2019年04月14日

ハードバージの勝った皐月賞

私は、ハードバージが勝った皐月賞も印象深いですね・・・

ハードバージも皐月賞ではある程度強い勝ち方でしたが、これは天才・福永洋一の伝説の「神騎乗」によるところも多い・・・

このレースで一緒に参戦した騎手たちから「内埒の上を走ってきたと思った」「神業に見えた」といわしめた「神騎乗」・・・

この世代は、弱い世代といわれ、この世代の最強は、当時はクラシックなどに出られなかったスーパーカー、英3冠馬のニジンスキー産駒で牝系も良血の持ち込み馬のマルゼンスキーだといわれる・・・
(この時期は、持ち込み馬は、クラシックなどに出られなかったが、少し前の年の持ち込み馬ならクラシックなどに出られ、日本ダービー優勝のヒカルメイジ、天皇賞・春優勝のハクズイコウ、タイテエムがいた・・・)
(マルゼンスキーが唯一出られた大レースは有馬記念だったが、このレースも故障で回避してしまう)
(通算戦績8戦8勝、2着に着けた着差は短い距離のレースばかりなのに驚異の合計61馬身に及んだ)

いわく、この世代は「マルゼンスキー世代」・・・

この年のクラシックは、皐月賞・ハードバージ、日本ダービー・ラッキールーラ、菊花賞・プレストウコウで、いずれも古馬になり他の世代との対決で苦戦し、「弱い世代」として定着している・・・

ハードバージは、皐月賞を勝った後、日本ダービー2着で現役引退をしてしまったし、ラッキールーラは、日本ダービーを勝った後は2勝しただけ・・・プレストウコウも菊花賞を勝った後で3勝しただけ、なによりプレストウコウは日本短波賞でマルゼンスキーに7馬身差の2着と完敗している・・・
いずれも古馬で大レースに勝っていない・・・

この世代では、マルゼンスキーが跳び抜け、マルゼンスキーだけは「弱い世代」で強かった・・・

前述したが、ハードバージの皐月賞が印象深いのも天才・福永洋一の「神騎乗」があるからだ・・・
posted by keiba-meeting at 17:22| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください