2018年01月29日

ペガサスワールドCでガンランナーが有終V!

27日に、アメリカで、世界最高賞金レース・ペガサスワールドカップが行われ、昨年のアメリカの年度代表馬で、このレースでも1番人気のガンランナーが2着ウエストコーストに2馬身1/2差をつけて優勝・・・

ガンランナーは、このレースが引退レースで昨年から5連勝で有終の美を飾りました・・・

通算戦績19戦12勝でG1・6勝・・・

今後は種牡馬へ・・・

posted by keiba-meeting at 20:13| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

第32回根岸ステークスはノンコノユメが優勝!など

競馬の第32回根岸ステークスは、6番人気の内田博幸騎手騎乗のノンコノユメがレコードタイムで優勝・・・

2着はハナ差で1番人気のサンライズノヴァ、3着はさらに2馬身1/2差で昨年の覇者・カフジテイク・・・


第23回シルクロードステークスは、4番人気のファインニードルが優勝・・・

1番人気のダイアナヘイローは16着・・・
posted by keiba-meeting at 23:07| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

2017年度ワールドベストホースでアロゲートが1位!

24日に、国際競馬統括機関連盟(IFHA)は、2017年度のワールドベストホースランキングを発表・・・
(対象は1月1日から12月31日まで)

トップは2016年に続き2年連続でアメリカのアロゲート(134ポンド、ペガサスワールドカップ、ドバイワールドカップなど圧勝)・・・
2年連続1位は、2011年、2012年のフランケル以来・・・

日本調教馬ではキタサンブラックの9位タイが最高位・・・


2017年世界のトップ100G1では、1位は凱旋門賞・・・

日本では12位タイのジャパンカップ、天皇賞・春が最高位・・・


私なら凱旋門賞馬・イネーブルがワールドベストホースの1位ですが・・・

posted by keiba-meeting at 10:59| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

平地G1馬が誘導場に転身したサクセスブロッケン

サクセスブロッケン(父シンボリクリスエス母サクセスビューティ(父サンデーサイレンス))は、2009年のフェブラリーステークスなどG1(交流G1も含む)・3勝馬・・・

平地G1馬が誘導馬に転身した希少・異例な例・・・
(一般的に種牡馬(繁殖牝馬)となる場合が多い)

JRAの平地G1馬が誘導馬に転身した例は2006年のNHKマイルカップの勝ち馬・ロジックが最初・・・

他では、2012年の天皇賞・春を勝ったビートブラックなども・・・
posted by keiba-meeting at 12:35| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

トレヴを管理したヘッド調教師が引退!

凱旋門賞連覇の名牝・名馬のトレヴを管理した女性調教師・クリスティーヌ・ヘッド調教師が来月で引退へ・・・

ヘッド調教師は、祖父、両親、兄がホースマンという競馬一家・・・

1979年の凱旋門賞(スリートロイカス)を制すなど、フランスを中心に欧州の大レースを数多く制した・・・
posted by keiba-meeting at 12:12| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

ノースフライトが死亡

22日に、1994年の安田記念とマイルチャンピオンシップを勝った名マイラーで、名牝のノースフライト(父トニービン)が死亡・・・

26歳

通算戦績11戦8勝(うち重賞6勝でマイルのG1・2勝)・・・

繁殖牝馬として、福島記念2着ミスキャストを出し、サンデーサイレンス×ノースフライトの良血からミスキャストは種牡馬となり、天皇賞・春を勝ったビートブラックを出している・・・
posted by keiba-meeting at 11:55| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

第59回AJC杯はダンビュライトが優勝!など

21日に、第59回アメリカジョッキーズクラブカップ(AJC杯)が行われ、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のダンビュライトが優勝・・・

2着は2馬身差で1番人気のミッキースワロー、3着はさらに1/2馬身差で8番人気のマイネルミラノ・・・

2015年の有馬記念馬で、3番人気のゴールドアクターは、最下位の11着・・・


同日に、第35回東海ステークスが行われ、1番人気のテイエムジンソクが優勝・・・
posted by keiba-meeting at 17:19| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

NARグランプリ2017表彰者

地方競馬で活躍した人を表彰するNARグランプリ2017表彰者を列記・・・

最優秀勝利回数調教師賞 角田輝也(愛知)
最優秀賞金収得調教師賞 小久保智(浦和)
最優秀勝率調教師賞 川西毅(愛知)
殊勲調教師賞 佐藤賢二(船橋)・荒川勝哉(大井)
最優秀勝利回数騎手賞 下原理(兵庫)
最優秀賞金収得騎手賞 森奏斗(船橋)
最優秀勝率騎手賞 山口勲(佐賀)
殊勲騎手賞 的場文男(大井)・白井健太郎(船橋)
優秀新人騎手賞 鈴木祐(岩手)
優秀女性騎手賞 宮下瞳(愛知)
ベストフェアプレイ賞 岡部誠(愛知)
特別賞 山野浩一氏

特別賞には、私も敬愛する昨年の7月に死去(享年77)した血統研究家で作家の山野浩一氏が選出・・・
地方競馬の発展に貢献したことが評価された・・・
posted by keiba-meeting at 16:09| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

NARグランプリ2017表彰馬、年度代表馬はヒガシウィルウィン!

15日に、地方競馬全国協会(NAR)は、昨年の地方競馬で活躍した人馬を表彰する「NARグランプリ2017」を発表・・・

年度代表馬は、交流G1・ジャパンダートダービーなどを勝ったヒガシウィルウィン・・・

以下に、表彰馬を列記・・・
年度代表馬 ヒガシウィルウィン(船橋)

2歳最優秀牡馬 ハゼノパイロ(船橋)
2歳最優秀牝馬 ストロングハート(北海道)
3歳最優秀牡馬 ヒガシウィルウィン(船橋)
3歳最優秀牝馬 ステップダンス(大井)
4歳以上最優秀牡馬 ブルドッグボス(浦和)
4歳以上最優秀牝馬 ララベル(大井)
ばんえい最優秀馬 オレノココロ(ばんえい)
最優秀短距離馬 ブルドッグボス(浦和)
最優秀ターフ馬 ダブルシャープ(北海道)
ダートグレード競走特別賞馬 コパノリッキー(JRA)
特別表彰馬 該当なし
posted by keiba-meeting at 14:35| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

SS産駒の最後の現役馬・ビュレットライナーが現役引退!

大種牡馬サンデーサイレンス(SS)の最後の現役馬ビュレットライナー(岩手所属)が現役引退・・・

3日の水沢競馬(C2)7着がラストラン・・・

通算戦績178戦21勝(うち中央競馬23戦1勝)・・・

2002年生まれで、同じサンデーサイレンス産駒のディープインパクトと同世代・・・

中央でデビュー後、6歳時に地方へ・・・

ホッカイドウ競馬を経て2008年から岩手に移籍・・・

一昨年は連勝するなど頑張っていたが、昨年は勝てず、年齢的に体力の限界も・・・

現在は、千葉県で乗馬に・・・
posted by keiba-meeting at 12:07| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする