2016年12月25日

第61回有馬記念はサトノダイヤモンドが優勝

25日に、競馬のグランプリ・第61回有馬記念(G1・中山競馬場・芝2500メートル)が行われ、1番人気の今年の菊花賞馬・サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)が優勝・・・

2番人気のキタサンブラック(父ブラックタイド・ディープインパクトの全兄)は、クビ差の2着、3人気で昨年の覇者・ゴールドアクター(父スクリーンヒーロー)は3着・・・

ほかにも、jRAでは、週末に重賞が行われました・・・
posted by keiba-meeting at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第68回朝日杯フューチュリティステークスはサトノアレスが優勝

18日に、第68回朝日杯フューチュリティステークス(G1・阪神競馬場・芝1600メートル)が行われ、6番人気のサトノアレスが優勝・・・

1番人気で、怪物・フランケル(G1・10勝、イギリスなどで14戦無敗、父ガリレオ)の娘・ミスエルテは4着・・・

ほかにも、jRAでは、週末に重賞が行われました・・・
posted by keiba-meeting at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

香港国際競走でモーリス、サトノクラウンが優勝

11日に、香港で香港国際競走が行われ、香港ヴァーズと香港カップを日本馬が制覇・・・

香港国際競走における日本馬の成績・・・

香港ヴァーズ
1着 サトノクラウン
4着 ヌーヴォレコルト
5着 スマートレイアー

香港スプリント
10着 ビッグアーサー
12着 レッドフォルクス

香港マイル
5着 ロゴタイプ
7着 サトノアラジン
9着 ネオリアズム

香港カップ
1着 モーリス
3着 ステファノス
4着 ラブリーデイ
9着 クイーンズリング
10着 エイシンヒカリ

特に、香港カップのモーリスは圧勝し、「世界の」力を見せました・・・
posted by keiba-meeting at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第68回阪神ジュベナイルフィリーズはソウルスターリングが優勝

11日に、第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1・阪神競馬場・芝1600メートル)が行われ、1番人気で怪物・フランケル(G1・10勝、14戦無敗、父ガリレオ)の娘・ソウルスターリングが快勝!

ほかにも、jRAでは、週末に重賞が行われました・・・
posted by keiba-meeting at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

第17回チャンピオンズカップはサウンドトゥルーが優勝など

4日に、中央競馬のダート王を決める第17回チャンピオンズカップ(G1・中京競馬場・ダート1800メートル)が行われ、6番人気の大野拓弥騎手騎乗のサウンドトゥルー(セ6)が直線鋭く伸びて優勝・・・
勝ちタイムは1分50秒1・・・
サウンドトゥルー(セ6)は・・・
父フレンチデビュティ母キョウエイルース(父フジキセキ)
馬主:山田弘
生産者:岡田スタッド
通算成績:38戦9勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2015年東京大賞典(G1)
 
昨年末の東京大賞典以来の勝利にして、待望のJRA・G1初制覇を果たしました・・・
 
2着は、クビ差で1番人気のアウォーディー、3着はさらに1/2馬身差で10番人気のアスカノロマン・・・


3日に、第50回ステイヤーズステークスが行われ、アルバートが優勝・・・


3日に、第52回金鯱賞が行われ、ヤマカツエースが優勝・・・
posted by keiba-meeting at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

G1・10勝のホッコータルマエが引退へなど

11月30日に、中央、地方を含め日本で史上初めてG1・10勝(交流G1含む)を挙げたホッコータルマエ(牡7・父キングカメハメハ)が現役を引退へ・・・

左前跛行で、チャンピオンズカップ(12月4日)を回避・・・そのまま引退へ・・・

通算戦績39戦17勝(中央17戦6勝・地方19戦11勝・海外3戦0勝)
G1勝利は、2014年~2016年川崎記念、2013年・2015年帝王賞、2013年・2014年東京大賞典、2013年かしわ記念、2013年JBCクラシック、2014年チャンピオンズカップ・・・
海外のドバイワールドカップは16着・5着・9着だった・・・


チャンピオンズカップに出走予定だったタガノトネールが調教中の事故(骨折)で安楽死・・・

通算38戦8勝
posted by keiba-meeting at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする