2017年05月08日

ダイナカールのオークス制覇

21日に、競馬のオークス(優駿牝馬、G1、東京競馬場芝2400メートル)が行われますが、オークスで印象に残っているレースといえば、ダイナカールの勝ったレースもそうですね・・・
 
このレースは、上位5頭がハナ差、アタマ差、ハナ差、アタマ差の史上最も激戦といわれたオークスで、ダイナカールが勝利・・・ダイナカールに騎乗した岡部幸雄騎手の名手ぶり・腕もさることながら、ダイナカールの父である大種牡馬のノーザンテーストの底力もあらためて感じました・・・
 
時を経て、ダイナカールの娘・エアグルーヴがオークスを制し、母娘制覇を達成し、さらに古馬になって牝馬ながら天皇賞・秋を制した時は、血のドラマ、ロマンを感じました・・・
 
1983年のオークスは、リアルタイムで見ましたが、史上最も激戦といわれた同レースをダイナカールが制したレースとして、後の娘のエアグルーヴの母娘制覇なども合わせて印象深いですね・・・
 
ダイナカールは、社台レースホースの共同馬主の持ち馬で、ダイナカールの勝利は、吉田善哉氏名義の持ち馬ではない共同馬主名義の初の大レース勝ち馬で、共同馬主の人気と共同馬主の大レース勝ちのきっかけとなりました・・・
posted by keiba-meeting at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

ヴィクトリアマイルについて

14日に、競馬のヴィクトリアマイル(G1、東京競馬場芝1600メートル)が、行われます・・・
 
同レースは、古馬牝馬のマイル(約1600メートル)路線充実のために、設置された1600メートルの古馬牝馬限定のG1レースです・・・
 
これまで牝馬は、クラシック以降は、大レースといえば、3200メートルの天皇賞の春と秋か、2500メートルの有馬記念、2200メートルの宝塚記念の中長距離しかありませんでしたが、天皇賞・秋が2000メートルに距離が短縮され、本レースが設置され、古馬牝馬の2000メートル以下も整備・・・
 
牝馬は、多くがスタミナより切れ味などの瞬発力に特徴があり、2000メートル以下の牝馬が参加できるレースの設置は、いいと思います・・・
 
ヴィクトリアマイルの歴代優勝馬には、3冠牝馬(桜花賞・オークス・秋華賞)のアパパネや2冠牝馬(桜花賞・オークス)のブエナビスタ、牝馬ながら日本ダービー馬のウオッカ、桜花賞馬・ダンスインザムードがおり、同レースを連覇したヴィルシーナ、ストレイトガールなども出ています・・・
posted by keiba-meeting at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする