2017年03月25日

ドバイ国際競走に注目・・・

25日に、今年(2017年)最初の海外馬券が発売されます・・・
 
ドバイ国際競走の3レース(ドバイワールドカップ、ドバイシーマクラシック、ドバイターフ)がドバイのメイダン競馬場で行われます・・・
 
メインの第22回ドバイワールドカップ(G1・ダート2000メートル)は、世界ランキング1位のアメリカのアロードが絶対的中心で、日本のアポロケンタッキー、ゴールドドリーム、ラニ、アヴォーディーがどこまで対抗できるか!?
 
第20回ドバイシーマクラシック(G1・芝2410メートル)は、連覇のかかるイギリスのポストポンドが中心か・・・
日本からはサウンドアースが挑戦・・・
 
第22回ドバイターフ(G1・芝1800メートル)は、連覇のかかった日本のリアルスティールが出走取消で、混沌としましたが、フランスのザラックが中心か・・・
日本からはヴイブロスが挑戦・・・
posted by keiba-meeting at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

リアルスティール、連覇のかかったドバイターフを出走取消・・・

日本のリアルスティールがドバイ国際競走(3月25日)で、連覇のかかったドバイターフを鼻出血のため、出走取消に・・・

連覇の夢は消えました・・・
posted by keiba-meeting at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

ディープインパクトの競走馬と種牡馬としての活躍

日本の競馬のディープインパクトは、現役時代に日本競馬史上6頭目の3冠馬(ナリタブライアン以来)、日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬(シンボリルドルフ以来)です・・・

3冠を達成した時には、フジテレビで「世界のホースマよ、見てくれ!これが日本近代競馬の結晶だ!」と実況されました・・・

3冠の他にG1を4勝し、G1・7勝で「7冠馬」ともいわれます・・・
(芝の7冠馬は、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカジェンティルドンナ

戦績は14戦12勝2着1回、失格1回(3位入線)・・・

ディープインパクトは、日本競馬史上最強馬の1頭ともいわれますが、現役時代の戦績ももちろん凄いのですが、種牡馬としても凄いのです・・・

ディープインパクトの父は、日本競馬で革命的大成功をしたサンデーサイレンスですが、ディープインパクトは、2012年から現在までリーディングサイヤーに君臨し続けています・・・

すでに亡くなっているサンデーサイレンスの後継種牡馬ですね・・・

サンデーサイレンスの種牡馬としての活躍(サンデーサイレンスは競走馬としてもアメリカの名馬)はもちろんサンデーサイレンス産駒の種牡馬としての活躍が、内国産種牡馬限定レースなどの「内国産種牡馬優遇」を無くしたといわれます・・・
(内国産種牡馬でも、サンデーサイレンス産駒は、輸入種牡馬に負けない種牡馬成績を挙げているため)

そもそも中央競馬で、内国産種牡馬がリーディングサイヤーになったのは、クモハタの1957年が最初でしたが、2008年にアグネスタキオン(サンデーサイレンス産駒)が51年ぶりにリーディングサイヤーとなってから、内国産種牡馬が輸入種牡馬に負けずにリーディングサイヤーに君臨するようになり、マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス産駒)、キングカメハメハなどを経て、現在(2017年)ではディープインパクトがリーディングサイヤーに君臨しています・・・

ディープインパクトは、種牡馬成績がいいだけではなく、牝馬3冠でジャパンカップ連覇、ドバイシーマクラシック優勝などのG1・7勝の「7冠馬」ジェンティルドンナなどを出し、クラシック馬や大レース勝ち馬の大物も次々と出し続けています・・・

今後も「期待」できますね・・・


ディープインパクトについては、「ディープインパクト」「ディープインパクトを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

第31回フラワーカップはファンディーナが優勝!

20日に、第31回フラワーカップ(G3・中山競馬場芝1800メートル)が行われ、1番人気で岩田康誠騎手騎乗のファンディーナ(父ディープインパクト)が5馬身差の圧勝・・・

2着は5馬身差で9番人気のシーズララバイ、3着はさらにクビ差で7番人気のドロウアカード・・・

ファンディーナは、3戦全勝で重賞初制覇・・・

ファンディーナは、桜花賞(G1・阪神芝1600メートル)へ向かうようですが、オークス(G1・東京競馬場芝2400メートル)も狙える「大器」・・・

追記・・・
同陣営は、桜花賞へ向かうかは明言しませんでしたが、日本ダービーにも登録を済ませており、いずれにしても「期待」は大きいようです・・・
posted by keiba-meeting at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

オーストラリアのG1・ショーンライダーステークスで女傑・ウィンクスが圧勝!

18日に、オーストラリアのG1・ジョージライダーステークス(芝1500メートル)が行われ、圧倒的1番人気のオーストラリアの女傑ウィンクスが16連勝で7馬身1/2差の圧勝・・・連覇を達成・・・
通算戦績を25戦20勝(G1は11勝目)としました・・・
posted by keiba-meeting at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第66回スプリングステークスはウインブライトが優勝など

19日に、第66回スプリングステークス(G2・中山競馬場芝1800メートル)は、5番人気の松岡正海騎手騎乗のウインブライトが優勝・・・

2着は1/2馬身差で2番人気のアウトライアーズ、3着はさらに1/2馬身差で6番人気のプラチナヴォイス・・・

3着までが皐月賞の優先出走権・・・

1番人気の2歳王者・サトノアレス(父ディープインパクト)は4着・・・


同日に行われた第65回阪神大賞典(G2・阪神競馬場芝3000メートル)は、1番人気でクリフトフ・ルメール騎手騎乗の昨年の有馬記念馬・サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)が優勝・・・

優勝馬は、天皇賞・春の優先出走権・・・

サトノダイヤモンドは、「さすが」に強かったですね・・・


18日に行われたファルコンステークスは、戸崎圭太騎手騎乗のコウソクストレートが優勝・・・

1番人気のナイトバナレットは11着・・・
posted by keiba-meeting at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

きのう3月13日は日本競馬史上最強馬・シンボリルドルフの誕生日

きのう3月13日は、日本の競馬のシンボリルドルフの誕生日です・・・

本馬は、日本競馬史上4頭目の3冠馬であり、日本競馬史上初の無敗の3冠馬でもあります・・・

後にシンボリルドルフと同じく、無敗の3冠馬となったディープインパクトは、現役時代(14戦12勝、2着1回、失格1回(3位入線))の強さや種牡馬としての大成功(現在・・・2017年3月14日現在・・・日本のリーディングサイヤーに君臨中)を認めても、私は、日本競馬史上最強馬は、シンボルルドルフだと思います・・・

しつこいようですが、ディープインパクトの「凄さ」は認めても・・・

その(シンボリルドルフの)強さは、「異次元」でしたね・・・

もちろん世代によっては、シンザンナリタブライアンなどが日本最強馬だという人もいると思います・・・
(古くはクリフジ、最近ではオルフェーヴルなどという人もいるかもしれません)


シンボリルドルフについては、「シンボリルドルフ」「シンボリルドルフを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・


ちなみに、競馬とは関係ありませんが、3月13日は、女優の吉永小百合さんの誕生日でもあります・・・
posted by keiba-meeting at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

第35回中山牝馬ステークスは、トーセンビクトリーが優勝など

12日に、第35回中山牝馬ステークスが行われ、5番人気の武豊騎手騎乗のトーセンビクトリーが優勝・・・

1番人気のマジックタイムは2着に敗れました・・・


同日に、第21回フィリーズデビューが行われ、2番人気のミルコ・デムーロ騎手騎乗のカラクレナイが優勝・・・

M・デムーロ騎手は、6週連続日曜メイン勝利・・・

3着までのカラクレナイ、レーヌミノル(1番人気)、ゴールドケープが桜花賞の優先出走権・・・


11日に、第53回金鯱賞が行われ、1番人気の池添謙一騎手騎乗のヤマカツエースが優勝・・・

同馬は、同レースの「変則」連覇(昨年は12月→今年は3月)達成・・・

同レースの優勝は、大阪杯の優先出走権・・・


同日に、第19回阪神スプリングジャンプは、1番人気の石神深一騎手騎乗のオジュウチヨウサンが優勝・・・


同日に、重賞ではありませんが、桜花賞へのアネモネステークスが行われ、1番人気の丸田恭介騎手騎乗のライぎジングリーズンが優勝・・・

2着までのライジングリーズン、ディアドラが桜花賞の優先出走権・・・
posted by keiba-meeting at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

牝馬2冠を含む「6冠馬」ブエナビスタ

日本の競馬で、ブエナビスタは、2歳から古馬まで長く活躍しました・・・
 
3歳時に、牝馬2冠(桜花賞・オークス)になったほか、2歳時に阪神ジュベナイルフィリーズを制し、古馬になってからジャパンカップ、天皇賞・秋、ヴィクトリアマイルを制し、G1・6勝を挙げ、いわゆる「6冠馬」となりました・・・
 
近年では、ウオッカダイワスカーレットジェンティルドンナと並ぶ牡馬と互角以上に戦った名牝です・・・
 
鋭い末脚が印象深いですね・・・
 
 
ブエナビスタについては、「ブエナビスタ」「ブエナビスタを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

21世紀最初のアメリカ3冠馬・アメリカンファラオ

2015年に、アメリカ競馬で史上12頭目、21世紀最初の3冠馬アメリカンファラオが誕生しました・・・
 
アメリカの3冠馬は、1978年のアファームド以来・・・
 
アメリカンファラオは、「アメリカ3冠(ケンタッキーダービー・プリークネスステークス、ベルモントステークス)とブリーダーズカップクラシック」のいわゆる「グランドスラム」と定義されるレースを制した最初の馬・・・
 
 
アメリカンファラオについては、「アメリカンファラオ」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする