2017年04月15日

ミホシンザンの皐月賞制覇

16日に、競馬の皐月賞(G1、中山競馬場芝2000メートル)が行われますね・・・
 
ミホシンザンの勝ったレースも印象深いですね・・・
 
ミホシンザンは、3歳(当時は馬齢旧表記で4歳)にデビューと、デビューが遅かったですが、3戦3勝、スプリングステークスを勝ち、皐月賞へ・・・
皐月賞では、ミホシンザンが5馬身差の圧勝をし、ミスターシービーシンボリルドルフに続く3年連続3冠馬も期待されましたが、ミホシンザンは骨折で日本ダービーに出られず・・・
(ミホシンザンは、皐月賞の圧勝ぶり、その後の菊花賞勝ちから「幻の3冠馬」とも・・・)
(この年の日本ダービーは、重馬場で、重馬場の得意なシリウスシンボリが優勝、ミホシンザンは重馬場を不得意としたため、もし日本ダービーに出られても勝てなかったのでは・・・との見方も・・・)
秋に、セントライト記念で復帰しましたが、セントライト記念は、苦手の不良馬場(重馬場では最悪のコンデション)ため、タイガーボーイの5着、京都新聞杯を優勝し、菊花賞も優勝し、2冠馬に・・・
暮れの有馬記念は、シンボリルドルフに完敗の2着・・・
4歳(当時は5歳)で、日経賞がチェスナットバレーの6着、骨折で秋に復帰も毎日王冠と天皇賞・秋は、ともにサクラユタカオーの3着、ジャパンカップは日本馬最先着のジュピターアイランドの3着も有馬記念はダイナガリバーの3着・・・
5歳(当時は6歳)で、アメリカジョッキークラブカップ、日経賞、天皇賞・春と3連勝し現役引退・・・
 
同世代の日本ダービー馬・シリウスシンボリは、日本ダービーを勝った後、足掛け3年ヨーロッパ遠征したが、未勝利・・・
日本復帰後も未勝利で現役引退・・・
 
皐月賞でのミホシンザンの圧勝は、鮮やかでしたね・・・
posted by keiba-meeting at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449032541
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック