2017年03月08日

牝馬で戦後唯一の日本ダービー馬・ウオッカ

日本の競馬で、日本ダービーを制した牝馬(いわゆるメス馬)は、3頭しかいません・・・
 
ヒサトモクリフジウオッカです・・・
 
3頭とも歴史的名牝といえますが、ヒサトモとクリフジは、戦前の馬で、戦後はウオッカのみが優勝しています・・・
 
ウオッカは、さらに古馬(4歳以上)となり、ジャパンカップ、天皇賞・秋、安田記念2回、ヴィクトリアマイルを制しています・・・
 
2歳での阪神ジュベナイルフィリーズ、3歳での日本ダービーと合わせ、G1・7勝で、いわゆる「7冠馬」です・・・
(芝の「7冠馬」は、シンボリルドルフテイエムオペラオーディープインパクトジェンティルドンナ、そして・・・ウオッカの5頭)
(ダート等の交流G1を含まず、ジェンティルドンナは海外G1・1勝を含む)
 
ウオッカの同世代のライバルには、こちらも歴史的名牝のダイワスカーレットがいます・・・
 
 
ウオッカについては、「ウオッカ」「ウオッカを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする