2019年11月25日

第39回ジャパンカップはスワーヴリチャードが優勝!

24日に、競馬のディープインパクトメモリアル第39回ジャパンカップ(G1、東京競馬場芝2400メートル)が行われ、3番人気のオイシン・マーフィー騎手騎乗のスワーヴリチャードが優勝・・・
スワーヴリチャードはG1・2勝目・・・
ディープインパクトに日本馬で唯一勝ったハーツクライの産駒・・・

マーフィー騎手はJRA・G1初制覇・・・
24歳のイギリス拠点のアイルランド出身の若き天才でイン強襲の見事な手綱さばきで勝利・・・

2着は3/4馬身差で紅一点の3歳牝馬の5番人気のカレンブーケドールで、さらに1馬身1/4差で3着は2番人気のワグネリアン・・・
1番人気のレイデオロは11着・・・

1着から5着まで私の注目馬が入る掲示板(5着まで)完全的中の予想・・・
注目馬は、1着・スワーヴリチャード、2着・カレンブーケドール、3着・ワグネリアン、4着・マカヒキ、5着・ユーキャンスマイル、7着・エタリオウ、9着・シュヴァルグラン、10着・ルックトゥワイス、11着・レイデオロ、13着・ジナンボー・・・
ノーマークは10着までが、6着・ダイワギャグニー、8着・ムイトオブリガード・・・
10着までに私の注目馬が8頭来ました・・・
posted by keiba-meeting at 08:47| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

デッドーリ騎手がいきなり優勝!

23日、今週からJRA短期免許を取得し、日本で騎乗しているランフランコ・デッドーリ騎手が、8年ぶりの来日騎乗で東京3レースでいきなり優勝・・・

天才、世界の名手の騎乗技術を「魅せた」!

今後のパフォーマンスが楽しみ・・

この日はもう1レースに勝ち2勝・・・




posted by keiba-meeting at 09:52| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第39回ジャパンカップの枠順と私の注目馬!

24日15時40分発走予定の競馬の第39回ジャパンカップ(G1、東京競馬場芝2400メートル)の枠順と私の注目馬を以下に示します・・・

1-1  カレンブーケドール
2-2  ワグネリアン
2-3  ウインテンダネス
3-4  ムイトオブリガード
3-5  スワーヴリチャード
4-6  ユーキャンスマイル
4-7  ダイワギャグニー
5-8  レイデオロ
5-9  ルックトゥワイス
6-10 ダンビュライト
6-11 シュヴァルグラン
7-12 タイセイトレイル
7-13 エタㇼオウ
8-14 マカヒキ
8-15 ジナンボー
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

今年のジャパンカップは、外国馬は不在ですが、騎手の顔ぶれは、海外所属の外国人騎手がマーフィー騎手、ビュイック騎手、スミヨン騎手、ムーア騎手と「国際レース」らしく豪華で、JRA所属の外国人騎手のルメール騎手、M・デムーロ騎手、JRA所属の日本勢も武豊騎手など参戦しており、凱旋門賞6勝の世界的名手の天才・デッドーリ騎手も参戦しています・・・
私の注目馬は、今年のジャパンカップは今年死亡したディープインパクトの名を冠してディープインパクトメモリアルとしていることから、ディープインパクト産駒にも注目です・・・
レイデオロ、ワグネリアン、ジナンボー、マカヒキ、カレンブーケドール・・・
実力馬のスワーヴリチャード、シュヴァルグラン、エタリオウ・・・
デッドーリ騎手騎乗のステイゴールド産駒のルックトゥワイス・・・
進境著しいキングカメハメハ産駒のユーキャンスマイルあたりか・・・
posted by keiba-meeting at 09:17| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

ダートG1・2勝のウイングアローが死亡

21日に、ダートG1・2勝のウイングアローが24歳で死亡・・・
戦績は、30戦11勝(うち地方競馬13戦6勝)・・・
G1勝ちは2勝(2000年のJCダート(現・チャンピオンズカップ)、フェブラリーステークス・・・
重賞は、中央、地方で8勝・・・
現役引退後、種牡馬になったが、活躍馬は残せなかった・・・
posted by keiba-meeting at 07:45| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

ジャパンカップ騎乗のデッドーリ騎手に注目!

競馬で24日に、ディープインパクトメモリアル第39回ジャパンカップが行われます・・・

今年は、ジャパンカップ史上初めて外国馬参戦がありませんが、騎手の顔ぶれは、世界の名手が集い「国際レース」です・・・

ムーア騎手、スミヨン騎手、マーフィー騎手、ビュイツク騎手などが参戦・・・

JRA所属の外国人騎手もM・デムーロ騎手、ルメール騎手と豪華で、さらに今年は凱旋門賞6勝の天才・デッドーリ騎手も8年ぶりに来日し、参戦・・・
12月2日まで短期免許も取得し、彼のパフォーマンスを見ることが出来ます・・・

デッドーリ騎手本人は「有馬記念も乗りたい」とやる気十分・・・

ジャパンカップでデッドーリ騎手騎乗のルックトゥワイスは、ステイゴールド産駒で、目黒記念の勝ち馬、前走アルゼンチン共和国杯も4着とまずまず好走しており、馬自身もそこそこ注目されますが、デッドーリ騎手騎乗で注目度はさらに上がります・・・

繰り返しますが、デッドーリ騎手のパフォーマンス(騎乗技術、腕)にも注目・・・


posted by keiba-meeting at 07:02| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

第36回マイルチャンピオンシップはインディチャンプが優勝!など

17日に行われた競馬の第36回マイルチャンピオンシップ(G1、京都競馬場芝1600メートル)は、3番人気のインディチャンプが優勝・・・
直線突き抜け強かったですね・・・
2着は1馬身1/2差で1番人気のダノンプレミアム、3着はさらにクビ差で6番人気のペルシアンナイト・・・
優勝のインディチャンプは、同一年の春秋のマイル王・・・
勝ったインディチャンプの血統は、父ステイゴールド母ウィルパワー(父キングカメハメハ)・・・
池添謙一騎手は、騎乗停止の福永祐一騎手の「代打」・・・
同騎手は、これで同レース単独最多の4勝目・・・
私の注目馬では、1着・インディチャンプ、2着・ダノンプレミアム、3着・ペルシアンナイトで、3着まで当たりました・・・
注目馬は、前述の1着・インディチャンプ、2着・ダノンプレミアム、3着・ペルシアンナイトに、5着・ダノンキングリー、10着・ダイアトニック、14着・モズアスコット、16着・アルアイン・・・
ノーマークは、10着までが、4着・マイスタイル、6着・カテドラル、7着・クリノガウディー、8着・ヴァンチャーレ、9着・レッドオルガ・・・

17日の朝に「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏が死去・・・
享年77歳・・・
アドマイヤベガ(日本ダービー)、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯2勝)、アドマイヤジュピタ(天皇賞・春)、アドマイヤムーン(ドバイデューティーフリー、宝塚記念)など多くの名馬のオーナー(馬主)・・・

24日には、国際G1の第39回ジャパンカップ(東京競馬場芝2400メートル)が行われます・・・
39回目にして外国馬は不参加ですが、騎手の顔触れは、凱旋門賞の歴代最多6勝の天才・デッドーリ騎手を始めムーア騎手、スミヨン騎手、マーフィー騎手、ビュイック騎手なども参戦する「国際レース」です・・・
彼らのパフォーマンスに注目です・・・
posted by keiba-meeting at 10:03| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

第36回マイルチャンピオンシップの枠順と私の注目馬!など

17日15時40分発走予定の競馬の第36回マイルチャンピオンシップ(G1、京都競馬場芝1600メートル)の枠順と私の注目馬を以下
に示します・・・

第36回マイルチャンピオンシップの枠順
1-1  ダノンキングリー
1-2  グァンチャーレ
2-3  マイスタイル
2-4  レッドオルガ
3-5  インディチャンプ
3-6  フィアーノロマーノ
4-7  ペルシアンナイト
4-8  プリもシーン
5-9  クリノガウディー
5-10 アルアイン
6-11 カテドラル
6-12 モズアスコット
7-13 タイムトリップ
7-14 ダノンプレミアム
8-15 ダイアトニック
8-16 エメラルファイト
8-17 レイエンタ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は、天皇賞・秋2着のディープインパクト産駒のダノンプレミアム、皐月賞3着・日本ダービー2着のディープインパクト産駒のダノンキングリー、安田記念の勝ち馬・インディチャンプ、2017年の皐月賞馬で大阪杯を勝ちライアン・ムーア騎手騎乗のアルアイン、フランケル産駒のモズアスコット、2017年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬のペルシアンナイト、クリフトフ・スミヨン騎乗のダイアトニックあたりか・・・



16日の第24回東京スポーツ杯2歳ステークスが行われ、1番人気のライアン・ムーア騎手騎乗のコントレイル(父ディープインパクト)が芝1800メートルの2歳日本レコードの1分44秒5で圧勝・・・
同馬はこれで2戦2勝・・・
騎乗のムーア騎手も「トップクラスの馬」と高評価・・・

騎乗のライアン・ムーア騎手は、欧州のトップジョッキーで、凱旋門賞2勝など世界中の大レースを勝っており、今年も国際ステークス(英G1・ジャパン)などに勝っています・・・
アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎の主戦騎手で、日本でもイギリスのスノーフェアリーのエリザベス女王杯2連覇(2010年・2011年)やジャパンカップ(2013年・ジェンティルドンナ)勝利などがあります・・・
先週のエリザベス女王杯をラッキーライラックに騎乗して勝ったクリフトフ・スミオン騎手とともに注目・・・
posted by keiba-meeting at 08:37| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

第44回エリザベス女王杯はラッキーライラックが優勝!

10日に行われた競馬の第44回エリザベス女王杯(G1、京都競馬場芝2200メートル)は、3馬人気のクリフトフ・スミヨン騎手騎乗のラッキーライラックが優勝・・・
2着は、1馬身1/4差で7番人気のクロコスミア・・・
1番人気のラヴズオンリーユーは、クロコスミアとクビ差の3着・・・

優勝したラッキーライラックは、当てましたが、2着はノーマークのクロコスミア・・・

言い訳になってしまいますが、クロコスミアは長距離適正のあるステイゴールド産駒で、地力もあり、注目馬にするか迷いましたが、注目馬から外してしまいました・・・

3着が注目馬のラヴズオンリーユーだっただけに、馬券的には惜しかったですね・・・

注目馬は、1着・ラッキーライラック、3着・ラヴズオンリーユー、5着・クロノジェネシス、7着・スカーレットカラー、10着・フロンテアクイーン、11着・ウラヌスチャーム・・・

ノーマークは、10着までが、2着・クロコスミア、4着・センテリュオ、6着・サラキア、8着・アルメリアブルーム、9着・サトノガーネット・・・
posted by keiba-meeting at 08:01| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

第44回エリザベス女王杯の枠順と私の注目馬!など

きょう10日15時40分に、競馬の第44回エリザベス女王杯(G1、京都競馬場芝2200メートル)が発走予定・・・
以下に同レースの枠順と私の注目馬を示します・・・

1-1  ブライトムーン
1-2  ラッキーライラック
2-3  シャドウディーヴァ
2-4  ウラヌスチャーム
3-5  ポンデザール
3-6  クロコスミア
4-7  レイホーロマンス
4-8  クロノジェネシス
5-9  アルメリアブルーム
5-10 フロンテアクイーン
6-11 ラヴズオンリーユー
6-12 センテリュオ
7-13 サトノガーネット
7-14 ゴージャスランチ
7-15 ミスマンマミーア
8-16 スカーレットカラー
8-17 サラキア
8-18 レッドランディーニ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は・・・
休み明けながら無傷の4連勝のオークス馬のポテンシャルとディープインパクト産駒のラヴズオンリーユー、前走を強烈な決め脚で重賞勝ちのスカーレットカラー、地力のあるオルフェーヴル産駒のラッキーライラック、秋華賞勝ちのクロノジェネシス、欧州の若き天才騎手・マーフィー騎手騎乗のウラヌスチャーム、渋い血統ながら大駆けの可能性もあるかもしれないメイショウサムソン産駒のフロンテアクイーンあたりか・・・


9日に行われた第54回デイリー杯2歳ステークスは、ディープインパクト産駒のレッドベルジュールがデビューから無傷の連勝・・・


10月19日の英G1・コーフィールドCを優勝のメールドグラースが浅屈腱炎を発症・・・
治療で症状は改善され、経過観察予定・・・

posted by keiba-meeting at 08:57| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

来日希望のデッドーリ騎手に注目!

5日の豪州のメルボルンカップで騎乗停止処分を受け、今週の来日が流れたランフランコ・デッドーリ騎手・・・

デッドーリ騎手は、世界的な天才騎手で、本人は来日を希望しており、来日が実現すれば、デッドーリ騎手の世界レベルのパフォーマンスを見ることが出来ます・・・

デッドーリ騎手が来日すれば当然注目ですね・・・

エネイブルの凱旋門賞3連覇は惜しくもならず(2着)残念でしたが、今年も欧州の大レースを勝ちまくっています・・・
posted by keiba-meeting at 07:44| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする