2016年04月25日

第51回フローラステークスはチェッキーノが優勝など

24日に、第51回フローラステークスが行われ、3番人気でクリフトフ・ルメール騎手騎乗のチェキーノが優勝しました。

血統は父キングカメハメハ母ハッピーパス(父サンデーサイレンス)・・・
(コディーノ(2012年朝日杯フューチュリティステークス2着、2013年皐月賞3着)の全妹)

勝ちタイムはレースレコードの1分59秒7・・・

2着は3馬身差で2番人気のパールコード、3着はさらに1/2馬身差で13番人気のアウェイクです。

上位3着までがオークスの優先出走権です。

1番人気のビッシュは5着でした。


同日は、第47回マイラーズカップが行われ、クルーガーが優勝しました。


23日に、第13回福島牝馬ステークスガ行われ、マコトブリジャールが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港のクイーンエリザベス2世カップはウェルテルが優勝

24日に、香港で第42回クイーンエリザベス2世カップが行われ、日本勢ではラブリーデイ(1番人気)の4着が最高位、ヌーヴォレコルトは6着、サトノクラウンは12着・・・

優勝は、今年の香港ダービー馬・ウェルテル(2番人気)でした。
posted by keiba-meeting at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤田菜七子騎手、土曜に落馬も日曜に騎乗!!

23日に、注目の藤田菜七子騎手が、東京1レースで落馬しました。

頭部を打撲し、負傷が心配されましたが、24日には元気に8レースに騎乗・・・

この2日間は未勝利でした。
posted by keiba-meeting at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

第70回皐月賞はディーマジェスティが優勝など

17日に、クラシック第1弾・第70回皐月賞が行われ、 8番人気のディーマジェスティ(父ディープインパクト)が直線で豪快に差し切り勝ち・・・

2着は大外から伸びたマカヒキ(父ディープインパクト)が1馬身1/4差、3着はさらに1馬身1/4で1番人気のサトノダイヤモンド(ディープインパクト)・・・

注目されていた2番人気のリオンディーズは4位入線で5着に降着、エアスピネルが5位入線ながら4着に繰り上がりました。

早いペースでレースが展開し、差し追い込みのディーマジェスティ、マカヒキ向きのレース展開だったといえます。

レベルが高いといわれた今年の3歳牡馬戦線・・・

勝ちタイムも早く、レベルも高そうで、クラシック第2弾・日本ダービーが注目ですね。


16日に、第16回中山グランドジャンプと第21回アンタレスステークスが行われ、それぞれオジュチョウウサン、アウォーディーが優勝しました。

posted by keiba-meeting at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

日本調教馬で36年ぶり海外重賞制覇のフジヤマケンザンが死亡

1995年の香港カップ(当時はGTではなかった)を制覇し、日本調教馬で36年ぶりの海外重賞制覇をしたフジヤマケンザンが死亡しました。28歳。

1959年のワシントンバースディハンデにおけるハクチカラ以来、日本調教馬で36年ぶりの海外重賞制覇・・・

通算競走成績は、38戦12勝(重賞5勝)・・・

引退後は種牡馬となり、種牡馬引退後は、功労馬として余生を過ごしていました。
posted by keiba-meeting at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤田菜七子騎手が実戦で初の落馬!!

13日の地方競馬・船橋競馬の10レースに騎乗したJRAで16年ぶりの女性騎手・藤田菜七子騎手が、実戦での初の落馬を経験しました。


船橋11レース人気のアイドルホース(このレースでは1番人気)・ブチコは、レース前にゲートに突進し、外傷を負い、競走除外・・・

藤田騎手とのアイドル対決ならず・・・

このレースでの藤田騎手は8着・・・


この日の藤田騎手は、未勝利でした。
posted by keiba-meeting at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

藤田菜七子騎手が、地方競馬・金沢で2(連)勝!!

12日に、JRAで16年ぶりの女性騎手・藤田菜七子騎手が、地方競馬の金沢で7レースに騎乗し、1レースこそ4着に敗れましたが、2レース・3レースと2連勝しました。

藤田騎手の12日の騎乗成績・・・
 1レース  4着
 2レース  1着
 3レース  1着
 5レース  2着
 6レース  2着
 9レース  8着
11レース 11着

藤田騎手は、7レースに騎乗し、2勝2着2回とまずまずの成績でした。
posted by keiba-meeting at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

第76回桜花賞はジュエラーが優勝など

10日に、競馬の牝馬3冠第1弾・第76回桜花賞が行われました。

3番人気でミルコ・デムーロ騎手騎乗のジュエラーが優勝しました。

勝ちタイム1分33秒4・・・

2着は、ハナ差で2番人気のシンハライト、3着はさらに1馬身3/4差で6番人気のアットザシーサイドでした。

1番人気のメジャーエンブレムは4着に敗れました。

ジュエラーは、デムーロ騎手にとっては、かつての騎乗馬のヴィクトワールピサ(ドバイワールドカップ優勝)の子、ネオユニヴァース(皐月賞と日本ダービーを優勝、ヴィクトワールピサの父)の孫だけに喜びもひとしおのようです。

牝馬3冠・第2弾のオークスでは、桜の女王(桜花賞馬)として挑選を受ける立場になります。


ジュエラーは、北海道・千歳の社台ファームの生産馬で、青山洋一氏の所有馬。

通算戦績4戦2勝(重賞初制覇)・・・

重賞初制覇がGT制覇となりました。

血統は、父ヴィクトワールピサ母バルドウィナ(父ピストブルー)・・・


9日に、第34回ニュージーランドトロフィーと第59回阪神牝馬ステークスが行われ、それぞれダンツプリウス、スマートレイアーが優勝しました。

シンハライトが先に抜け出しましたが、ジュエラーが強襲・・・

最後は首の上げ下げとなり、ジュエラーが競り合いを制しました。
posted by keiba-meeting at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤田菜七子騎手がJRA初勝利!!

10日に、JRAで16年ぶりの女性騎手の藤田菜七子騎手が、JRA51戦目となった福島9レースで待望のJRA初勝利を挙げました。

先月24日に、地方競馬の浦和競馬で、デビュー初勝利と2勝目を挙げていましたが、「ホーム」のJRAでも初勝利を挙げました。

藤田選手の話
「(JRA初勝利に)ホッとした気持ちが一番強いが、とてもうれしいです。(ゴール前の歓声は)よく聞こえた。やっと勝てたんだという思いです。」
posted by keiba-meeting at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

第60回産経大阪杯はアンビシャスが優勝など

3日に、第60回産経大阪杯が行われ、2番人気で横山典弘騎手騎乗のアンビシャスが優勝しました。

2着はクビ差で5番人気のキタサンブラック、3着はさらに1馬身1/4差で4番人気のショウナンパンドラでした。

1番人気のラブリーデイは4着でした。

同日に、第48回ダービー卿チャレンジトロフィーが行われ、マジックタイムが優勝しました。


注目の藤田菜七子騎手は、未勝利でした。
posted by keiba-meeting at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする