2017年04月12日

トキツカゼの皐月賞制覇

皐月賞では、牝馬で最初に皐月賞を制した名牝トキツカゼも印象に残っていますね・・・
 
1947年のレースで、もちろんリアルタイムで見ていませんが、6馬身差の圧勝ぶりとオークスの大差勝ちは凄いと思います・・・
 
そもそも牝馬での皐月賞勝ちは、23頭が挑戦して、このトキツカゼと翌年の1948年のヒデヒカリの2頭のみ・・・
 
牡馬も参戦するクラシックに勝った牝馬はわずか6頭・・・
ヒサトモクリフジ、トキツカゼ、ブラウニー、ヒデヒカリ、ウオッカ
内訳は・・・
皐月賞・・・ 1947年トキツカゼ、1948年ヒデヒカリ
日本ダービー・・・1937年ヒサトモ、1943年クリフジ、2007年ウオッカ
菊花賞・・・1943年クリフジ、1947年ブラウニー
 
今年は、牝馬のファンディーナの参戦で7頭目の偉業がなるか注目されています・・・
 
トキツカゼは、繁殖牝馬として、オートキツ(日本ダービー)、オンワードゼア(天皇賞・春、有馬記念)を出し、牝系から1998年のオークスのウメノファイバーを出しています・・・
posted by keiba-meeting at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック