2019年05月26日

第86回日本ダービーはロジャーバローズが優勝

第86回日本ダービー(東京優駿、G1、東京競馬場芝2400メートル)は、12番人気の浜中俊騎手騎乗のロジャーバローズが優勝・・・

勝ちタイムは、レースレコードの2分22秒6・・・


2着はクビ差で3番人気のダノンキングリー、3着はさらに2馬身1/2差で2番人気のヴェロックス・・・

4着が1番人気のサートゥルナーリア・・・・


上位4着全てが注目馬で予想が当たりました・・・

5着・ニシノデイジー、6着・クラージュゲリエ、8着・レッドジェニアル、9着・タガノディアマンテなどがノーマーク・・・

7着・ランフォザローゼス、10着・メイショウテンゲン、15着・リオンリオン、16着・シュヴァルツリーゼ、17着・サトノルークスが注目馬・・・

とりあえず予想は当たりました・・・
posted by keiba-meeting at 17:15| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

ホースマンの憧れ・ダービー

26日15時40分発走予定の第86回日本ダービー・・・

日本ダービーは、ホースマンの憧れるレースで、日本一のオーナーブリーダーだった社台フォーム(現在の社台ファームの前身で現在の社台グループの母体)の吉田善哉さんも、1986年に日本ダービーをダイナガリバーで初制覇(結局、吉田善哉さんはこの時の1度だけ制覇)の時に人目をはばからず涙したといわれます・・・

それは、日本ダービー5勝の同レース最多勝利騎手・武豊騎手も一緒で、日本ダービーのシーズンとなると、今でもワクワクし、何度も日本ダービーに勝ちたいと思うそうです・・・

武豊騎手が初めて日本ダービーを制したのは、1998年のスペシャルウィーク騎乗で・・・

しかし、5馬身差の圧勝にもかかわらず、武豊騎手は、直線で鞭を落としています・・・

日頃、冷静な武豊騎手が日本ダービー初制覇で興奮したのでしょうか!?

日本ダービーには、あの武豊騎手でさえ、興奮させる特別の魅力、言い換えれば「魔力」があります・・・

武豊騎手は、その後4度の勝利を積み重ね、合計5度の(日本)ダービージョッキーになっており、無敗の3冠馬ディープインパクトでも日本ダービーに勝っていますが、一番の思い出の日本ダービーは、1998年のスペシャルウィークでの初制覇の時だと今でもいっています・・・

日本ダービーは、武豊騎手ほどの騎手でも、何度でも勝ちたいレースであり、日本ダービー初制覇は格別、特別だったようです・・・

名手の柴田政人が「(日本)ダービーに勝ちたい」と願い、イギリスでも名手のゴードン・リチャーズも「(英)ダービー制覇」を願った・・・
(両者とも晩年にダービー制覇)

ホースマンが憧れるレース・・・

それがダービーというレースだ・・・
posted by keiba-meeting at 10:09| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

第86回日本ダービーの注目馬

26日15時40分発走予定の第86回日本ダービー(東京優駿、G1、東京競馬場芝2400メートル)の私の注目馬は・・・

無敗の皐月賞馬・サートゥルナーリア、母も日米オークス馬シーザリオで、自身の半兄にジャパンカップ、菊花賞を勝ったエピファネイアのいる良血馬、父ロードカナロア自身は短距離系も父の産駒に牝馬3冠とジャパンカップなどを勝ったアーモンドアイがいて、鞍上も乗り替わりながら一流のダミアン・レーン騎手で心強い・・・

ディープインパクト産駒で、母の父がストームキャットという相性のいいニックスで皐月賞3着のダノンキングリー・・・

皐月賞2着でサートゥルナーリアと好勝負で母系もドイツ牝系のヴェロックス・・・

祖母エアグルーヴ(天皇賞・秋も制覇)、曾祖母ダイナカールがオークス馬で、いとこに皐月賞、日本ダービーの2冠馬のドゥラメンテなどのいる名牝系で、父も変則2冠(NHKマイルカップ、日本ダービー)のキングカメハメハで、東京競馬場芝2400メートルに適合しそうなトライアル青葉賞2着のランフォザローゼズ・・・
(個人的に連覇もかかる福永祐一騎手騎乗で注目)

トライアル青葉賞の勝ち馬・リオンリオン・・・

ディープインパクト産駒で、母の父が大種牡馬サドラーズウェルズのサトノルークス・・・

鞍上が日本ダービー5勝の武豊騎手で、日本ダービーと相性のいい弥生賞勝ち馬のディープインパクト産駒のメイショウテンザン・・・

長距離巧者の父ハーツクライにドイツ牝系で高速決着に疑問もスタミナのありそうなシュヴァルツリーゼ・・・

いとこに、同じ父のG1・7勝の3冠牝馬ジェンティルドンナのいるディープインパクト産駒のロジャーズバローズあたりか・・・


第86回日本ダービーの枠順・・・
1-1  ロジャーバローズ
1-2  ヴィント
2-3  エメラルファイト
2-4  サトノルークス
3-5  マイネルサーパス
3-6  サートゥルナーリア
4-7  ダノンキングリー
4-8  メイショウテンゲン
5-9  ニシノデイジー
5-10 クラージュゲリエ
6-11 レッドジェニアル
6-12 アドマイヤジャスタ
7-13 ヴェロックス
7-14 ランフォザローゼズ
7-15 リオンリオン
8-16 タガノディアマンテ
8-17 ナイママ
8-18 シュヴァルツリーゼ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

posted by keiba-meeting at 08:48| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

第86回日本ダービーの枠順確定!

23日に、26日に行われる予定の第86回日本ダービー(東京優駿、G1、東京競馬場芝2400メートル)の枠順が確定・・・

以下に示します・・・

1-1  ロジャーバローズ
1-2  ヴィント
2-3  エメラルファイト
2-4  サトノルークス
3-5  マイネルサーパス
3-6  サートゥルナーリア
4-7  ダノンキングリー
4-8  メイショウテンゲン
5-9  ニシノデイジー
5-10 クラージュゲリエ
6-11 レッドジェニアル
6-12 アドマイヤジャスタ
7-13 ヴェロックス
7-14 ランフォザローゼズ
7-15 リオンリオン
8-16 タガノディアマンテ
8-17 ナイママ
8-18 シュヴァルツリーゼ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください


posted by keiba-meeting at 09:03| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

ラヴズオンリーユーは無敗のオークス馬、ミルコ・デムーロ騎手がクラシック完全制覇!

19日に行われた第80回オークス(優駿牝馬、G1、東京競馬場芝2400メートル)は、1番人気のラヴズオンリーユーが2分22秒8のレースレコードで、デビュー4連勝で、無敗のオークス馬に・・・
無敗のオークス馬は、1943年のクリフジ、1946年のミツマサ、1957年のミスオンワード、2006年のカワカミプリンセス以来史上5頭目・・・

鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、史上10人目のクラシック完全制覇(桜花賞、オークス、皐月賞、日本ダービー、菊花賞)・・・
ちなみにその10人は・・・
栗田勝氏、保田隆芳氏、菅原泰夫氏、武豊騎手、河内洋氏、池添謙一騎手、岩田康誠騎手、川田将雅騎手、クリフトフ・ルメール騎手、そしてミルコ・デムーロ騎手・・・

ラヴズオンリーユー・・・
ディープインパクト母ラヴズオンリーミー(父ストームキャット)、戦績4戦4勝
生産・ノーザンファーム、馬主・DMMドリームクラブ(株)

posted by keiba-meeting at 11:02| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

第80回オークスは、ラヴズオンリーユーが優勝

19日に行われた第80回オークス(優駿牝馬、G1、東京競馬場芝2400メートル)は、1番人気のミルコ・デムーロ騎手騎乗のラヴズオンリーユーが優勝・・・
勝ちタイムは2分22秒8でレースレコード・・・
ディープインパクト産駒で無敗のオークス馬・・・

2着はクビ差でカレンブーケドール、3着はさらに2馬身1/2差でクロノジェネシス・・・

注目馬では、勝ち馬(ラヴズオンリーユー)の予想は当たり、2着のカレンブーケドールは予想は外しましたが、最後まで注目馬にするか迷い、結果的に注目馬から外してしまいました・・・

3着・クロノジェネシス、5着・ダノンファンタジー、6着・シャドウディーヴァ、7着・シェーングランツ、9着・コントラチェック、10着・フィリアプーラ、15着・ビーチサンバまでが注目馬・・・

4着・ヴィクトーリア、8着・アクアミラビリスなどがノーマーク・・・

結果的に予想は外しましたが、注目馬はほとんど上位に来ましたね・・・
posted by keiba-meeting at 16:39| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第80回オークスの注目馬

19日15時40分発走予定の第80回オークス(優駿牝馬、G1、東京競馬場芝2400メートル)の私の注目馬は・・・

桜花賞3着、阪神ジュベナイルフィリーズ2着と芝1600メートルながらG1で好走し、自身の半姉に先週の芝1600メートルながらG1のヴィクトリアマイルに勝っているノームコアのいる良血で、父も凱旋門賞馬・バコのクロノジェネシス・・・

ディープインパクト産駒で、トライアルのフラワーカップを勝ち、騎乗騎手も「神騎乗」のダミアン・レーン騎手のコントラチェック・・・

同じくディープインパクト産駒で、母が仏オークスなどG1・6勝のスタセリカで、自身の半姉にオークス馬・ソウルスターリングのシェーングランツ・・・

ハーツクライ産駒でトライアルのフローラステークスを勝ったシャドウディーヴァ・・・

2歳女王で、桜花賞4着のディープインパクト産駒のダノンファンタジー・・・

ディープインパクト産駒で、前走の勝ち方がよかったラヴズオンリーユー・・・

ハービンジャー産駒で「変わり身」を期待のフィリアプーラ・・・

あとは、成績が比較的安定しているビーチサンバあたりか・・・


第80回オークスの枠順・・・
1-1  ジョディー
1-2  クロノジェネシス
2-3  コントラチェック
2-4  シェーングランツ
3-5  エールヴォア
3-6  アクアミラビリス
4-7  シャドウディーヴァ
4-8  ダノンファンタジー
5-9  ウインゼノビア
5-10 カレンブーケドール
6-11 シゲルピンクダイヤ
6-12 ウィクトーリア
7-13 ラヴズオンリーユー
7-14 フェアリーポルカ
7-15 ノーワン
8-16 ビーチサンバ
8-17 メイショウショウブ
8-18 フィリアプーラ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合してください
 
posted by keiba-meeting at 11:22| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

レイデオロが宝塚記念出走も

ドバイのシーマクラシック6着以来休養に入っているレイデオロが6月23日の宝塚記念(G1、阪神競馬場芝2200メートル)へ向かう可能性も・・・

現在は休養調整中だが、順調に調整が進めば、宝塚記念出走も・・・
posted by keiba-meeting at 07:52| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

ヴィクトリアマイルに勝ったハービンジャー産駒ノームコアとレーン騎手に注目

すでに、本ブログでもお伝えした通り、第14回ヴィクトリアマイル(G1、東京競馬場芝1600メートル)は、ノームコアが1分30秒5のレコードタイムで優勝・・・

勝ったノームコアは、馬も強かったですが、鞍上のダミアン・レーン騎手も上手かったですね・・・

さすがは、オーストラリアの天才といわれる「腕」・・・

追える「剛腕」というより馬当たりの柔らかい印象・・・

レーン騎手は、JRA・G1初制覇・・・

この後のオークス(コントラチェック)、日本ダービー(サートゥルナーリア・進路妨害で騎乗停止のルメール騎手からの乗り替わり)でも注目馬に騎乗ですね・・・

特に、日本ダービーでは、無敗で皐月賞を勝った日本ダービーでも本命視されているサートゥルナーリアに騎乗だけに大注目・・・

ノームコアは、ハービンジャー産駒で、ハービンジャーのG1勝ちは、キングジョージ6世&エリザベスステークスのみだが、同レースを大差勝ちし、評価されている名馬で、社台グループ期待の種牡馬の一頭・・・


ノームコア・・・
父ハービンジャー母クロノロジスト(父クロフネ)
戦績9戦4勝、主な勝ちは今回のヴィクトリアマイル
生産:ノーザンファーム、馬主:池谷誠一郎氏
posted by keiba-meeting at 09:55| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

第14回ヴィクトリアマイルはノームコアが優勝!

12日に、第14回ヴィクトリアマイルが行われ、5番人気のダミアン・レーン騎手騎乗のノームコアが優勝・・・


勝ちタイム1分30秒5は、力強く抜け出したレコードタイムの強い勝ち方でした・・・

鞍上のダミアン・レーン騎手は、豪州の若き25歳の天才といわれていますが、追える「剛腕」というより、馬当たりの柔らかい上手い騎手の印象で、11日の京王杯スプリングカップでも勝利し、G2でJRA重賞初制覇、そして今回のJRA・G1初制覇・・・

一言でいえば、さすが豪州の天才といわれる上手い騎手ですね・・・

予想の方は、勝ち馬のノームコア、3着のクロコスミアがノーマーク、2着プリモシーン、4着ラッキーライラック、5着アエロリット、9着ソウルスターリング、14着アマルフィゴースト、18着カンタービレが注目馬で、予想は外れ・・・

ソウルスターリングの本命は、血統と格を重視する私の予想ではこうなります・・・

予想は外しましたが、注目馬はそこそこ上位には来ましたね・・・
posted by keiba-meeting at 16:43| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする