2017年04月12日

トキツカゼの皐月賞制覇

皐月賞では、牝馬で最初に皐月賞を制した名牝トキツカゼも印象に残っていますね・・・
 
1947年のレースで、もちろんリアルタイムで見ていませんが、6馬身差の圧勝ぶりとオークスの大差勝ちは凄いと思います・・・
 
そもそも牝馬での皐月賞勝ちは、23頭が挑戦して、このトキツカゼと翌年の1948年のヒデヒカリの2頭のみ・・・
 
牡馬も参戦するクラシックに勝った牝馬はわずか6頭・・・
ヒサトモクリフジ、トキツカゼ、ブラウニー、ヒデヒカリ、ウオッカ
内訳は・・・
皐月賞・・・ 1947年トキツカゼ、1948年ヒデヒカリ
日本ダービー・・・1937年ヒサトモ、1943年クリフジ、2007年ウオッカ
菊花賞・・・1943年クリフジ、1947年ブラウニー
 
今年は、牝馬のファンディーナの参戦で7頭目の偉業がなるか注目されています・・・
 
トキツカゼは、繁殖牝馬として、オートキツ(日本ダービー)、オンワードゼア(天皇賞・春、有馬記念)を出し、牝系から1998年のオークスのウメノファイバーを出しています・・・
posted by keiba-meeting at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

ハードバージの皐月賞制覇

競馬の皐月賞で印象に残っているレースでは、ハードバージの勝ったレースもそうですね・・・
 
このレースは、リアルタイムで見ていませんが、天才・福永洋一騎手の伝説的騎乗で知られるレースで、内埒のわずかな隙間をハードバージの福永騎手が差し切ったレース・・・
 
このレースに同じく騎乗していた同期の2着のラッキールーラの伊藤正徳騎手(騎手として269勝ながら、日本ダービー、天皇賞・春の大レース勝ち)が「内埒の上を走ってきたかと思った」、3着のアローバンガードの柴田政人騎手(1728戦1767勝の名手)に「神業に見えた」といわしめた福永騎手の伝説的騎乗、天才伝説の一つです・・・
 
ちなみに、福永洋一騎手の同期には、岡部幸雄騎手もおり、3人のリ-ディングジョッキー(福永騎手、岡部騎手、柴田騎手)、3人のダービージョッキー(伊藤騎手、岡部騎手、柴田騎手)を出して「(馬事公苑)花の15期生」といわれています・・・
 
ハードバージの勝った皐月賞は、天才・福永洋一騎手の「凄み」を感じさせるレースとして印象に残っています・・・
posted by keiba-meeting at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする