2017年04月28日

メジロマックイーンの天皇賞・春制覇(2回目)

競馬の天皇賞・春で、印象深いレースといえば、メジロマックイーンの勝ったレースもそうですね・・・
 
メジロマックイーンは、天皇賞・春を1991年・1992年と連覇していますが、1992年の日本競馬史上初の連覇の1992年の方が印象深いですね・・・
 
1992年は、無敗の2冠馬(皐月賞、日本ダービー)で、日本ダービー快勝の後、ケガで休養し、大阪杯楽勝で、天皇賞・春へ無敗で臨むトウカイテイオーとの「世紀の対決」で注目されました・・・
 
1番人気は、トウカイテイオーで、メジロマックイーンは2番人気・・・
 
レースは、メジロマックイーンの快勝で、天皇賞・春連覇の快挙で、トウカイテイオーは5着に沈みました・・・
 
メジロマックイーンの長距離での強さを示すレースとなりましたが、メジロマックイーンの距離適性は、万能に近く、中距離でのスピードもあり、あえていえば瞬発力が弱点ぐらいでした・・・
 
 
メジロマックイーンについては、「メジロマックイーン」「メジロマックイーンを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
 
トウカイテイオーについては、「トウカイテイオー」「トウカイテイオーを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

第155回天皇賞・春の枠順確定

27日に、30日に行われる競馬の第155回天皇賞・春(G1、京都競馬場芝3200メートル)の枠順が確定しました・・・
 
以下に枠順を列記します・・・
 
1-1  シャケトラ
1-2  ラブラドライト
2-3  キタサンブラック
2-4  スピリッツミノル
3-5  ファタモルガーナ
3-6  シュバルグラン
4-7  アルバート
4-8  タマモベストプレイ
5-9  ディマジェスティ
5-10 アドマイヤデウス
6-11 プロレタリアト
6-12 ゴールドアクター
7-13 トウセンバジル
7-14 ワンアンドオンリー
8-15 サトノダイヤモンド
8-16 レインボーライン
8-17 ヤマカツライデン
 
有力馬の「2強」では、8枠15番がサトノダイヤモンド(父ディープインパクト)、2枠3番がキタサンブラック(父ブラックタイド、ディープインパクトの全兄)・・・
posted by keiba-meeting at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする