2017年05月09日

エアグルーヴのオークス制覇

競馬のオークス(優駿牝馬)で印象に残っているレースといえば、エアグルーヴの勝ったレースもそうですね・・・
 
エアグルーヴは、史上最も激戦といわれたオークスを制したダイナカールの娘で、3歳(当時の4歳)時、桜花賞の前哨戦・チューリップ賞で5馬身の圧勝をし、桜花賞の本命とされますが、熱発で回避・・・
オークスはぶっつけで挑みますが、1番人気に支持され、オークスを快勝し、ダイナカールとの母娘制覇達成・・・
 
その後のエアグリーヴは、牝馬3冠目の秋華賞をぶっつけで挑みますが、パドックでのフラシュでの撮影が影響したのか10着に敗れ、この後、パドックでの撮影が禁止に・・・
 
翌年に、牝馬ながら天皇賞・秋を制する・・・
 
それ以降も、牡馬と互角以上に戦う・・・
 
現役引退後も、繁殖牝馬として、牝馬3冠(桜花賞3着・オークス7着・秋華賞2着)ですべて1番人気で、エリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴ(父サンデーサイレンス)やルーラーシップ(父キングカメハメハ)(香港のクイーンエリザベス2世カップ)などを出し、さらにアドマイヤグルーヴは、ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)(皐月賞・日本ダービー)を出しています・・・
 
1996年のオークスは、リアルタイムで見ましたが、エアグルーヴが勝ってダイナカールとの母娘制覇をしたレースとして印象深いですね・・・
posted by keiba-meeting at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック