2017年04月09日

第77回桜花賞はレーヌミノルが優勝、ソウルスターリングが3着に敗れる!など

9日に、競馬の牝馬1冠目の第77回桜花賞(G1、阪神競馬場芝1600メートル)が行われ、圧倒的1番人気の父が怪物・フランケル産駒で、母もG1・6勝のスタセリカの娘・ソウルスターリングが3着に敗れました・・・
 
優勝したのは、8番人気の池添謙一騎手騎乗のレーヌミノル・・・
 
レーヌミノルは、私も注目していたマイル(1500メートル)が得意なダイワメジャー産駒でしたね・・・
 
でも、まさかソウルスターリングに勝ち、桜花賞を制覇するとは・・・
 
2着は、1/2馬身差で3番人気のリスグラシュー、3着がさらにクビ差で圧倒的1番人気のソウルスターリング・・・
 
ソゥルスターリングは、直線で抜け出せませんでした・・・
 
牝馬2冠目の800メートルの距離が伸びるオークス(芝2400メートル)は、どうなる!?
 
来週の16日は、牝馬の注目馬のファンディーナ(父ディープインパクト)が牡馬に挑戦する3冠第1弾の皐月賞(G1、中山競馬場芝2000メートル)・・・

こちらも注目ですね・・・


8日に、第35回ニュージーランドトロフィーが行われ、12番人気のジョーストリクトリが優勝・・・

優勝馬と2着メイソンジュニア、3着ポンセルヴィソーナは、NHKマイルカップの優先出走権獲得・・・

1番人気のクライムメジャーは8着・・・


同日に、第60回阪神牝馬特別が行われ、1番人気でのミッキークイーンが優勝・・・

オークス・秋華賞の牝馬2冠とエリザべス女王杯のG1・3勝のメイショウマンボは、このレースがラストランで14着・・・
 
優勝は、ヴィクトリアマイルの優先出走権獲得・・・


posted by keiba-meeting at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック