2017年04月23日

第62回フローラステークスはモズカッチャンが優勝など

23日に、第62回フローラステークスが行われ、12番人気で和田竜二騎手騎乗のモズカッチャンが優勝・・・

優勝馬と2着・ヤマカツグレース、3着・フローレスマジックまでが、オークスの優先出走権・・・

1番人気のホウオウパフュームは8着・・・


同日に、第48回マイラーズカップが行われ、2番人気の2014年の皐月賞馬・イスラボニータが2014年9月のセントライト記念以来久々の勝利・・・

優勝馬は、安田記念の優先出走権・・・

1番人気のエアスピネルは2着・・・


22日に、第14回福島牝馬ステークスが行われ、3番人気で吉田隼人騎手騎乗のウキヨノカゼが優勝・・・

重賞3勝目、1年8ヶ月ぶりの勝利・・・

1番人気のクインズミラーグロは3着・・・

posted by keiba-meeting at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

エリモジョージの天皇賞・春制覇

競馬の天皇賞・春で、印象に残っているレースといえば、不良馬場の中、福永洋一騎手騎乗で逃げ切ったエリモジョージのレースもそうですね・・・
 
1976年の天皇賞・春は、不良馬場の中でエリモジョージが見事にクビ差で逃げ切ったレースで、もちろんリアルタイムでは見ていませんが、実況の名手・杉本清アナウンサーが、エリモジョージの見事なクビ差の逃げ切り勝ちに、ゴール前で声が続かず、声をつまらせたことで、印象にありますね・・・
 
エリモジョージ騎乗の天才・福永洋一騎手の見事な逃げ切りは、「伝説的騎乗」「天才伝説」の一つです・・・
 
エリモジョージは、常に強かったわけではありませんが、ときどき「恐ろしい」ほどの強さ・底力で大レースを勝ち、「気まぐれジョージ」といわれました・・・
 
ツボにはまった時は、強かったですね・・・
 
エリモジョージは、天才・福永騎手の好きな馬でもありました・・・
 
エリモジョージは、コンスタントに走るわけではないが、大レースに強い底力のある「クラシック血統」の典型でしたね・・・
posted by keiba-meeting at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

シンザンが恐れた馬

競馬の天皇賞・春が、30日に行われますが、アサホコの勝った同レースも印象深いですね・・・
 
アサホコは、シンザンが体調不良で出走回避した1965年の不良馬場の天皇賞・春を7馬身差で圧勝した馬です。
 (もちろん、リアルタイムでは、このレースを見ていませんが・・・)
 
シンザンがアサホコとの対決を避けたともいわれ、アサホコは「シンザンが恐れた馬」ともいわれています。
 
アサホコの強さについては、シンザンの関係者も当時を振り返り、「あの頃のアサホコの強さは、絶好調のシンザンでも五分だったと思いますよ」と語っています・・・
 
アサホコがシンザンに勝っていたとまではいいませんが、1965年の天皇賞・春は、不良馬場で行われ、重馬場を苦にしたといわれるシンザンが、もしこのレースに出走していても苦戦は必至だったとされます。
posted by keiba-meeting at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする