2017年05月12日

クモハタの日本ダービー制覇

競馬の日本ダービーで印象に残っているレースといえば、クモハタの勝ったレースもそうですね・・・
 
クモハタは、競走成績が21戦9勝で、日本ダービー優勝以外に目立った成績を残していませんが、日本ダービー制覇まで、デビューから9日という今後も今の競馬体系などでは、破られない史上最短キャリアの日本ダービー制覇をしています・・・
脚部不安を抱えながらの記録達成・・・
さらに、現役引退後は、種牡馬として名馬メイヂヒカリなど7頭の天皇賞馬を出しています・・
(2006年に、サンデーサイレンスの産駒が天皇賞・秋に勝ち、サンデーサイレンスが8頭の天皇賞馬(天皇賞9勝)を出すまでの記録)
 
競走成績は、それほどではありませんでしたが、種牡馬として内国産種牡馬初のリーディングサイヤー・・・
 
そんな優れた種牡馬成績のクモハタも最期は伝貧の診断で殺処分・・・
 
クモハタが最後に、リーディングサイヤーになったのは、1957年で、内国産種牡馬のリーディングサイヤーは、2008年のアグネスタキオンまで出現しませんでした・・・
 
1939年の日本ダービーは、もちろんリアルタイムでは見ていませんが、クモハタのデビュー9日での日本ダービー制覇と優れた種牡馬成績もあり、印象に残っています・・・
posted by keiba-meeting at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック