2018年07月08日

障害最強馬・オジュウチョウサンが平地初優勝!

7日に、中央競馬で2016年・2017年の2年連続で最優秀障害馬に輝いたオジュウチョウサンが福島6レースの平地競走・開成山特別(3歳上500万下)で武豊騎手騎乗で3馬身差の圧勝・・・

障害G1では、5勝(障害重賞は9勝)をしているが、平地勝利は、今回が初勝利・・・

これで通算戦績は、23戦13勝(うち障害20戦12勝・平地3戦1勝)・・・

障害G1を勝ったオジュウチョウサンは、平地でもG1勝利の「二刀流」を狙う!


▼障害帰りのG1馬
1984年にグレード制が導入されて以降、障害レースを経験して平地重賞を勝った馬は7頭いるが、G1を勝ったのはメジロパーマーだけ・・・

同馬は、1991年の平地G3・札幌記念を勝ったが、同年秋に障害へ・・・、再び平地に戻り、1992年の宝塚記念と有馬記念を勝ち、G1・2勝で同年のJRA賞最優秀5歳以上牡馬に選出された・・・
posted by keiba-meeting at 09:00| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください