2017年04月30日

タイテエムの天皇賞・春制覇

競馬の天皇賞・春で印象に残っているレースといえば、タイテエムの勝ったレースもそうですね・・・
 
タイテエムは、1972年のクラシックの年の世代で、ロングエース(日本ダービー)、ランドプリンス(皐月賞)、イシノヒカル(菊花賞、有馬記念)とともに、「最強世代」の「4強」の一角とされました・・・
 
しかし、クラシックでは、皐月賞7着、日本ダービー3着、菊花賞2着で「無冠」・・・
 
タイテエムは、「無冠の帝王」あるいは四白流星の美しい容姿から「無冠の貴公子」と呼ばれました・・・
 
しかし、1973年の天皇賞・春で、勝ち、このレースを実況した杉本清アナウンサーから「無冠の貴公子に春が訪れます」と実況されます・・・
 
1973年のタイテエムが勝った天皇賞・春は、リアルタイムで見ていませんが、タイテエムが泥んこの馬場の中で白いメンコを真っ黒にしながら「無冠の帝王」を返上したレースとして、印象深いですね・・・・
posted by keiba-meeting at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449467683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック