2017年10月29日

第156回天皇賞・秋はキタサンブラックが優勝!など

29日に、競馬の第156回天皇賞・秋(G1、東京競馬場芝2000メートル)が行われ、1番人気の武豊騎手騎乗のキタサンブラックが優勝・・・

馬場が悪化し、不良馬場で行われましたが、いつもは先行するキタサンブラックが出遅れましたが、慌てず徐々に押し上げ、直線も道悪でも自信があったのか、内から伸び、追撃するサトノクラウンをクビ差抑えて優勝・・・

武豊騎手も「さすが」・・・

さすが、現役最強馬・・・
キタサンブラックは、天皇賞の同一年の春秋連覇・・・
天皇賞3勝目(春、春、秋)・・・
G1・6勝目・・・

2着はクビ差で2番人気のサトノクラウン、3着はさらに2馬身1/2差で13番人気のレインボーライン・・・


28日に、第6回アルテミスステークスが行われ、2番人気のラッキーライラックが優勝・・・

1番人気のトーセンブレスは6着・・・



同日に、第60回スワンステークスが行われ、2番人気のサングレーザーが優勝・・・

1番人気のレッツゴードンキは3着・・・

posted by keiba-meeting at 16:42| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第156回天皇賞・秋の注目馬!

29日15時40分発走予定で、競馬の第156回天皇賞・秋が行われます・・・

出走馬と枠順は以下の通り・・・

1-1 サクラアンプルール
1-2 サトノクラウン
2-3 ネオリアリズム
2-4 リアルスティール
3-5 ヤマカツエース
3-6 ディサイファ
4-7 キタサンブラック
4-8 レインボーライン
5-9 ソウルスターリング
5-10 ミッキーロケット
6-11 ロードヴァンドール
6-12 ステファノス
7-13 グレーターロンドン
7-14 サトノアラジン
7-15 マカヒキ
8-16 カデナ
8-17 ワンアンドオンリー
8-18 シャケトラ
(注)
左から枠順、馬番、馬名

注目は、天皇賞の春秋連覇と天皇賞の3勝目を狙うキタサンブラック・・・
宝塚記念勝ち馬・サトノクラウン・・・
このレースに強いディープインパクト産駒のリアルスティール、グレーターロンドン、サトノアラジン・・・
昨年の日本ダービー馬・マカヒキ・・・
キャリアが浅く可能性のあるシャケトラ・・・
今年のオークス馬で怪物フランケル産駒の3歳牝馬・ソウルスターリング・・・
posted by keiba-meeting at 09:31| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

天皇賞・秋の印象深いレース・サイレンススズカの悲劇のレース!

競馬の天皇賞・秋で、印象深いレースに第118回のオフサイドトラップが勝ったレースというより、サイレンススズカが予後不良になったレースがあります・・・

サイレンススズカ、エルコンドルパサーグラスワンダーが揃い、G1並みのG2といわれた毎日王冠で、2馬身1/2差の快勝をしたサイレンススズカは、続く第118回天皇賞・秋でも、優勝を確実視された本命でした・・・

サイレンススズカは、いつものように快調に逃げていましたが、3コーナーに差し掛かった時、突然失速し、競走中止・・・
レース中の故障で、予後不良・・・
大きな可能性を秘めた稀代の快速馬に突然の悲劇が・・・

このレースで優勝したのは、オフサイドトラップでしたが、サイレンススズカの予後不良の悲劇が印象深いですね・・・


サイレンススズカについては、「サイレンススズカ」「サイレンススズカを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 09:51| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

第156回天皇賞・秋の枠順確定!

29日に行われる予定の競馬の第156回天皇賞・秋の枠順が26日に確定・・・

以下に枠順を表記・・・

1-1 サクラアンプルール
1-2 サトノクラウン
2-3 ネオリアリズム
2-4 リアルスティール
3-5 ヤマカツエース
3-6 ディサイファ
4-7 キタサンブラック
4-8 レインボーライン
5-9 ソウルスターリング
5-10 ミッキーロケット
6-11 ロードヴァンドール
6-12 ステファノス
7-13 グレーターロンドン
7-14 サトノアラジン
7-15 マカヒキ
8-16 カデナ
8-17 ワンアンドオンリー
8-18 シャケトラ
(注)
左から枠順、馬番、馬名
posted by keiba-meeting at 10:30| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

天皇賞・秋の印象深いレース・エアグルーヴの勝ったレース!

競馬の天皇賞・秋の印象深いレースに第116回のエアグルーヴの勝ったレースがありますね・・・

エアグルーヴは、桜花賞の有力法補といわれながら、熱発で桜花賞を回避、ぶっつけで1番人気でオークスに臨み、オークス制覇、母のダイナカールに続く母子制覇・・・秋にぶっつけでの秋華賞に、パドックでのフラッシュ撮影でイレこみ、レース中の骨折で10着に敗れたが、翌年の秋、天皇臭・秋で牝馬ながら優勝した名牝・・・

エアグルーヴは、他にジャパンカップ2着2回など牡馬と互角以上の熱戦をした名牝です・・・
posted by keiba-meeting at 08:40| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

天皇賞・秋の名勝負、ウオッカの勝った(ダイワスカーレットが2着の)レース!

競馬の天皇賞・秋で、最近の名勝負といえば、第138回のウオッカの勝ったレースが印象深いですね・・・

もちろん勝ったウオッカも強かったですが、それ以上に強さを感じ、「負けてなお強し」と思ったのは、休み明けで、ハイペースを果敢に逃げ、直線でも再び伸び、当時のレコードタイム決着の長い写真判定のハナ差の2着のダイワスカーレットでした・・・


ウオッカとダイワスカーレットについては、「ウオッカ」「ダイワスカーレット」「ウオッカを知るおすすめ作品」「ダイワスカーレットを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 08:59| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

天皇賞・秋の印象深いレース・シンボリルドルフが2着になったレース

競馬の天皇賞・秋で印象深いレースに、第92回のギャロップダイナの勝ったレースがあります・・・

ギャロップダイナのノーザンテースト産駒らしい底力と成長力にも驚きましたが、さらに驚いたのが、休み明けでハイペースで先行し、当時のレコード勝ちの2着となったシンボリルドルフに「負けてなお強し」「名馬は惨敗しない」を感じました・・・


シンボリルドルフについては「シンボリルドルフ」「シンボリルドルフを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 12:09| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

第78回菊花賞はキセキが優勝!など

22日に、競馬の第78回菊花賞(G1、京都競馬場芝3000メートル)が行われ、1番人気でミルコ・デムーロ騎手騎乗のキセキが優勝・・・

馬場が道悪の不良馬場で、勝ちタイムが3分18秒9、上り3ハロンが40秒0のタフな競馬でした・・・

キセキは、良血ルーラーシップ産駒・・・

デムーロ騎手は、この勝利で3冠ジョッキー(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)・・・

2着は2馬身差で10番人気のクリンチャー、3着はさらにハナ差で13番人気のポポカテペトル・・・


21日に、第20回富士ステークスが行われ、1番人気のエアスピネルが優勝・・・

posted by keiba-meeting at 16:32| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第78回菊花賞の注目馬

22日15時40分発走予定で、競馬の第78回菊花賞が行われます・・・

第48回菊花賞の枠順は以下の通り・・・

1-1 ブレスジャーニー
1-2 ウインガナドル
2-3 スティフェリオ
2-4 クリンチャー
3-5 トリコロールブルー
3-6 マイネルヴンシュ
4-7 アダムバローズ
4-8 サトノアーサー
5-9 クリノヤマトオー
5-10 ベストアプローチ
6-11 サトノクロニクル
6-12 ミッキースワロー
7-13 キセキ
7-14 ポポカテペトル
7-15 ダンビュライト
8-16 アルアイン
8-17 プラチナヴォイス
8-18 マイスタイル

私の注目は、皐月賞馬・アルアイン、神戸新聞杯2着のキセキ(1着は菊花賞府出走の日本ダービー馬・レイデオロ)、ステイゴールド産駒のウインガナドル、スティフェリオ、トリコロールブルー、マイネルヴンシュ、ハーツクライ産駒のアダムズバロー、サトノクロニクル、英ダービー馬のニューアプローチ産駒のベストアプローチ、良血ルーラーシップ産駒のダンビュライトです・・・
posted by keiba-meeting at 09:09| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

キタサンブラック年内で引退へ

天皇賞・春連覇などG1・5勝の昨年の年度代表馬・キタサンブラックが年内で引退へ・・・

天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念の3戦で引退、引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬へ・・・

キタサンブラックの今年は、大阪杯、天皇賞・春とG1・2連勝をしたが、宝塚記念でまさかの9着と大敗し、フランスの凱旋門賞挑戦のプランも実現せず・・・

キタサンブラックの父がディープインパクトの全兄のブラックタイドであることでも注目されています・・・
posted by keiba-meeting at 13:18| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする