2017年03月25日

日本で種牡馬として革命的成功をしたサンデーサイレンス

日本で種牡馬として革命的成功をしたサンデーサイレンス・・・
 
サンデーサイレンスの成功は、ディープインパクトに受け継がれ、今や後継種牡馬です・・・
 
サンデーサイレンスは、アメリカの名競走馬で、アメリカ2冠(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス)とブリーダーズカップ・クラシックを勝った名馬ですが、父がヘイローというアメリカのリーディングサイヤーながら母系が貧弱で種牡馬としては、大きな期待をされませんでした・・・
 
サンデーサイレンスほどの名馬が日本に輸入されたのは、貧弱な母系にあるといわれましたが、さらに社台ファーム(現在の社台グループの母体)の総帥・吉田善哉氏の執念もあったのは確かです・・・
 
サンデーサイレンスは、日本に輸入され、種牡馬となると初年度から大成功し、2世代の産駒だけ(史上初)で、1995年にリーディングサイヤーとなり、2007年までリーディングサイヤーとして君臨しました・・・
 
史上1位タイ(トウルヌソルと並ぶ)の6頭の日本ダービー馬、史上1位(クモハタの7頭を更新)の8頭(9勝、スペシャルウィークが天皇賞の春秋連覇で2勝)の天皇賞馬を出すなどクラシック、大レースを席捲・・・
中央競馬の牡馬(ディープインパクト)と牝馬(スティルインラブ)の3冠馬も出しましたが、日本で牡牝の両方の3冠馬は、サンデーサイレンスが初です・・・
 
 
サンデーサイレンスについては、「サンデーサイレンンス」「サンデーサイレンスを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック