2017年05月18日

カブラヤオーの日本ダービー制覇

競馬の日本ダービー(東京優駿)で印象に残っているといえば、カブラヤオーの勝ったレースもそうですね・・・
 
カブラヤオーは、2歳(当時の3歳)11月に、デビューし、デビュー戦2着を受け、2戦目から連勝し、春の牡馬の主役に・・・
東京4歳ステークス(当時は馬齢旧表記、現在の共同通信杯)では、牝馬の春のクラシックの主役・テスコガビーとの「夢の対決」が実現しましたが、ここでもカブラヤオーはクビ差で勝ち、4連勝(テスコガビーは2着)・・・
6連勝で、皐月賞を制し、8連勝で日本ダービーも制し、2冠馬に・・・
脚部不安で、4歳(当時の5歳)5月に復帰し、オープンを勝ち9連勝・・・
しかし、続くオープンで11着と敗れ、連勝ストップ・・・
短距離ステークス、オープンと勝ち、現役引退・・・
 
現役引退後は、種牡馬として、エリザベス女王杯のミヤマポピー、日本ダービー2着のグランパズドリームなどを出しています・・・
 
1975年の日本ダービーは、もちろんリアルタイムで見ていませんが、驚異的ハイペースで逃げたカブラヤオーが2冠馬となったレースとして印象に残っています・・・
posted by keiba-meeting at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック