2018年04月29日

第157回天皇賞・春はレインボーラインが優勝!など

29日に、競馬の第157回天皇賞・春(G1、京都競馬場、芝3200メートル)は、2番人気で岩田康誠騎手騎乗のレインボーラインが優勝・・・

2着はクビ差で1番人気のシュヴァルグラン、3着はさらに1/2馬身差で4番人気のクリンチャー・・・

勝ったレインボーラインは、レースで脚を故障し、レース後に騎手が下馬・・・

故障の状態が気になります・・・



同日に、重賞ではありませんが、スイートピーステークスが行われ、4番人気の米国産のランドネが優勝・・・

ランドネはオークスの優先出走権を得たが、クラシック登録がないため、追加登録するかは今後協議・・・



28日に、日本ダービートライアル・第25回青葉賞は、6番人気の蛯名正義騎手騎乗のゴーフォアザサミットが優勝・・・


2着のエタリオウまでが日本ダービー優先出走権・・・


1番人気のスーパーフェザーが3着・・・
posted by keiba-meeting at 16:29| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください