2016年10月30日

第154回天皇賞・秋はモーリスが優勝など

30日に、第154回天皇賞・秋(G1・東京競馬場・芝2000メートル)が行われ、1番人気でライアン・ムーア騎手騎乗のモーリス(父スクリーンヒーロー母メジロフランシス)が優勝・・・

タイムは1分59秒3・・・

モーリスは、昨年のJRA年度代表馬で、香港の香港マイル、チャンピオンズマイル、日本のマイルチャンピオンシップ、安田記念など国内外のG1を5勝している「世界のマイル(約1600メートル)王」で、直線で力強く抜け出しました・・・

馬ももちろん強かったですが、さすが世界の名手、今年の凱旋門賞ジョッキー(ファウンドで優勝)を思わせる見事な手綱さばき、追いっぷり(ムーア騎手は世界有数の「追える騎手」といわれている)でした・・・

モーリスは、マイル(約1600メートル)では、無敵の強さをみせていましたが、2000メートルの天皇賞・秋に距離が伸びても強かったですね・・・

血統面では2000メートルを克服できる「下地」がありました・・・

国内G1は昨年11月のマイルチャンピオンシップ以来の優勝・・・

モーリスの全戦績は17戦10勝で重賞は6勝・・・


2着は1馬身1/2差で7番人気のリアルスティール、3着はさらに1馬身1/4差で6番人気のステファノスが入りました・・・

2番人気のエイシンヒカリは12着でした・・・


29日に第59回スワンステークスが行われ、3番人気のサトノアラジンが優勝・・・

1番人気のフィエロは9着・・・


同日に、第5回アルテミスステークスが行われ、1番人気のリスグラシューが優勝・・・
posted by keiba-meeting at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

第77回菊花賞はサトノダイヤモンドが優勝など

23日に、3冠第3弾・第77回菊花賞(G1・京都競馬場・芝3000メートル)が行われ、1番人気のクリフトフ・ルメール騎手騎乗のサトノダイヤモンド(父ディープインパクト)が優勝・・・

ルメール騎手は、同レース初制覇・・・

ディープインパクト産駒も芝3000メートル以上の平地競走、G1初制覇・・・

サトノでお馴染みの里見オーナーはG1初制覇・・・

ディープインパクト自身は、スタミナも内在する血統で、芝3000メートル以上も克服可能と考えていましたが、サトノダイヤモンドの母系が短距離系が入っており、その点が心配でしたが、見事に克服しました・・・

サトノダイヤモンドは、皐月賞3着、日本ダービー2着で、ここまでの戦績は7戦5勝、重賞3勝・・・


2着は2馬身1/2差で9番人気のレインボーライン、3着はさらにハナ差で6番人気のエアスピネルが入りました・・・

2番人気の皐月賞馬・ディーマジェスティは、4着でした・・・


22日に、第19回富士ステークスが行われ、3番人気で戸崎圭太騎手騎乗のヤングマンパワーが優勝・・・

1番人気のロードクエストは9着・・・
posted by keiba-meeting at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

オークスなど勝ったダンスパートナーが死亡!

14日に、1995年のオークス馬で、同年秋にフランスに遠征し、G3・ノネット賞2着、G1・ヴェルメイユ賞6着を経て、さらに帰国後は、菊花賞では牝馬ながら1番人気となり5着、古馬になると、1996年のエリザベス女王杯を勝ったダンスパートナーが死亡・・・

24歳・・・

通算戦績25戦4勝(うち海外3戦0勝)・・・

G1勝利は、オークス、エリザベス女王杯の2勝(重賞3勝)・・・
posted by keiba-meeting at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第21回秋華賞はヴィブロスが優勝など

16日に、京都競馬場で、牝馬3冠第3弾・第21回秋華賞が行われ、3番人気で福永祐一騎手騎乗のヴィブロスが優勝・・・

ヴィブロス(父ディープインパクト)は、牝馬3冠(桜花賞・オークス・秋華賞)では、全て3冠牝馬・ジェンティルドンナの2着と勝てず、古馬になってヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナの全妹の良血馬・・・

ヴィブロスは、通算7戦3勝で、重賞初勝利・・・

ヴィルシーナと同じ馬主の元プロ野球選手の佐々木主浩氏・・・

2着は、1/2馬身差で4番人気のパールコード、3着はさらに1/2馬身差で8番人気のカイザーバル・・・

1番人気のビッシュは10着・・・


同日に、第18回東京ハイジャンプが行われ、1番人気のオジュウチョウサンが優勝・・・

15日に、第64回府中牝馬ステークスが行われ、3番人気のクイーンズリングが優勝・・・

1番人気のスマートレイアーは3着・・・

posted by keiba-meeting at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第29回マイルチャンピオンシップ南部杯はコパノリッキーが優勝!

10日に、地方競馬の盛岡競馬場で、第29回マイルチャンピオンシップ南部杯(交流G1)が行われ、1番人気で田辺裕信騎手騎乗のJRA所属馬・コパノリッキーが3番手から直線抜け出し、レコードタイム(1分33秒5)で、本レース3連覇を狙った2番人気のJRA所属馬・ベストウォーリアに1馬身3/4差をつけて優勝・・・

3着には、さらに3馬身差で、4番人気のJRA所属馬・ホッコータルマエが入りました・・・

ちなみに、3番人気のアスカノロマンは4着・・・

勝ったコパノリッキーは、G13連勝で、通算でG1・8勝目・・・
posted by keiba-meeting at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

昨年の2歳王者・リオンディーズが現役引退へ

12日に、昨年の最優秀2歳牡馬のリオンディーズが左前浅屈腱炎の不全断裂で現役引退・・・

同馬は、日米オークス馬・シーザリオを母に持ち、半兄にエピファネイア(菊花賞、ジャパンカップ)、リーディングサイヤー上位のキングカメハメハが父の良血馬・・・

通算戦績5戦2勝・・・

重賞勝利は、G1・朝日杯フューチュリティステークス・・・

今春の日本ダービー5着がラストランとなった・・・
posted by keiba-meeting at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

第67回毎日王冠は、ルージュバックが優勝など

9日に、第67回毎日王冠が行われ、1番人気の戸崎圭太騎手騎乗の唯一の牝馬・ルージュバックが優勝・・・

ルージュバックは、1993年のシンコウラブリイ以来23年ぶりの同レースの牝馬での優勝・・・

次走は、天皇賞・秋かエリザベス女王杯を予定・・・


10日に、第51回京都大賞典が行われ、1番人気で武豊騎手騎乗の菊花賞・天皇賞・春を制したキタサンブラックが優勝・・・


8日に、第2回サウジアラビアロイヤルカップは、3番人気の柴田善臣騎手騎乗のブレスジャーニーが優勝・・・

1番人気のクライムメジャーは3着・・・


なお、9日に、JRAでは、約4ヶ月半ぶりに、注目の藤田菜七子騎手が勝ちました・・・

JRA5勝目・・・

posted by keiba-meeting at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

リアルスティール、毎日王冠を回避し、天皇賞・秋にぶっつけで臨む!

6日に、今年のドバイターフを制したリアルスティールが毎日王冠を回避し、天皇賞・秋には、ぶっつけで臨むようです・・・

いわゆる「夏負け」(「夏バテ」に近い)が尾を引いているようです・・・
posted by keiba-meeting at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

オークス馬・シンハライトが浅屈腱炎で秋華賞を断念!

5日に、秋初戦のローズステークスを快勝し、牝馬3冠第3弾・秋華賞でも最有力の1頭だったオークス馬・シンハライトが左前脚浅屈腱炎で全治9ヶ月以上で秋華賞を断念・・・

シンハライトは、残念ながら秋華賞には出られず・・・ですね・・・
posted by keiba-meeting at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

第50回スプリンターズステークスはレッドファルクスが優勝など

2日に、第50回スプリンターズステークスが行われ、3番人気で、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のレッドファルクスが優勝・・・

1番人気のビッグアーサーは12着・・・


1日に、第20回シリウスステークスが行われ、1番人気で秋山真一郎騎手騎乗のマスクゾロが優勝・・・

posted by keiba-meeting at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする