2017年04月14日

ヒデヒカリの皐月賞制覇

競馬の皐月賞で牝馬が勝ったのは、1947年のトキツカゼ、1948年のヒデヒカリの2頭のみ・・・
 
今年(2017年)の皐月賞に、牝馬として参戦するファンディーナ(父ディープインパクト)が、もし勝てば、ヒデヒカリ以来69年ぶり3頭目の快挙・・・
 
牝馬でここまで最後に勝ったヒデヒカリとは・・・
 
ヒデヒカリの繁殖成績は、障害に強いイメージ程度ですが、ヒデヒカリの母・アステリモアには、別の物語が・・・
 
アステリモアは、記念すべき第1回オークス(当時は秋開催で阪神優駿牝馬の名称、ヒデヒカリの時代も秋開催ながら優駿牝馬の名称)の優勝馬・・・
 
優勝騎手は、18歳8ヶ月の保田隆芳騎手で、これが史上最年少のクラシック制覇・・・
(JRA設立後の最年少クラシック制覇は、武豊騎手の菊花賞の19歳8ヶ月)
 
おそらく今の競馬体系から保田騎手の最年少クラシック制覇は、不滅の記録だと思われます・・・
 
ヒデヒカリの1948年の皐月賞制覇は、もちろんリアルタイムでは見ていませんが、今のところ最後の牝馬の皐月賞制覇ですね・・・
posted by keiba-meeting at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック