2017年04月27日

皐月賞優勝のアルアインは日本ダービーも松山騎手騎乗

26日に、皐月賞を勝ち、日本ダービーに臨むアルアイン(父ディープインパクト)が、引き続き、松山騎手とコンビ・・・

同2着のぺルシアンナイトの日本ダービーでの鞍上は今のところ未定・・・
posted by keiba-meeting at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

マヤノトップガンの天皇賞・春制覇

競馬の天皇賞・春で印象深いレースといえば、マヤノトップガンの勝ったレースもそうですね・・・
 
このレースは、1997年の天皇賞・春で、前年に、天皇賞・春と有馬記念を勝ち、有馬記念の優勝以来ぶっつけでこのレースに臨んだサクラローレルが1番人気・・・
このレースの前哨戦・阪神大賞典を勝ったマヤノトップガンが2番人気、同じくこのレースの前哨戦・大坂杯を勝ったマーベラスサンデーが3番人気で、この3頭が「3強」といわれていました・・・
 
レースは、久々の休み明けのせいか掛かりぎみで、3コーナーからロングスパートしたサクラローレルが、満を持して競りかけたマーベラスサンデーに競り勝ったゴール前でマヤノトップガンの「鬼脚」で、マヤノトップガンが当時のレコードタイムで勝利・・・
(1着マヤノトップガン、2着サクラローレル、3着マーベラスサンデー)
 
マヤノトップガンは、常に安定した強さではありませんでしたが、勝つ時は強い勝ち方をし、自在の脚質を持っていました・・・
 
もちろん勝ったマヤノトップガンの勝利も見事でしたが、サクラローレルの休み明けで3コーナーからのロングスパートで2着に入ったレースぶりは「敗れてなお強し」を思わせ、サクラローレルに完璧なレース運びで競り負けたマーベラスサンデー陣営は「(サクラ)ローレルは化け物だ」「あの馬とは何度やっても勝てない」といい、勝ったマヤノトップガン陣営でさえ「勝ったのはうちの馬(マヤノトップガン)、でも一番強い競馬をしたのは(サクラ)ローレル」といったといわれます・・・
 
マヤノトップガンがこのレースで勝った「代償」は大きく、結局このレースの後も現役を続けたものの、このレースが最後で現役引退・・・
 
サクラローレルは、このレースの後、秋に、凱旋門賞の前哨戦・フランスのフォア賞でレース中のケガ(8着の最下位)で現役引退・・・
 
1997年の天皇賞・春は、リアルタイムで見たマヤノトップガンの勝利でしたが、サクラローレルの「敗れてなお強し」のレースぶりも印象に残っています・・・
 
 
マヤノトップガンについては、「マヤノトップガン」「マヤノトップガンを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
 
サクラローレルについては、「サクラローレル」「サクラローレルを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
 
posted by keiba-meeting at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする