2017年04月15日

アグネスタキオンの皐月賞制覇

競馬の皐月賞では、アグネスタキオンの勝ったレースも印象深いですね・・・
 
アグネスタキオンは、皐月賞まで4戦4勝で、皐月賞を1馬身1/2差で快勝したものの、脚部不安で現役引退・・・
アグネスタキオンの世代が、世代間闘争でも強さを見せ(いわゆる「強い世代」)、アグネスタキオンは世代の飛び抜けたトップであったため、「幻の3冠馬」といわれることも・・・
 
現役引退後は、種牡馬として、有馬記念を勝ち、桜花賞、秋華賞の牝馬2冠(オークスは感冒で回避)とエリザベス女王杯を勝ったダイワスカーレットなどを出し、2008年の中央競馬のリーディングサイヤーになりました・・・
これは、内国産種牡馬としては、1957年のクモハタ以来51年ぶりの快挙・・・
その後、マンハッタンカフェ、キングカメハメハディープインパクトと続く内国産種牡馬のリーディングサイヤーのきっかけとなりました・・・
しかし、アグネスタキオンは、リーディングサイヤーを獲得した翌年の2009年に11歳の若さで急死・・・
 
アグネスタキオンは、父が大種牡馬のサンデーサイレンス、母が桜花賞馬でオークス2着のアグネスフローラで、祖母がオークス馬のアグネスレディー、アグネスタキオンの全兄が日本ダービー馬のアグネスフライトという超良血馬で、競走馬としての早すぎる引退、種牡馬としての早すぎる急死が惜しまれます・・・
 
アグネスタキオンは、「超光速」(タキオンとは「超光速粒子」)で駆け抜けていきました・・・
 
 
アグネスタキオンについては、「アグネスタキオン」「アグネスタキオンを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック