2017年04月30日

香港のクイーンエリザベス2世カップは日本から参戦のネオリアリズムが優勝!

30日に行われた香港の第43回クイーンエリザベス2世カップは、日本から参戦の2番人気のネオリアリズムが優勝・・・

連覇を狙った1番人気の香港のワーザーは3着・・・
posted by keiba-meeting at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第155回天皇賞・春はキタサンブラックが優勝など

30日に、競馬の第155回天皇賞・春(G1、京都競馬場3200メートル)が行われ、2番手追走で、直線抜け出した1番人気の武豊騎手騎乗のキタサンブラック(父ブラックタイド、ディープインパクトの全兄)が優勝・・・・
 
勝ちタイムは、レースレコードの3分12秒5・・・・
 
キタサンブラック、武豊騎手ともに、天皇賞・春2連覇・・・
 
天皇賞・春2連覇は、メジロマックイーンテイエムオペラオー、フェノーメノに次ぐ史上4頭目・・・
 
武豊騎手は、自身の最多勝記録を更新する天皇賞・春8勝目・・・
 
勝ったキタサンブラックは、先行抜け出しの「王道」の強いレースでしたね・・・
 
2着は1馬身1/4差で4番人気のシュヴァルグラン(父ハーツクライ)、3着はさらにクビ差で2番人気のサトノダイヤモンド(父ディープインパクト)が入りました・・・
 

同日に、重賞ではありませんが、2着までがオークスの優先出走権のスイートピーステークスが行われ、ブラックスビーチ(父ディープインパクト)が優勝・・・

2着のカリビアンゴールドまでがオークスの優先出走権・・・


29日に、第24回青葉賞が行われ、1番人気のアドミラブル(父ディープインパクト)が優勝・・・

2着ベストアプローチまでが日本ダービーの優先出走権・・・

posted by keiba-meeting at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

モンテプリンスの天皇賞・春制覇

競馬の天皇賞・春で印象に残っているレースといえば、モンテプリンスの勝ったレースもそうですね・・・
 
モンテプリンスは、3歳(当時の4歳)で、皐月賞4着などで、NHK杯を7馬身差で圧勝し、日本ダービーの有力馬とされますが、日本ダービーがオペックホースのハナ差の2着、秋に菊花賞もノースガストのハナ差の2着・・・
 
4歳(当時の5歳)になると、春は体調不良で、天皇賞・春を回避・・・
秋に、天皇賞・秋でホウヨウボーイのハナ差の2着・・・
ジャパンカップがメアジードーツの7着、有馬記念がアンバーシャダイの3着・・・
モンテプリンスは、大レースでの惜敗続きで「無冠の帝王」あるいは「無冠のプリンス」と呼ばれます・・・
 
5歳(当時の6歳)になると、1982年の天皇賞・春でようやく優勝・・・
「無冠の帝王」返上・・・
実況の杉本清アナウンサーは、かつて「無冠の貴公子」といわれたタイテエムにからめ、「無冠の貴公子に春が訪れてから9年目、無冠のプリンスにも春が訪れました」と実況・・・
 
私には、「無冠の帝王」テンポイントも想起させました・・・
 
1982年の天皇賞・春は、リアルタイムでは見ていませんが、モンテプリンスが「無冠の帝王」を返上したレースとして印象深いですね・・・

なお、1984年の天皇賞・春で、モンテプリンスの全弟のモンテファストが兄弟制覇達成・・・
 

posted by keiba-meeting at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

タイテエムの天皇賞・春制覇

競馬の天皇賞・春で印象に残っているレースといえば、タイテエムの勝ったレースもそうですね・・・
 
タイテエムは、1972年のクラシックの年の世代で、ロングエース(日本ダービー)、ランドプリンス(皐月賞)、イシノヒカル(菊花賞、有馬記念)とともに、「最強世代」の「4強」の一角とされました・・・
 
しかし、クラシックでは、皐月賞7着、日本ダービー3着、菊花賞2着で「無冠」・・・
 
タイテエムは、「無冠の帝王」あるいは四白流星の美しい容姿から「無冠の貴公子」と呼ばれました・・・
 
しかし、1973年の天皇賞・春で、勝ち、このレースを実況した杉本清アナウンサーから「無冠の貴公子に春が訪れます」と実況されます・・・
 
1973年のタイテエムが勝った天皇賞・春は、リアルタイムで見ていませんが、タイテエムが泥んこの馬場の中で白いメンコを真っ黒にしながら「無冠の帝王」を返上したレースとして、印象深いですね・・・・
posted by keiba-meeting at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

第155回天皇賞・春の注目馬

4月30日15時40分発走予定の競馬の第155回天皇賞・春の注目馬は・・・
 
まずは、昨年の菊花賞と有馬記念を勝ったサトノダイヤモンド(父ディープインパクト)・・・
 
そして、昨年の年度代表馬で、ジャパンカップ、天皇賞・春を勝ったキタサンブラック(父ブラックタイド、ディープインパクトの全兄)・・・
 
2頭に続くのは・・・
 
ハービンジャー産駒のシャケトラ・・・
 
ハーツクライ産駒のシュヴァルグラン・・・
 
ディープインパクト産駒で母の父がブライアンズタイムのディーマジェスティ・・・
 
ハーツクライ産駒のプロレタリアト・・・
 
有馬記念を勝ったことのあるゴールドアクター・・・
 
ハービンジャー産駒のトーセンバジル・・・
 
ハーツクライ産駒の日本ダービー馬のワンアンドオンリー・・・
 
ステイゴールド産駒のレインボーラインあたりでしょうか・・・
posted by keiba-meeting at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

美浦トレーニングセンターの厩舎竣工式と内覧会開催

27日に、厩舎改築(第1期)竣工式と新厩舎の内覧会が行われました・・・

この工事対象の厩舎は、5月に順次、移動予定・・・
posted by keiba-meeting at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

ライスシャワーの天皇賞・春制覇(2回目)

競馬の天皇賞・春で印象に残っているレースといえば、ライスシャワーの1995年の2回目の天皇賞・春の勝利もそうですね・・・
 
ミホノブルボンの菊花賞での3冠阻止、メジロマックイーンの天皇賞・春3連覇阻止をした「刺客」ライスシャワーが、このレースでは、狙うべき「ターゲット」、本命馬がおらず、自身がこのレースの「主役」でした・・・
 
ライスシャワーは、ロングスパートで、追撃を押し切り、このレースを粘り勝ちしました・・・
 
ミホノブルボンやメジロマックイーンのためにも、このレースは「負けられないレース」でした・・・
 
淀(京都競馬場)が得意(菊花賞・天皇賞・春はともに京都競馬場)のライスシャワーは、1995年の天皇賞・春を「主役」で勝ち、この年は、改修工事で、阪神競馬場でなく、京都競馬場で行われた宝塚記念で、レース中に故障し、予後不良に・・・
 
まさかの「悲劇」の結末・・・
 
1995年の天皇賞・春のライスシャワーの「刺客」ではなく「主役」として勝ったレースは、その後の宝塚記念の「悲劇」と合わせ、リアルタイムで見ましたが、印象深いレースでしたね・・・
posted by keiba-meeting at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

ライスシャワーの天皇賞・春制覇(1回目)

競馬の天皇賞・春で、印象に残っているレースといえば、メジロマックイーンの天皇賞・;春3連覇を阻んだライスシャワーの1993年の天皇賞・春もそうですね・・・
 
ライスシャワーは、1992年の菊花賞で、当時無敗の2冠馬(皐月賞・日本ダービー)のミホノブルボンの3冠馬の夢を阻み、「長距離の刺客」といわれていました・・・
当時の菊花賞レコードで、ライスシャワーが勝利しましたが、もし相手がライスシャワーでなければ、ミホノブルボンの3冠は達成できたかもしれません・・・
 
今度は、メジロマックイーンの天皇賞・春3連覇の夢を阻みました・・・
まさに、「刺客」で、この時も当時の天皇賞・春のレコードタイムでした・・・
メジロマックイーンも、ミホノブルボン同様に、もし、相手がライスシャワーでなければ、天皇賞・春3連覇は達成されていたかもしれません・・・
 
このレースは、リアルタイムで見ましたが、ライスシャワーの長距離での強さ、「刺客」ぶりが発揮されたレースでしたね・・・
 
メジロマックイーンについては、「メジロマックイーン」「メジロマックイーンを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

香港のクイーンエリザベス2世カップは、日本から参戦のネオリアリズムが6枠で馬番は5

30日に行われる2017年海外馬券発売の対象の香港のクイーンエリザベス2世カップの枠順が27日に確定・・・

日本から参戦のネオリアリズムは、6枠・・・
〈ちなみに、馬盤は5)

昨年の覇者・ワーサー(香港)は、2枠・・・
〈ちなみに、馬盤は1)
posted by keiba-meeting at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

メジロマックイーンの天皇賞・春制覇(2回目)

競馬の天皇賞・春で、印象深いレースといえば、メジロマックイーンの勝ったレースもそうですね・・・
 
メジロマックイーンは、天皇賞・春を1991年・1992年と連覇していますが、1992年の日本競馬史上初の連覇の1992年の方が印象深いですね・・・
 
1992年は、無敗の2冠馬(皐月賞、日本ダービー)で、日本ダービー快勝の後、ケガで休養し、大阪杯楽勝で、天皇賞・春へ無敗で臨むトウカイテイオーとの「世紀の対決」で注目されました・・・
 
1番人気は、トウカイテイオーで、メジロマックイーンは2番人気・・・
 
レースは、メジロマックイーンの快勝で、天皇賞・春連覇の快挙で、トウカイテイオーは5着に沈みました・・・
 
メジロマックイーンの長距離での強さを示すレースとなりましたが、メジロマックイーンの距離適性は、万能に近く、中距離でのスピードもあり、あえていえば瞬発力が弱点ぐらいでした・・・
 
 
メジロマックイーンについては、「メジロマックイーン」「メジロマックイーンを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
 
トウカイテイオーについては、「トウカイテイオー」「トウカイテイオーを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする