2017年04月01日

「世界の」エルコンドルパサーに唯一勝っている日本馬・サイレンススズカ

凱旋門賞2着で「世界最高峰の頂(いただき)に最も近づいた日本調教馬・エルコンドルパサーに唯一勝っている日本(調教)馬・サイレンススズカ・・・
 
このレースは、1998年の毎日王冠で、サイレンススズカは、当時の無敗馬・エルコンドルパサーとグラスワンダーに勝っています・・・
 
しかもレースは、サイレンススズカの圧勝でした・・・
(2着は2馬身1/2差でエルコンドルパサー、5着がグラスワンダー)
 
この後、サイレンススズカは、天皇賞・秋で故障し予後不良に・・・
エルコンドルパサーはジャパンカップを圧勝し、翌年にヨーロッパ遠征し、イスパーン賞でクロコルージュの2着も、サンクルー大賞を圧勝し、凱旋門賞の前哨戦・フォア賞を勝ち、凱旋門賞の有力候補に・・・
(サンクルー大賞の圧勝などで凱旋門賞の有力候補ぶりは、史上最強馬といわれるシーバードの強さに例える現地メディアも・・・)
凱旋門賞でもモンジューの2着の快挙・・・
 
エルコンドルパサーは、生涯に3頭にしか負けていませんが、サイレンススズカ、クロコルージュ、モンジューの3頭のうち、クロコルージュとモンジューは外国馬で、日本(調教)馬は、サイレンススズカのみです・・・
 
 
サイレンススズカについては、「サイレンススズカ」「サイレンススズカを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
 
posted by keiba-meeting at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする