2019年08月27日

2019ワールドオールスタージョッキーズで川田将雅騎手が初優勝!など

25日に、2019ワールドオールスタージョッキーズが行われ、第14回キーランドカップに勝ち、重賞騎乗機会2連勝の好調・川田将雅騎手大逆転でが初優勝・・・

また、藤田菜七子騎手が自己最多タイの年間27勝・・・
posted by keiba-meeting at 18:04| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第39回新潟2歳Sはウーマンズハートが優勝、ハーツクライ産駒のJRA全10場重賞制覇!

25日に、第39回新潟2歳ステークスが行われ、1番人気のウーマンズハートが優勝・・・

ウーマンズハートの新潟競馬場重賞勝利で、ハーツクライ産駒は、JRA全10場重賞制覇・・・

ラスト3ハロン32秒8の鋭い末脚で勝ちました・・・
posted by keiba-meeting at 17:51| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

英G1・国際Sでシュヴァルグランが8着、優勝ジャパンは凱旋門賞へ!

21日に英G1の国際ステークスが行われ、日本から参戦のシュヴァルグランは、展開が向かずに9頭中8着・・・

優勝は、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎のジャパン・・・

ジャパンは、3歳馬で英ダービー3着・・・

フランスG!・パリ大賞に続くG1・2勝目で、秋は凱旋門賞へ・・・

ジャパンは、3歳牡馬で凱旋門賞は斤量面で有利なのが注目・・・
posted by keiba-meeting at 13:00| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

武豊騎手がAオブライエン厩舎のブルームで凱旋門賞参戦へ

JRAの武湯垢騎手が、欧州の名門エイダン・オブライエン厩舎のブルーム(3歳)に騎乗し凱旋門賞(10月6日、G1、ロンシャン競馬場芝2400メートル)に参戦予定・・・

ブルームは、英ダービー4着でロジャー・ムーア騎手騎乗で英セントレジャー参戦予定している有力馬で、JRAとの関係性強化でJRA所属の武豊騎手とのコンビが実現した・・・
その後、ジャパンカップ(11月24日、G1、東京競馬場芝2400メートル)へコンビで参戦も・・・
今年は、凱旋門賞3連覇を目指す歴史的名牝・歴史的名馬のエネイブルも凱旋門賞に参戦予定で、同馬の鞍上が凱旋門賞最多勝の世界的天才騎手のランフランコ・デッドーリ騎手の「最強コンビは強敵・・・
ブルームは3歳牡馬で斤量では有利だが・・・
武豊騎手が凱旋門賞で外国馬に騎乗するのは1994年のホワイトマズル(6着)、2001年のサガシティ(3着)以来3度目・・・
通算8度目の挑戦・・・

posted by keiba-meeting at 09:36| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

第55回札幌記念はブラストワンピースが優勝、凱旋門賞挑戦へ・3着フィエールマンも!

18日のG1馬4頭の出走する「スーパー」G2・第55回札幌記念は、3番人気で川田将雅騎手騎乗の昨年の有馬記念覇者・グランプリホースのブラストワンピースが優勝・・・

私は史上最短キャリアで菊花賞、天皇賞・春を制したフィエールマンのポテンシャルからフィエールマンに注目しましたが、鋭く追い込むも3着(1番人気)・・・

ブラストワンピースは、G1馬3頭をねじ伏せる・・・
この勝利で手ごたえをつかみ、秋に凱旋門賞挑戦予定・・・

3着のフィエールマンも凱旋門商挑戦予定・・・

ブラストワンピース、フィエールマンともに注目の凱旋門賞挑戦・・・
posted by keiba-meeting at 15:05| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

浜中俊騎手がJRA通算1000勝達成!など

17日の小倉9レースで浜中俊騎手は、JRA通算1000勝達成・・・

史上36人目、現役では19人目・・・

初騎乗から12年5ケ月15日(30歳7ケ月24日)での達成は、武豊騎手の8年4ケ月23日(26歳4ケ月9日)に次ぐ史上2番目のスピード達成・・・

今年は、ロジャーバローズで日本ダービーを制し、ダービージョッキーになった・・・

小倉は地元・・・



JRAの女性騎手・藤田菜七子騎手がJRA6週連続勝利の自己最長・・・
posted by keiba-meeting at 11:54| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

札幌記念はフィエールマンに注目!

18日に予定の競馬の札幌記念の追い切り・・・

G1馬4頭の出走する豪華なG2の札幌記念・・・
中でも注目は、G1・2連勝で、先日死亡のディープインパクトの産駒のフィエールマン・・・
フィエールマンは、ディープインパクト産駒で芝3000メートルのG1(菊花賞)に勝った2頭目の馬で、芝3200メートルのG1(天皇賞・春)に初めて勝った注目の馬で史上最少キャリアの4戦で菊花賞、6戦で天皇賞・春を制した注目の馬・・・
今秋の10月6日のフランスの凱旋門賞(G1、ロンシャン競馬場芝2400メートル)挑戦を目指している・・・
現役時代に3冠を含め芝G1・7勝で日本競馬史上最強馬ともいわれ、引退後は種牡馬として日本の生産界に君臨したディープインパクトも海外G1勝利は、凱旋門賞3位入線後の「悪意なき」禁止薬物検出で失格という失意の成績で果たせませんでした・・・

ディープインパクトの無念をディープインパクト産駒で晴らす・・・

そのためには、札幌記念では負けられません・・・

posted by keiba-meeting at 10:57| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

韓国国際競走・日本馬招待せず、シャーガーカップの結果!

8月8日に行われるコリアカップ、コリアスプリントの韓国国際競走に、現在の日韓情勢を考慮し、日本馬を招待しないことが決まった・・・
これでJRA所属のコリアカップ3連覇を目指していたロンドンタウン、コリアスプリント2連覇を目指していたモーニンの偉業達成はなくなった・・・

10日にイギリス・アスコット競馬場で行われた世界騎手招待競走のシャーガーカップで、藤田菜七子騎手は4着が最高の成績に終わった・・・
一方、世界選抜のキャプテンを務めた川田将雅騎手も2度の3着が最高だったが、チームは優勝・・・
なお、個人戦優勝は、女性騎手のヘイリー・ターナー騎手(英国)で、史上初の2年連続優勝・・・
posted by keiba-meeting at 12:18| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第54回関屋記念はミッキーグローリーが優勝!など

11日の第54回関屋記念は、1番人気のミッキーグローリー(クリフトフ・ルメール騎手騎乗)が優勝・・・
ディープインパクトに捧げる勝利・・・
(死後の産駒初重賞制覇)
ルメール騎手は自身初の新潟重賞優勝・・・
同馬は、マイルチャンピオンシップ(11月7日、G1、京都競馬場芝1600メートル)が目標・・・


同日に行われた第24回エルムステークスは、2番人気のモズアトラクションが優勝・・・
1番人気のグリムは7着・・・
posted by keiba-meeting at 11:31| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

キングカメハメハが死亡

9日に、2004年にNHKマイルカップ→日本ダービーの変則2冠を史上初で達成し、種牡馬としても先月死亡したディープインパクトとともに日本の生産界を牽引したキングカメハメハが死亡・・・
18歳・・・

17歳で先月死亡したディープインパクトを追うように10日後に18歳で死亡・・・
ディープインパクトが種牡馬で生産界に君臨する前の2010年、2011年のリーディングサイヤー・・・
ロードカナロアや3冠牝馬アパパネなどを出し、ロードカナロアは、3冠牝馬でジャパンカップ、ドバイターフを制したアーモンドアイを出し後継種牡馬となりつつある・・・
サンデーサイレンスの大成功でサンデーサイレンスの血があふれ、サンデーサイレンスの血を受けた種牡馬や繁殖牝馬との配合でもキングカメハメハの血は注目されている・・・
ドゥラメンテなどキングカメハメハの後継種牡馬にも注目だ・・・
キングカメハメハは、先月種牡馬引退を発表したばかり・・・
今後デビューするキングカメハメハ産駒やロードカナロアなどのキングカメハメハ系、キングカメハメハの血を引く馬などにも注目・・・
ディープインパクトとともに、内国産種牡馬の枠におさまらない日本生産界の至宝といえた・・・
posted by keiba-meeting at 09:25| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする