2017年05月20日

シンボリルドルフの日本ダービー制覇

競馬の日本ダービー(東京優駿)で印象に残っているレースといえば、3冠馬シンボリルドルフの勝ったレースもそうですね・・・
 
私は、個人的には、シンボリルドルフが日本競馬史上最強馬だと思っています・・・
 
シンボリルドルフは、2歳(当時の3歳)7月に、デビューし、2歳戦を3戦3勝・・・
3歳(当時の4歳)になると、弥生賞勝利を受け、4戦4勝で皐月賞へ・・・
皐月賞を当時のレースレコードで勝ち、日本ダービーへ・・・
日本ダービーでは、初めて馬群にもまれる苦しい競馬をしますが、日本ダービーも勝利・・・
このレースで、シンボリルドルフ騎乗の岡部幸雄騎手は、シンボリルドルフの反応の悪さに焦りますが、直線に向くと、シンボリルドルフが自ら加速し、直線を抜け出し、快勝・・・
(ちなみに、それまでシンボリルドルフ以外に敗れたことのないビゼンニシキは14着)・・・
秋に、セントライト記念を快勝し、菊花賞も勝利・・・
日本競馬史上初の無敗の3冠馬(後に、ディープインパクトも達成)・・・
続く、ジャパンカップは、1年前の3冠馬ミスターシービーとの「3冠馬対決」に注目されますが、シンボリルドルフは中一週のきついローテーションと体調不良・・・
このレースは3着と初めて敗れます・・・
優勝は、日本馬のカツラギエースが逃げ切り勝ち・・・
ミスターシービーは10着・・・・
暮れの有馬記念では、シンボリルドルフの楽勝(カツラギエース2着、ミスターシービー3着)・・・
この年の年度代表馬・・・
4歳(当時の5歳)になると、天皇賞・春(ミスターシービー5着)を勝ち、宝塚記念を脚部不安で回避も、秋に天皇賞・秋でギャロップダイナの2着の「敗れてなお強し」のレース内容を受け、ジャパンカップ、有馬記念と快勝・・・
この年も年度代表馬(2年連続)・・・
5歳(当時の6歳)で、アメリカでサンルイレイステークスでダハールの6着・・・
レース中の故障で現役引退・・・
 
現役引退後は、種牡馬として、名馬トウカイテイオーなどを出しています・・・
 
シンボリルドルフは、父パーソロン母スイートルナ(父スピードシンボリ)という血統で、シンボリ牧場の総帥・和田共弘氏のこだわりの血統・・・
 
1984年の日本ダービーは、リアルタイムで見ましたが、日本競馬史上最強馬と私が思うシンボリルドルフが苦しい競馬の中で勝ったレースとして印象深いですね・・・
 
 
シンボリルドルフについては、「シンボリルドルフ」「シンボリルドルフを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
 
posted by keiba-meeting at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック