2017年03月26日

「超光速」で駆け抜けたアグネスタキオンと歴史的名牝ダイワスカーレット

日本の競馬でアグネスタキオンは、4戦4勝で皐月賞を圧勝し、けがのため、そのまま現役引退しました・・・
 
アグネスタキオンの世代は、その後の世代間の競争でも強さを発揮し、世代をリードしたアグネスタキオンは、「幻の3冠馬」といわれることも・・・
 
競走馬として名馬だったアグネスタキオンは種牡馬としても大活躍します・・・
 
中央競馬で、内国産種牡馬がリーディングサイヤーになったのは、1957年のクモハタが最初で、2008年にアグネスタキオンが51年ぶりにリーディングサイヤーに・・・
 
しかし、アグネスタキオンは、リーディングサイヤーを獲得した翌年の2009年に急死・・・
 
11歳の若さでした・・・
 
これ(アグネスタキオンのリーディングサイヤー)をきっかけに、マンハッタンカフェ、キングカメハメハなどを経て現在(2017年)はディープインパクトと内国産種牡馬のリーディングサイヤーの系譜が続いています・・・
 
アグネスタキオンは、日本で種牡馬として革命的成功をしたサンデーサイレンスの産駒・・・
 
タキオンとは、「超光速粒子」のことですが、アグネスタキオンは、競走馬も種牡馬も「超光速」で駆け抜けていきました・・・
 
アグネスタキオンは、有馬記念などを制したダイワスカーレットいう歴史的名牝も輩出しています・・・
 
 
アグネスタキオンについては、「アグネスタキオン」「アグネスタキオンを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
 
ダイワスカーレットについては、「ダイワスカーレット」「ダイワスカーレットを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448397248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック