2017年05月03日

サトノダイヤモンドが宝塚記念を回避し凱旋門賞挑戦へ

2日に、天皇賞・春3着のサトノダイヤモンド(父ディープインパクト)が、宝塚記念(6月25日)を回避し、秋にフランスの凱旋門賞(10月1日)挑戦へ備えることが濃厚のようです・・・

予定では、秋は、フランスのフォワ賞をステップに、凱旋門賞挑戦を目指すようです・・・
(サトノダイヤモンドは凱旋門賞に登録)


なお、皐月賞9着のカデナ(父ディープインパクト)も、凱旋門賞登録・・・
posted by keiba-meeting at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

ラグビーボールのNHK杯制覇

競馬のNHK杯(NHKマイルカップの前身)で、印象に残っているレースといえば、ラグビーボールの勝ったレースもそうですね・・・
 
ラグビーボールは、3歳(当時の4歳)2月とデビューが遅かったですが、新馬、さわらび賞と連勝し、「関西の秘密兵器」といわれ、NHK杯でも勝ち、3戦3勝で日本ダービーの有力馬として、1番人気で日本ダービーに臨みますが、社台ファーム生産のノーザンテースト産駒・ダイナガリバーの4着、古馬混合の高松宮杯で優勝し、地力のあるところを見せますが、脚部不安で後の不振へ・・・
秋に京都新聞杯5着、菊花賞がメジロデュレンの3着、ジャパンカップがジュピターアイランドの4着(日本馬ではミホシンザンの3着に次ぐ)、勝てないまでも地力を見せたが、脚部不安で長期休養・・・復活できず、5歳(当時の6歳)で現役引退・・・
 
ラグビーボールは、かなりの地力があったと思いますが、脚部不安などもあり、大レース勝ちはなし・・・
 
1986年のNHK杯は、リアルタイムで見ましたが、実力のあったラグビーボールが勝ったレースとして印象深いですね・・・
posted by keiba-meeting at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする