2019年07月31日

ディープインパクトの死に思うこと

2019年7月30日、名競走馬にして名種牡馬、日本競馬史上最強馬ともいわれたディープインパクトが死亡・・・

同馬の強烈な末脚は、他馬とは次元が違い、まるで舞っているかのように駆け、「空を飛ぶ馬」といわれた・・・

日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)となり、その後、G1・4勝(天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)を制し、日本競馬史上最多タイのG1・7勝・・・

残念ながら、海外挑戦の凱旋門賞は、3着入線後の悪意なき禁止薬物検出で失格となったが、日本では、2005年の有馬記念2着惜敗(優勝はハーツクライ)以外は、完璧な強さで戦績は、凱旋門賞も含む全戦績14戦12勝・・・

その強さと人気は社会現象に・・・

その走法は、アメリカ競馬史上最強馬といわれるセクレタリアトに似ているといわれた・・・

また戦績14戦12勝は偶然かもしれませんが、史上初の欧州3大レース(英ダービー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞)を制したミルリーフと同じだった・・・

名競走馬だったディープインパクトは、大種牡馬サンデーサイレンス産駒で、競走馬引退後は、3冠牝馬(桜花賞、オークス、秋華賞)でG1・7勝のジェンティルドンナなど多くのG1馬・クラシック馬を出し、日本の生産界に君臨・・・
産駒は海外でも活躍し、海外G1・海外クラシックも制しています・・・

同馬に全戦騎乗した多くの名馬の背を知る武豊騎手にとってもディープインパクトは「特別な馬」だったようです・・・
「空を飛ぶ」とのニュアンスの発言を最初にしたのも同騎手でした・・・

ディープインパクトは、その名前のように、日本競馬界だけでなく、世界の競馬界に深い衝撃(ディープインパクト)を与えました・・・

posted by keiba-meeting at 09:22| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

名競走馬にして名種牡馬のディープインパクト死す!

日本競馬史上2頭目の無敗の3冠馬で、日本競馬史上最強馬ともいわれ戦績は14戦12勝のディープインパクトが死亡・・・
17歳・・・

同馬は28日に頚部の手術を受けたが、29日の午前中に起立不能の状態に・・・
30日早朝にレントゲン検査を行ったところ、頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みが立たないことから、安楽死の処分が取られた。

芝G1・7勝は史上最多タイ・・・

その強さと人気は社会現象となり「空を飛ぶ馬」といわれた・・・

競走馬引退後も種牡馬として3冠牝馬ジェンティルドンナなど多くのG1馬を出し、日本の生産界に君臨・・・
産駒は、日本だけでなく、海外でも活躍し、産駒は海外G1も制しています・・・

まさに名競走馬にして名種牡馬・・・

ディープインパクトは、大種牡馬サンデーサイレンス産駒で、サンデーサイレンスの血の偉大さを伝えるサンデーサイレンスの後継種牡馬だった・・・
posted by keiba-meeting at 07:19| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

第19回アイビスサマーダッシュはライオンボスが優勝など

28日に、サマースプリントシリーズ第3戦の名物の新潟競馬場直線1000メートルの第19回アイビスサマーダッシュが行われ、1番人気のライオンボスが千直3連勝・・・

戦績はこれで13戦5勝・・・

重賞初制覇・・・



同日に、第67回クイーンステークスで1番人気のミッキーチャームが優勝・・・

重賞2勝目・・・
posted by keiba-meeting at 10:11| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第69回キングジョージ6世&クイーンエリザベスはエネイブルが優勝!

27日に、イギリスのアスコット競馬場で行われたヨーロッパ上半期最大のレース・第69回キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスは、イギリスのエネイブルがクリスタルオーシャンとのたたき合いを制し、11連勝、G1・9勝目・・・
これで戦績は、13戦12勝・・・
デビュー2戦目(条件戦・3着)以外は負けていない・・・
騎乗騎手は、ランフランコ・デットーリ騎手・・・
エネイブルは・・・
同レース(キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス)は、2017年も制しており2勝目・・・
主な勝ちは、凱旋門賞2連覇(2017年、2018年)、同レース2回(2017年、2019年)の他、2017年の英オークス、愛オークス、ヨークシャーオークス、2018年のブリーダーズカップ・ターフ、2019年のエクリプスステークス・・・
今秋には史上初の凱旋門賞3連覇を目指している・・・
先行抜け出しの安定した「王道競馬」でここまでの強さを見ると、凱旋門賞3連覇の偉業もかなり有力・・・

エネイブルの血統は、父ナサニエル母コンセントリック(父サドラーズウェルズ)で、ノーザンダンサー産駒のサドラーズウェルズ3×2の強いインブリード、ノーザンダンサーの父ニアークティックの5×5×4のインブリードが特徴・・・
サドラーズウェルズの血脈が強く、さらにいえばノーザンダンサー・ニアークティック血脈の強い馬です・・・

日本から参戦のシュヴァルグランは馬場が合わず6着・・・
posted by keiba-meeting at 09:35| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

第67回中京記念はグルーヴィットが優勝!

21日に、サマーマイルシリーズ第1戦の第67回中京記念が行われ、3番人気の松山弘平騎手騎乗のグルーヴィットが優勝・・・

1600メートル開催初の3歳馬の優勝・・・

1番人気のプリモシーンは3着・・・

グルーヴィットは、父ロードカナロア母スペシャルグルーヴ(父スペシャルウィーク)という血統・・・

いわゆる近親に重賞勝ち馬の多い良血のエアグルーヴ一族という母系・・・

グルーヴィットは重賞初制覇・・・



同日に、第51回函館2歳ステークスが行われ、新種牡馬キズナ産駒のビアンフェが優勝・・・

世代最初の重賞V!

半姉ブランボヌール(父ディープインパクト)ときょうだい制覇・・・
posted by keiba-meeting at 11:30| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

12冠ジュニア・ラインベックが中京2歳S(オープン)を優勝!

20日の中京2歳ステークス(オープン)で、12冠ジュニア(牡馬、父が牡馬3冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)+4冠でG1・7勝、母が牝馬3冠(桜花賞、オークス、秋華賞+2冠でG1・5勝の両親合わせて12冠)のラインベック(父ディープインパクトアパパネ(父キングカメハメハ))が優勝・・・

デビューから2戦2勝・・・


来年の3冠ロードへ無傷進撃、今後も注目・・・

posted by keiba-meeting at 07:32| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

第55回函館記念はマイスタイルが優勝!など

14日に、サマー2000シリーズ第2戦の第55回函館記念が行われ、逃げて文字通りに自分のスタイル(マイスタイル)を貫いた1番人気の田中勝春騎手騎乗のマイスタイルが優勝し、重賞初制覇・・・

田中勝騎手は、節目の通算JRA重賞50勝・・・



函館5レースの新馬戦で、サトノゴールドがゴールドシップ産駒初勝利・・・
父と同じ函館(芝1800メートル)初陣で、須貝尚介厩舎、担当厩務員(今浪隆利厩務員)も同じ・・・


2018年の朝日杯フューチュリティステークスを勝ったサトノアレスが現役引退、種牡馬へ・・・
posted by keiba-meeting at 17:06| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

第21回ジャパンダートダービーはクリソベルリが優勝、兄弟同一G1制覇!

10日に、交流G1の第21回ジャパンダートダービーが行われ、JRAのクリソベルリが優勝・・・


全兄に2013年のジャパンダートダービーを制したクリソライトがいる・・・

クリソベルリは、兄弟同一G1制覇・・・

戦績は、ここまで4戦4勝(うち地方競馬2戦2勝)で重賞2勝目・・・
posted by keiba-meeting at 13:23| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

史上初の凱旋門賞3連覇に挑むエネイブルに注目!

史上初の凱旋門賞3連覇を目指すエネイブルが復帰戦の英G1エクリプスステークスを快勝・・・

偉業(凱旋門賞3連覇)へ向け好発進・・・

エネイブルは、これまで11戦10勝、G1は、凱旋門賞2連覇(2017年・2018年)の他、2017年の英オークス、愛オークス、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、ヨークシャーオークス、2018年のブリーダーズカップターフ、2019年のエクリプスステークス・・・

凱旋門賞2連覇自体が大変な偉業であり、そもそも過去に、凱旋門賞3連覇に挑んだ馬は、一番最近の凱旋門賞2連覇のトレヴしかいない・・・

その前だと、最近ではリボーアレッジドも凱旋門賞2連覇を「花道」に現役引退している・・・

エネイブルは、先行して抜け出す「王道」競馬で、安定感があり、復帰戦(エクリプスステークス)も含め、これまでの強さを見ても凱旋門賞3連覇の可能性がかなり高い・・

エネイブルは、血統面でサドラーズウェルズノーザンダンサー産駒)の2×3の強いインブリードがあり、他にノーザンダンナーの父ニアークティックの5×5×4のインブリードもあるノーザンダンサー血脈の強い馬だ・・・

過去も幾多の名馬さえ達成していない凱旋門賞3連覇の大偉業が達成できるか注目だ・・・
posted by keiba-meeting at 11:39| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

ベルモントオークス招待(米G1はジョディーが4着!など

6日に行われた米G1・ベルモントオークス招待は、米調教馬・コンクリートローズが優勝・・・

日本から参戦のジョディーが果敢に逃げるも4着・・・



同日に行われた同じく米G1・ベルモントダービー招待は、米調教馬・ヘンリーズジョイが優勝・・・

日本から参戦のマスターフェンサーは、出走14頭中13着と大敗(1頭は競走中止)・・・

さらにレース前に1頭が出走取消・・・
posted by keiba-meeting at 15:15| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする