6週連続勝利の自己最長・・・
posted by keiba-meeting at 11:54| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

札幌記念はフィエールマンに注目!

18日に予定の競馬の札幌記念の追い切り・・・

G1馬4頭の出走する豪華なG2の札幌記念・・・
中でも注目は、G1・2連勝で、先日死亡のディープインパクトの産駒のフィエールマン・・・
フィエールマンは、ディープインパクト産駒で芝3000メートルのG1(菊花賞)に勝った2頭目の馬で、芝3200メートルのG1(天皇賞・春)に初めて勝った注目の馬で史上最少キャリアの4戦で菊花賞、6戦で天皇賞・春を制した注目の馬・・・
今秋の10月6日のフランスの凱旋門賞(G1、ロンシャン競馬場芝2400メートル)挑戦を目指している・・・
現役時代に3冠を含め芝G1・7勝で日本競馬史上最強馬ともいわれ、引退後は種牡馬として日本の生産界に君臨したディープインパクトも海外G1勝利は、凱旋門賞3位入線後の「悪意なき」禁止薬物検出で失格という失意の成績で果たせませんでした・・・

ディープインパクトの無念をディープインパクト産駒で晴らす・・・

そのためには、札幌記念では負けられません・・・

posted by keiba-meeting at 10:57| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

韓国国際競走・日本馬招待せず、シャーガーカップの結果!

8月8日に行われるコリアカップ、コリアスプリントの韓国国際競走に、現在の日韓情勢を考慮し、日本馬を招待しないことが決まった・・・
これでJRA所属のコリアカップ3連覇を目指していたロンドンタウン、コリアスプリント2連覇を目指していたモーニンの偉業達成はなくなった・・・

10日にイギリス・アスコット競馬場で行われた世界騎手招待競走のシャーガーカップで、藤田菜七子騎手は4着が最高の成績に終わった・・・
一方、世界選抜のキャプテンを務めた川田将雅騎手も2度の3着が最高だったが、チームは優勝・・・
なお、個人戦優勝は、女性騎手のヘイリー・ターナー騎手(英国)で、史上初の2年連続優勝・・・
posted by keiba-meeting at 12:18| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第54回関屋記念はミッキーグローリーが優勝!など

11日の第54回関屋記念は、1番人気のミッキーグローリー(クリフトフ・ルメール騎手騎乗)が優勝・・・
ディープインパクトに捧げる勝利・・・
(死後の産駒初重賞制覇)
ルメール騎手は自身初の新潟重賞優勝・・・
同馬は、マイルチャンピオンシップ(11月7日、G1、京都競馬場芝1600メートル)が目標・・・


同日に行われた第24回エルムステークスは、2番人気のモズアトラクションが優勝・・・
1番人気のグリムは7着・・・
posted by keiba-meeting at 11:31| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

キングカメハメハが死亡

9日に、2004年にNHKマイルカップ→日本ダービーの変則2冠を史上初で達成し、種牡馬としても先月死亡したディープインパクトとともに日本の生産界を牽引したキングカメハメハが死亡・・・
18歳・・・

17歳で先月死亡したディープインパクトを追うように10日後に18歳で死亡・・・
ディープインパクトが種牡馬で生産界に君臨する前の2010年、2011年のリーディングサイヤー・・・
ロードカナロアや3冠牝馬アパパネなどを出し、ロードカナロアは、3冠牝馬でジャパンカップ、ドバイターフを制したアーモンドアイを出し後継種牡馬となりつつある・・・
サンデーサイレンスの大成功でサンデーサイレンスの血があふれ、サンデーサイレンスの血を受けた種牡馬や繁殖牝馬との配合でもキングカメハメハの血は注目されている・・・
ドゥラメンテなどキングカメハメハの後継種牡馬にも注目だ・・・
キングカメハメハは、先月種牡馬引退を発表したばかり・・・
今後デビューするキングカメハメハ産駒やロードカナロアなどのキングカメハメハ系、キングカメハメハの血を引く馬などにも注目・・・
ディープインパクトとともに、内国産種牡馬の枠におさまらない日本生産界の至宝といえた・・・
posted by keiba-meeting at 09:25| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

第11回レパードSは白毛のハヤヤッコが優勝!など

3日にJRAの女性騎手・藤田菜七子騎手が新潟4レースに勝利し、自己最長の5週連続優勝・・・


4日のサマー2000シリーズ・第3戦・小倉記念はメールドグラースが重賞3連勝・・・

レパードステークスが行われ、ハヤヤッコが優勝・・・
ハヤヤッコは、白毛馬でJRA重賞では、史上初の白毛優勝・・・
小倉記念、レパードSなどは、7月30日に死亡したディープインパクトの追悼競走で、くしくもハヤヤッコは、ディープインパクトと同じ勝負服(馬主)・・・

クリフトフ・ルメール騎手が1日8勝の2度目のJRA最多タイ・・・


藤田菜七子騎手がJRA通算70勝・・・
posted by keiba-meeting at 07:23| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

ディアドラが英G!・ナッソーS制覇!

1日に、英G1のナッソーステークスは、日本から参戦のオイシン・マーフィー騎手騎乗のディアドラが優勝・・・

低評価の7番人気タイを覆しての優勝・・・

日本馬の英G1制覇は、2000年のジュライカップ優勝のアグネスワールド以来史上2頭目・・・

次走についての明言は避けたが、登録のある愛チャンピオンステークス(9月14日、愛G1)参戦の可能性も・・・

ディアドラの血統は、父ハービンジャー母ライツェント(父スペシャルウィーク)で、戦績は25戦8勝(うち海外6戦1勝)・・・

G1初制覇が英G1だった・・・(ちなみに重賞は5勝目)
posted by keiba-meeting at 16:35| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

世界の天才騎手・デッドーリ騎手が今秋日本で騎乗も!

史上初の凱旋門賞3連覇を狙うエネイブルの主戦騎手として知られ、今年も数々の大レースを勝利しているランフランコ・デッドーリ騎手が今秋、短期免許取得で日本で騎乗するプランがあることが1日にわかった・・・

欧州平地競走シーズンの主要競走終了後に来日する意向で、2011年に日本ダービーでデボネア(3番人気・12着)に騎乗するため2日間だけ短期免許を取得したことがあるが、腰を据えての来日は初めて・・・

日本でもジャパンカップで3勝し、おなじみの同騎手・・・

欧州のG1・大レース・クラシックを中心に世界中の大レースも数多く制し、凱旋門賞歴代最多の6勝を挙げているなどの世界の天才ジョッキー・・・

勝利後に馬上から飛び降りる「フライングディスマウント」(デッドーリジャンプ)のパフォーマンスでも知られる・・・

社台ファームの吉田照哉さんが同騎手の騎乗技術の高さを「デッドーリが乗ると5馬身違う」とテレビの競馬番組でいったとも・・・

デッドーリ騎手のパフォーマンスが日本でじっくり見られる可能性があるのは楽しみだ・・・
posted by keiba-meeting at 08:09| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

ディープインパクトの死に思うこと

2019年7月30日、名競走馬にして名種牡馬、日本競馬史上最強馬ともいわれたディープインパクトが死亡・・・

同馬の強烈な末脚は、他馬とは次元が違い、まるで舞っているかのように駆け、「空を飛ぶ馬」といわれた・・・

日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)となり、その後、G1・4勝(天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)を制し、日本競馬史上最多タイのG1・7勝・・・

残念ながら、海外挑戦の凱旋門賞は、3着入線後の悪意なき禁止薬物検出で失格となったが、日本では、2005年の有馬記念2着惜敗(優勝はハーツクライ)以外は、完璧な強さで戦績は、凱旋門賞も含む全戦績14戦12勝・・・

その強さと人気は社会現象に・・・

その走法は、アメリカ競馬史上最強馬といわれるセクレタリアトに似ているといわれた・・・

また戦績14戦12勝は偶然かもしれませんが、史上初の欧州3大レース(英ダービー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞)を制したミルリーフと同じだった・・・

名競走馬だったディープインパクトは、大種牡馬サンデーサイレンス産駒で、競走馬引退後は、3冠牝馬(桜花賞、オークス、秋華賞)でG1・7勝のジェンティルドンナなど多くのG1馬・クラシック馬を出し、日本の生産界に君臨・・・
産駒は海外でも活躍し、海外G1・海外クラシックも制しています・・・

同馬に全戦騎乗した多くの名馬の背を知る武豊騎手にとってもディープインパクトは「特別な馬」だったようです・・・
「空を飛ぶ」とのニュアンスの発言を最初にしたのも同騎手でした・・・

ディープインパクトは、その名前のように、日本競馬界だけでなく、世界の競馬界に深い衝撃(ディープインパクト)を与えました・・・

posted by keiba-meeting at 09:22| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

名競走馬にして名種牡馬のディープインパクト死す!

日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬で、日本競馬史上最強馬ともいわれ戦績は14戦12勝のディープインパクトが死亡・・・
17歳・・・

同馬は28日に頚部の手術を受けたが、29日の午前中に起立不能の状態に・・・
30日早朝にレントゲン検査を行ったところ、頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから、安楽死の処分が取られた。

芝G1・7勝は史上最多タイ・・・

その強さと人気は社会現象となり「空を飛ぶ馬」といわれた・・・

競走馬引退後も種牡馬として3冠牝馬ジェンティルドンナなど多くのG1馬を出し、日本の生産界に君臨・・・
産駒は、日本だけでなく、海外でも活躍し、産駒は海外G1も制しています・・・

まさに名競走馬にして名種牡馬・・・

ディープインパクトは、大種牡馬サンデーサイレンス産駒で、サンデーサイレンスの血の偉大さを伝えるサンデーサイレンスの後継種牡馬だった・・・
posted by keiba-meeting at 07:19| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする