2019年03月31日

速報!アーモンドアイがドバイターフ制覇で「世界デビュー」!

30日にドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイ国際競走のドバイターフ(G1、芝1600メートル)は、日本から参戦の昨年の牝馬3冠(桜花賞・オークス・秋華賞)とジャパンカップを制し昨年のJRA賞年度代表馬の日本現役最強馬のアーモンドアイが優勝・・・

まずは秋の目標とされるフランスの凱旋門賞への挑戦に好発進の「世界」デビューでしたね・・・

凱旋門賞への挑戦が実現すれば、凱旋門賞3連覇を目指す名牝・エネイブルとも対戦の可能性・・・


まずは速報まで、詳細は後ほど・・・
posted by keiba-meeting at 18:03| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第63回大阪杯はアルアインが優勝!

31日に行われた第63回大阪杯(G1、阪神競馬場芝2000メートル)は、9番人気の北村友一騎手騎乗の2017年の皐月賞馬・アルアインが優勝・・・

アルアインのG1制覇は、その2017年の皐月賞以来・・・


騎乗の北村友一騎手はG1初制覇・・・
posted by keiba-meeting at 16:48| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

アーモンドアイのドバイターフ挑戦に注目!

30日はドバイのメイダン競馬場でドバイ国際競走が行われる予定です。

日本馬の挑戦もいくつかあるのだが、最大の注目は、昨年に牝馬3冠(桜花賞・オークス・秋華賞)とジャパンカップのG1・4勝をした日本現役最強馬・アーモンドアイのドバイターフ(G!、芝1600メートル)挑戦だ。

JRA賞年度年度代表馬にも輝いたアーモンドアイがどのようなパフォーマンスを見せるか・・・

秋には、世界最高峰レースのフランスの凱旋門賞挑戦も考えている・・・

ここはすんなりと勝ってほしいところだ・・・

さらには、凱旋門賞挑戦の前には、イギリスで前哨戦のプラン(ヨークシャー・オークスか国際ステークスなどが候補)も・・・

まずはドバイターフのクリア(勝利)に挑む・・・
posted by keiba-meeting at 11:46| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

第49回高松宮記念はミスターメロディが優勝

24日の第49回高松宮記念(G1、中京競馬場芝1200メートル)は、3番人気のミスターメロディが優勝・・・

1番人気のダノンスマッシュは4着・・・
posted by keiba-meeting at 17:26| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

キングヘイローが死す

2000年の高松宮記念を制したキングヘイローが19日に死亡・・・

24歳・・・

キングヘイローは、父が凱旋門賞などを制し「1980年代のヨーロッパ最強馬」といわれたダンシングブレーヴ、母が米G1・7勝の名牝グッバイヘイローという超良血馬・・・

デビューから3連勝で東スポ杯3歳ステークス(馬齢旧表記、現2歳)を制し、同期のスペシャルウィーク(日本ダービー、ジャパンカップ、天皇賞の春秋連覇)、セイウンスカイ(皐月賞、菊花賞)とともに期待されるが、クラシックは皐月賞2着、日本ダービー14着、菊花賞5着と勝ちきれず・・・

しかし古馬となり上記のG1(高松宮記念)を制し戦績27戦6勝で、種牡馬としてカワカミプリンセス(オークス、秋華賞)、ローレルゲレイロ(高松宮記念、スプリンターズステークス)などを出した・・・


ちなみに24日の第49回高松宮記念は、産駒のダイメイプリンセスが出走予定・・・
posted by keiba-meeting at 10:46| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

高松宮記念の連覇馬・キンシャサノキセキ

24日は、第49回高松宮記念です。

このレースの勝ち馬は、最近では3冠牝馬でジャパンカップも勝ったアーモンドアイの父で「世界の短距離馬」ロードカナロアも印象深いし、良血馬・キングヘイロー、古くはこのレースの以前の呼称・高松宮杯の時代になるがハギノトップレディ、ハギノカムイオーの姉弟制覇、トウショウボーイハイセイコーの制覇も印象深いですが、このレースを連覇したキンシャサノキセキの印象深いですね・・・

同レース唯一の連覇馬でもあり、印象深いですね・・・
posted by keiba-meeting at 09:41| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

スプリングステークスはエメラルファイト、阪神大賞典はシャケトラが優勝!

17日に皐月賞トライアルの第68回スプリングステークスは石川裕紀人騎手騎乗の10番人気のエメラルファイトが優勝・・・

3着までのエメラルファイト、ファンタジスタ(1番人気)、ディキシーナイトまでが皐月賞の優先出走権・・・


天皇賞・春への第67回阪神大賞典は1番人気のシャケトラが優勝
posted by keiba-meeting at 16:47| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

3月13日は日本史上最強馬・シンボリルドルフの誕生日

3月13日は、日本の競馬のシンボリルドルフの誕生日です・・・

本馬は、日本競馬史上4頭目の3冠馬であり、日本競馬史上初の無敗の3冠馬でもあります・・・

後にシンボリルドルフと同じく、無敗の3冠馬となったディープインパクトは、現役時代(14戦12勝、2着1回、失格1回(3位入線))の強さや種牡馬としての大成功(現在・・・2019年3月13日現在・・・日本のリーディングサイヤーに君臨中)を認めても、私は、日本競馬史上最強馬は、シンボルルドルフだと思います・・・

しつこいようですが、ディープインパクトの「凄さ」は認めても・・・

その(シンボリルドルフの)強さは、「異次元」でしたね・・・

もちろん世代によっては、シンザンナリタブライアンなどが日本最強馬だという人もいると思います・・・
(古くはクリフジ、最近ではオルフェーヴルなどという人もいるかもしれません)


シンボリルドルフについては、「シンボリルドルフ」「シンボリルドルフを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・


(この記事は、過去の記事(2017年3月14日投稿)を一部変更し、投稿しています)
posted by keiba-meeting at 16:38| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

藤田菜七子騎手がG1を2度目のチャレンジへ!

12日に、JRAの女性騎手・藤田菜七子騎手が3月24日の高松宮記念(G1、中京競馬場芝1200メートル)にスノードラゴンで参戦するようだ。

藤田騎手のG1騎乗は、2月17日のフェブラリーステークスに続き2度目のチャレンジ・・・

 
この時はコパノキッキングで6着だったが、今回はさらなる上位を目指す。

スノードラゴンは、2014年のG!・スプリンターズステークスを勝っているG!馬で、藤田騎手のG!馬騎乗も初・・・

スノードラゴンは、近年は不振だが、2014年の高松宮記念でも2着の実績がある。

posted by keiba-meeting at 13:32| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

「ドルメロの魔術師」フェデリコ・テシオ

競馬の生産の世界でフィデリコ・テシオといえば天才生産者として知られます。

テシオは、競馬先進国とはいえなかったイタリアの馬産家でわずか年間10数頭レベルの規模で次々と世界的名馬を生産し、「ドルメロの魔術師」と呼ばれた天才馬産家です。

代表産駒のリボーは、16戦無敗で世界最高補といわれるフランスの凱旋門賞を連覇しましたし、ネアルコも14戦無敗の馬で種牡馬として後の父系に大きな影響を与えまた。

ネアルコ系は、父系では現在(2019年)の主流血脈となっています。


テシオについては、「フェデリコ・テシオ」をご覧ください。
posted by keiba-meeting at 08:43| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする