2017年04月18日

ナリタブライアンの皐月賞制覇

競馬の皐月賞では、ナリタブライアンの勝ったレースも印象深いですね・・・
 
ナリタブライアンは、2歳王者(当時の朝日杯3歳ステークス勝ち馬)で、関係者からも高い評価を受けていたが、一般には、3歳(当時は4歳)のスプリングステークスの勝利で、クラシックの最有力となりました・・・
 
スプリングステークスを勝ち、皐月賞へ進んだナリタブライアンは、皐月賞で1分59秒0の皐月賞2000メートルで初めて1分を切る当時の皐月賞レコードで3馬身1/2差と快勝・・・
 
中山競馬場が整備されていたとはいえ、昨年のナリタタイシンの2分00秒2を破るレコードの見事な勝ち方に、ナリタブライアンの「3冠」を確信しました・・・
(以前の中山競馬場は、冬から春先には、タイムがかった)
 
日本ダービーが2分25秒7の5馬身差の圧勝、京都新聞杯は2着に敗れるも、菊花賞で3分04秒6の菊花賞レコードで7馬身差の圧勝・・・
日本競馬史上5頭目の3冠馬に・・・
歴代の3冠馬では、3冠で、一番大差をつけています・・・
3歳時の3冠と有馬記念(後述)の圧倒的パフォーマンスから日本競馬史上最強馬とする人も・・・
 
暮れの有馬記念も優勝し、JRA賞年度代表馬・・・
 
4歳(当時は5歳)では、阪神大賞典で、勝ちますが、脚部不安で休養、秋に復帰し、天皇賞・秋12着、ジャパンカップ6着、有馬記念4着・・・
 
5歳(当時は6歳)では、阪神大賞典で、マヤノトップガンとの「名勝負」を競り勝つが、天皇賞・春がサクラローレルの2着・・・
次は3200メートルの天皇賞・春から1200メートルの高松宮記念に挑むが、4着に敗れ、その後脚部不安で現役引退・・・
 
種牡馬としては、早世します・・・
 
 
ナリタブライアンについては、「ナリタブライアン」「ナリタブライアンを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449115700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック