2017年04月29日

ライスシャワーの天皇賞・春制覇(2回目)

競馬の天皇賞・春で印象に残っているレースといえば、ライスシャワーの1995年の2回目の天皇賞・春の勝利もそうですね・・・
 
ミホノブルボンの菊花賞での3冠阻止、メジロマックイーンの天皇賞・春3連覇阻止をした「刺客」ライスシャワーが、このレースでは、狙うべき「ターゲット」、本命馬がおらず、自身がこのレースの「主役」でした・・・
 
ライスシャワーは、ロングスパートで、追撃を押し切り、このレースを粘り勝ちしました・・・
 
ミホノブルボンやメジロマックイーンのためにも、このレースは「負けられないレース」でした・・・
 
淀(京都競馬場)が得意(菊花賞・天皇賞・春はともに京都競馬場)のライスシャワーは、1995年の天皇賞・春を「主役」で勝ち、この年は、改修工事で、阪神競馬場でなく、京都競馬場で行われた宝塚記念で、レース中に故障し、予後不良に・・・
 
まさかの「悲劇」の結末・・・
 
1995年の天皇賞・春のライスシャワーの「刺客」ではなく「主役」として勝ったレースは、その後の宝塚記念の「悲劇」と合わせ、リアルタイムで見ましたが、印象深いレースでしたね・・・
posted by keiba-meeting at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック