2015年10月25日

第76回菊花賞はキタサンブラックが優勝など

25日に行われた第76回菊花賞は、5番人気のキタサンブラックが優勝しました。

2着が2番人気のリアルスティール、3着が1番人気のリアファルです。

キタサンブラックは、母の父が短距離に強いサクラバクシンオー・・・

父がブラックタイドで、ディープインパクトの全兄・・・・

父の母系にスタミナ血脈が流れ、血統的には長距離もこなせますが、「本家」のディープインパクトが3000メートル以上の長距離で苦戦をしており、「代替」ともいえるブラックタイドの産駒はさらに苦戦すると思いましたが、ブラックタイド産駒のキタサンブラックが勝ちました。

24日の第18回富士ステークスはダノンプラチナが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ゴールドシップ、今秋はJC→有馬記念で現役引退のローテーション予定

18日に、GT・6勝のゴールドシップがジャパンカップ(JC)(11月29日)から秋は始動する予定であることを発表しました。

ジャパンカップは、横山典弘騎手騎乗で挑み、その後、引退レースの有馬記念(12月27日)へのローテーションで、有馬記念の騎乗騎手は未定のようです。
posted by keiba-meeting at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

第20回秋華賞はミッキークイーンが優勝しオークスと牝馬2冠

18日に行われた第20回秋華賞は、1番人気のミッキークイーンが優勝しました。

鞍乗の浜中俊騎手は同レース連勝・・・

勝ちタイム1分56秒9(良・芝2000メートル)は、秋華賞レコードで、コースレコードに0.1秒まで迫る2位のタイム・・・

ミッキークイーンは、オークスに続き牝馬2冠です。


同日に行われた第17回東京ジャンプはサナシオンが優勝しました。


17日に行われた第63回府中牝馬ステークスはノボリディアーナが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

第50回京都大賞典はラブリーデイが優勝

12日に行われた第50回京都大賞典は、1番人気のラブリーデイが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

第66回毎日王冠はエイシンヒカリが優勝など

11日に、第66回毎日王冠が行われ、1番人気のエイシンヒカリが逃げ切りました。

天皇賞・秋でもエイシンヒカリの逃げは脅威ですね。


10日の第1回サウジアラビアロイヤルカップはブレイブスマッシュが優勝しました、
posted by keiba-meeting at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

第94回凱旋門賞の上位5着

第94回凱旋門賞の上位5着です。

ゴールデンホーン 2.27.23
フリントシャー 2馬身
ニューベイ クビ
トレヴ ハナ
エルプト 1馬身1/2

優勝馬は優勝タイム、2着以下は着差
posted by keiba-meeting at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キズナの繋養先決まる

来春から種牡馬となるキズナの繋養先が父・「ディープインパクト」と同じ社台スタリオンステーションに決まるました。

総額9億円のシンジケートが組まれ、初年度の種付け料は250万円の予定です。
posted by keiba-meeting at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレヴが現役引退

第94回凱旋門賞で4着に敗れ、史上初の3連覇がならなかったトレヴが、このレースを最後に現役を引退し、来春からフランスで繁殖牝馬となるようです。

通算戦績は13戦9勝・・・、GT勝ちは6勝です。


このレースで優勝したゴールデンホーンもあと1戦して現役引退し、来春からイギリスで種牡馬となるようです。

ゴールデンホーンの「ラストラン」は、アメリカのブリーダーズカップ・ターフかブリーダーズカップ・クラシックの可能性もあります。


来年の凱旋門賞は、ロンシャン競馬場のスタンド改修で、シャンティ競馬場で行われる予定です。


凱旋門賞2勝以上の馬は、サイト「メインウェーブ」の「世界の3冠馬・日本の3冠馬(参考:凱旋門賞2勝以上の馬など)」をご覧ください。

ちなみにトレヴの1回目の凱旋門賞制覇の時の2着馬は日本の「オルフェーヴル」です。
posted by keiba-meeting at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

第94回凱旋門賞はゴールデンホーンが優勝、トレヴの3連覇ならず

4日に世界最高峰のレース・フランスの凱旋門賞が行われました。

今年で94回目のこのレース最大の注目は、史上初の3連覇を目指すトレヴでした・・・

トレヴは、直線でいつもの伸びを欠き4着に敗れ、優勝したのは、ランフランコ・デッドーリ騎手騎乗の今年の英ダービー馬・ゴールデンホーンでした。

騎乗の「ランフランコ・デットーリ」騎手は同レース最多タイの4勝目です。

ゴールデンホーンは、これで戦績が8戦7勝となりました。

2着は昨年の同レースも2着のフリントシャー、3着は仏ダービー馬・ニューベイ・・・

トレヴは、前述のように4着でした。

英ダービーと凱旋門賞の両レース制覇は、ワークフォースが思い出されます。

凱旋門賞2勝以上の馬については、サイト「メインウェーブ」の「世界の3冠馬・日本の3冠馬(参考:凱旋門賞2勝以上の馬など)」をご覧ください。

ちなみにトレヴの1回目の凱旋門賞勝利の時の2着馬は5馬身差でオルフェーヴルです。
posted by keiba-meeting at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

第49回スプリンターズステークスはストレイトガールが優勝など

4日に第49回スプリンターズステークスが行われ、1番人気のストレイトガールが優勝しました。

ストレイトガールのGT勝利は、今年春の牝馬限定のGT・ヴィクトリアマイルに続く2勝目です。

同馬は、国内ラストランで、今後は香港のGTを目指します。

2番人気のベルカントは13着でした。


3日に、第19回シリウスステークスが行われ、アウォーディーが優勝しました。

武豊騎手は、この勝利で通算でJRA重賞300勝を達成しました。

posted by keiba-meeting at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする