2015年07月31日

エピファネイアが現役引退

30日に、2013年の菊花賞、2014年のジャパンカップを勝ったエピファネイアが左前繋靭帯炎のため現役を引退するようです。

戦績は14戦6勝(うち海外2戦0勝)。

父がシンボリクリスエス、母が日米オークス馬のシーザリオという良血・・・

今後は社台スタリオンステーションで種牡馬になるようです。

引退は残念ですが、種牡馬として大いに期待します。
posted by keiba-meeting at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

第63回中京記念はスマートオリオンが優勝など

26日に第63回中京記念が行われました。

6番人気のミルコ・デムーロ騎手騎乗のスマートオリオンが優勝しました。

2着はクビ差で13番人気のアルマディヴィジョン、3着はさらにクビ差で3番人気のダローネガが入りました。


同日行われた第47回函館2歳ステークスはブランボヌールが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

ブラックホークが急死

22日に、1999年スプリンターズステークス、2000年安田記念を勝ったブラックホークが急死したことが、23日にわかりました。

同馬は、通算戦績28戦9勝・・・

主な産駒に、クーヴェルチュール(キーンランドカップ)、チェレブレタ(京都牝馬ステークス)などがいます。
posted by keiba-meeting at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

第51回函館記念はダービーフィズが優勝

19日に第51回函館記念が行われました。

3番人気で岩田康誠騎手騎乗のダービーフィズが優勝しました。

2着はアタマ差で10番人気のハギノハイブリット、3着はさらに3馬身1/2差で7番人気のヤマカツエースでした。

1番人気のエアソミュールは4着でした。
posted by keiba-meeting at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

セレクトセール2日目・ウィーミスフランキーの2015が1億9440万円(税込み)で落札

14日に、競走馬のセリ・セレクトセールの2日目(当歳=0歳)が行われました。

最高額は、デイープインパクト産駒・ウィーミスフランキーの2015の1億9440万円(税込み)で、ダノンの冠名で知られる野田順弘氏が落札しました。


注目の種牡馬初年度のオルフェーヴルは、牡馬のリュシオルの2015が9288万円で落札されたのが、同馬産駒では最高額でした。

ちなみに落札したのは、アドマイヤの冠名で知られる近藤利一氏です。
posted by keiba-meeting at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

セレクトセール2015で、サトノクラウンの半弟が2億5380万円(税込み)で落札

13日に競走馬のセリ・セレクトセール2015の初日(1歳馬)が行われました。

「サトノ」の冠名で知られる里見治氏が、今年の日本ダービー2着のサトノラーゼンの半弟「トゥーピーの2014」(父ハーツクライ)、同3着のサトノクラウンの半弟「ジョコンダⅡの2014」(父ディープインパクト)を高額で落札しました。

「ジョコンダⅡの2014」が2億5380万円(税込み)、「トゥーピーの2014」が9072万円(税込み)でした。
posted by keiba-meeting at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

第51回七夕賞はグランデッツァが優勝など

12日に、第51回七夕賞が行われました。

2番人気で川田将雅騎手騎乗のグランデッツァが優勝しました。

2着は1馬身1/4差で8番人気のステラウインド、3着はさらに1/2馬身差で16番人気のマデイラが入りました。


同日は、第20回プロキオンステークスも行われ、ベストウォーリアが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

第17回ジャパンダートダービーはノンコノユメが優勝

8日に、第17回ジャパンダートダービー(交流GⅠ)でノンコノユメ(JRA所属)が優勝しました。

ノンコノユメは、青竜S(オープン特別)、ユニコーンS(GⅢ)に続く3連勝です。

今後も注目ですね。
posted by keiba-meeting at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

日本馬初の海外ダート重賞を制したユートピアが死亡

2004年と2005年の南部杯を連覇し、2006年にはドバイのGⅡゴドルフィンマイルを勝ち日本馬として初めて海外ダート重賞を制したユートピアがトルコで死亡しました。

15歳。

ユートピアは、海外では他にアメリカGⅢのレースを制しており、日本でも他に交流GⅠに勝っています。

引退後は、アメリカで種牡馬になりましたが、昨年にトルコに移っていました。
posted by keiba-meeting at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

第64回ラジオNIKKEI賞はアンビシャスが優勝

5日に行われた第64回ラジオNIKKEI賞は、1番人気でクリフトフ・ルメール騎手騎乗のアンビシャスが優勝しました。


同日に行われた第51回CBC賞は、ウリウリが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする