2016年06月30日

ゴールドアクターの馬主・居城氏が死去

昨年の有馬記念を制したゴールドアクターの馬主である居城要氏が18日に死去・・・

90歳・・・

居城氏は、競走馬生産牧場・北海ファームの代表でもあるオーナーブリーダー・・・

「ゴールド」の冠名で知られるオーナー・・・
posted by keiba-meeting at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第39回帝王賞はコパノリッキーが優勝、秋はブリーダーズカップへ

29日に、交流GⅠの第39回帝王賞が行われ、コパノリッキーが優勝・・・

これでコパノリッキーはGⅠ7勝目(交流GⅠ含む)・・・

コパノリッキーの秋は、マイルチャンピオンシップ南部杯からアメリカのブリーダーズカップのマイルかクラシック・・・
posted by keiba-meeting at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

ドゥラメンテが現役引退!

29日に、昨年の皐月賞と日本ダービーを勝ったドゥラメンテが現役引退へ・・・

宝塚記念で2着の後、左前脚を故障・・・

その後、「競走能力喪失」と診断されました。

わずか9戦・・・現役引退は残念ですが、予後不良などにはならず、「競走能力喪失」で競走馬は続けられませんが、種牡馬へは大丈夫で、種牡馬として期待・・・

ドゥラメンテは、血統でも注目され、父が内国産の雄・キングカメハメハ、母がエリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴ、祖母がオークス、天皇賞・秋を勝ったエアグルーヴ、3代母がオークスを勝ったダイナカールという超良血馬・・・

種牡馬として大きな期待をされています。

戦績9戦5勝2着4回(うち海外1戦0勝)・・・
posted by keiba-meeting at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

第57回宝塚記念は牝馬のマリアライトが優勝など

26日に、第57回宝塚記念が行われ、8番人気で蛯名正義騎手騎乗の牝馬のマリアライトが優勝しました。

牝馬の同レース優勝は、史上3頭目・・・

2着は、クビ差で1番人気のドゥラメンテ、3着はさらにハナ差で2番人気のキタサンブラック・・・

なお、2着のドゥラメンテは、左前脚を痛めるアクシデント(2着入線後に脚を滑らせる)に見舞われ、フランスの凱旋門賞への挑戦は断念することが決まりました。

ドゥラメンテ陣営は、宝塚記念に勝って、凱旋門賞への「壮行レース」としたかったのでしょうが、残念な「結果」(2着、レース後のケガで凱旋門賞挑戦断念)でした・・・


25日に、第18回東京ジャンプステークスが行われ、1番人気のオジュウチョウサンが優勝しました。
posted by keiba-meeting at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

サトノダイヤモンドは、凱旋門賞見送りへ

24日に、日本の日本ダービー2着馬・サトノダイヤモンドが今秋のフランスの凱旋門賞を見送り、日本の菊花賞を目指すことがわかりました。

神戸新聞杯から菊花賞へ挑むようです。
posted by keiba-meeting at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

仏オークスは、ラクレソニエールが優勝、フランス牝馬2冠!

19日に、仏オークス(フランスオークス)(シャンティー競馬場・芝2100メートル)が行われ、ラクレソニエールが1番人気の応え、優勝しました。

ラクレソニエールは、これで戦績が7戦全勝・・・

前走の仏1000ギニーに次ぐGⅠ勝利で、フランス牝馬2冠で、秋のヴェルメイユ賞でのフランス牝馬3冠にも期待がかかります。

この勝利で、イギリスのブックメーカー(公認の賭け請負業者)大手のラドブローク社は、凱旋門賞(シャンティー競馬場・芝2400メートル)のオッズを日本のドゥラメンテなどと並ぶ5番人気の13倍としました。


世界の3冠馬については、「世界の3冠馬・日本の3冠馬(参考:凱旋門賞2勝以上の馬など)」をご覧ください。

posted by keiba-meeting at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

第21回ユニコーンステークスはゴールドドリームが優勝など

19日に、第21回ユニコーンステークスが行われ、2番人気で川田雅雅騎手騎乗のゴールドドリームが、1番人気のストロングバローズとの競り合いを制しました。

着差はクビ・・・

3着はさらに3馬身差で4番人気のダイワインパルスなので、2頭(ゴールドドリーム・ストロングバロー)の「マッチレース」みたいなもの・・・・


同日に、第23回函館スプリントステークスが行われ、12番人気のソルヴェイグがコースレコード勝ち・・・

2着はハナ差で2番人気のシュウジ・・・

1番人気のオメガヴェンテッタは6着・・・
posted by keiba-meeting at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

エイシンヒカリがプリンスオブウェールズステークスで6着に敗れる!!

15日に、イギリスのGⅠ・プリンスオブウェールズステークス(芝10ハロン=約芝2000メートル)が行われ、日本から参戦の武豊騎手騎乗のエイシンヒカリ(牡5)が6着(6頭立て・最下位)に敗れました。

エイシンヒカリの海外GⅠ・3連勝ならず・・・
(香港・香港カップ(芝2000メートル)優勝、フランス・イスパーン賞(芝1850メートル)優勝で、海外GⅠ・2連勝中だった)

管理する坂口調教師は、敗因に、道悪の不良馬場を挙げています。

このレースに勝てば、フランスの凱旋門賞(芝2400メートル)への挑戦(追加登録料を払って)も考えていたようですが、この敗戦で、今後は未定・・・

優勝はマイドリームボート(牡4・イギリス調教馬)で、GⅠ初勝利・・・
posted by keiba-meeting at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

イギリスのクイーンアンステークスで日本から参戦のエイシンエルヴィンが10着

14日に、イギリスのGⅠ・クイーンアンステークス(直線の芝8ハロン=約芝1600メートル)で、日本から参戦したクリスチャン・デムーロ騎手騎乗のエイシンエルヴィンが(13頭立ての)10着でした。

勝ったのは、アメリカ調教馬のテピンで、アメリカ調教馬が同レースを勝つのは史上初・・・

これで、同馬は昨年のブリーダーズカップマイルンなどを含め7連勝・・・
posted by keiba-meeting at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

第148回ベルモントステークスはクリエイターが優勝、ラニは3着・・・

11日に、アメリカ3冠レースの第3弾のベルモントステークス(第148回)が行われ、クリエイターが優勝・・・

日本から参戦のラニは、健闘の3着・・・

ラニは、3冠皆勤・・・
(ケンタッキーダービー9着・プリークネスステークス5着・ベルモントステークス3着)

優勝したクリエイターは、ラニと同じ芦毛のタピット産駒・・・
(ケンタッキーダービーは13着)

ケンタッキーダービーを制したナイキストは体調不良でこのレース不出走、プリークネスステークスを制したエグザジュレイターは11着でした。

posted by keiba-meeting at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする