2017年05月17日

ハイセイコーが3着に敗れた日本ダービー(優勝:タケホープ)

競馬の日本ダービー(東京優駿)で印象に残っているレースといえば、タケホープの勝ったレースというより、ハイセイコーが3着に敗れたレースもそうですね・・・
 
ハイセイコーは、2歳(当時の3歳)7月に、地方競馬でデビューし、3歳(当時の4歳)春まで、デビュー以来6連勝で中央競馬入り・・・
中央競馬入り後も、弥生賞、スプリングステークスと勝ち続け、皐月賞へ・・・
皐月賞でも勝ち、NHK杯も勝って10戦10勝で、日本ダービーへ・・・
しかし、日本ダービーでタケホープの3着に敗れ、初黒星・・・
秋に京都新聞杯2着で、菊花賞がタケホープのハナ差の2着・・・
暮れの有馬記念がストロングエイトの3着・・・
4歳(当時の5歳)になると、主な戦績で、天皇賞・春がタケホープの6着、中距離の宝塚記念、高松宮杯を連勝し、有馬記念のタニノチカラの2着を最後に現役引退・・・
 
現役引退後は、日本ダービー、天皇賞・春のカツラノハイセイコ、皐月賞のハクタイセイなどを出し成功・・・
 
ハイセイコーは、第1次競馬ブームの主役で、第2次競馬ブームの主役・オグリキャップらとともに、「アイドルホース」とされます・・・
 
1973年の日本ダービーは、もちろんリアルタイムで見ていませんが、社会現象にまでなったハイセイコーが3着に敗れたレースとして印象に残っています・・・
(まだ、競馬はよく知りませんでしたが、ハイセイコーの名前は知っていました)
posted by keiba-meeting at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449965869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック