2017年04月09日

第77回桜花賞はレーヌミノルが優勝、ソウルスターリングが3着に敗れる!など

9日に、競馬の牝馬1冠目の第77回桜花賞(G1、阪神競馬場芝1600メートル)が行われ、圧倒的1番人気の父が怪物・フランケル産駒で、母もG1・6勝のスタセリカの娘・ソウルスターリングが3着に敗れました・・・
 
優勝したのは、8番人気の池添謙一騎手騎乗のレーヌミノル・・・
 
レーヌミノルは、私も注目していたマイル(1500メートル)が得意なダイワメジャー産駒でしたね・・・
 
でも、まさかソウルスターリングに勝ち、桜花賞を制覇するとは・・・
 
2着は、1/2馬身差で3番人気のリスグラシュー、3着がさらにクビ差で圧倒的1番人気のソウルスターリング・・・
 
ソゥルスターリングは、直線で抜け出せませんでした・・・
 
牝馬2冠目の800メートルの距離が伸びるオークス(芝2400メートル)は、どうなる!?
 
来週の16日は、牝馬の注目馬のファンディーナ(父ディープインパクト)が牡馬に挑戦する3冠第1弾の皐月賞(G1、中山競馬場芝2000メートル)・・・

こちらも注目ですね・・・


8日に、第35回ニュージーランドトロフィーが行われ、12番人気のジョーストリクトリが優勝・・・

優勝馬と2着メイソンジュニア、3着ポンセルヴィソーナは、NHKマイルカップの優先出走権獲得・・・

1番人気のクライムメジャーは8着・・・


同日に、第60回阪神牝馬特別が行われ、1番人気でのミッキークイーンが優勝・・・

オークス・秋華賞の牝馬2冠とエリザべス女王杯のG1・3勝のメイショウマンボは、このレースがラストランで14着・・・
 
優勝は、ヴィクトリアマイルの優先出走権獲得・・・


posted by keiba-meeting at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

藤田菜七子騎手が今年のJRA2勝目!

8日に、福島6レースで、藤田菜七子騎手が今年のJRA2勝目を挙げました・・・

4番人気のドリームリヴェールに騎乗しての勝利・・・
posted by keiba-meeting at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

シャダイソフィアの桜花賞制覇

桜花賞で、印象深いレースといえば、シャダイソフィアの勝ったレースもそうですね・・・
 
シャダイソフィアは、新馬勝ちし、函館3歳ステークスを勝った馬で、雨の桜花賞で桜花賞制覇・・・
 
この後、牝馬ながら日本ダービーに挑戦しますが、ミスターシービーの17着〈ちなみに、オークスはシャダイソフィアと同じノーザンテースト産駒のダイナカールが制覇)、秋にエリザベス女王杯2着の後、古馬になっても、牡馬に交じって走り続けます・・・
しかし、スワンステークスで、レース中に故障し、予後不良に・・・
 
シャダイソフィアは、ノーザンテースト産駒で、母の父がアメリカのリーディングサイヤーのボールドルーラーという良血馬で、生産が社台ファーム(現在の社台グループの母体、現在の社台ファームの前身)、馬主が社台ファーム(前記と同じ)の総帥・吉田善哉氏・・・
可憐な美しい栗毛の馬・・・
 
シャダイソフィアは、日本一の大オーナーブリーダーの吉田氏にとっても思い入れのある馬だったようで、シャダイソフィアの予後不良では、涙したといわれます・・・
 
雨の桜花賞を泥んこで駆け抜け優勝した可憐なシャダイソフィアのレースも印象深いですね・・・
 
 
吉田善哉氏については、「吉田善哉」「吉田善哉を知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

インターグロリアの桜花賞制覇

9日15時40分に発走予定の競馬の第77回桜花賞(G1、阪神競馬場芝1600メートル)・・・
 
桜花賞で、印象深いレースといえば、インターグロリアの勝ったレースもそうですね・・・
 
インターグロリアは、桜花賞、エリザベス女王杯の当時の牝馬2冠馬で、古馬になっても、有馬記念2着など牡馬に交じって活躍した名牝・・・
 
デビューは、3歳2月(当時は馬齢旧表記で4歳)のデビューと遅かったが、デビュー戦7着の後、2戦目をレコード勝ちし、2連勝で桜花賞へ、3連勝目が桜花賞制覇で、デビューからわずか2か月余りでのクラシック制覇・・・
この後、4歳牝馬特別(馬齢旧表記、現・フローラステークス)が9着、オークスが14着も、秋にエリザベス女王杯を制覇し、牝馬2冠に・・・
 
古馬になっても、活躍・・・
 
リアルタイムで見ていませんが、このレースは、天才・福永洋一騎手の牝馬クラシック初制覇ということで印象にあります・・・
posted by keiba-meeting at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする