2019年10月23日

JRAの名勝負・ウオッカの勝った天皇賞・秋

27日に、競馬の天皇賞・秋(G1、東京競馬場芝2000メートル)が行われる予定ですが、最近の天皇賞・秋、いやJRAの名勝負では、2008年のウオッカの勝った天皇賞・秋が思い出されます・・・

当時のレコード決着で休み明けでハイペースで逃げたダイワスカーレットが二の足を使い、写真判定に持ち込んだレースです・・・

当時のレコード決着で勝ったウオッカも見事でしたが、休み明けをハイペースで逃げ、二の足を使い、写真判定のハナ差の2着になったダイワスカーレットは「負けてなお強し」のレースでした・・・

このレースは、勝ったウオッカも凄かったですが、2着のダイワスカーレットも勝ったウオッカ以上に「凄さ」を感じました・・・
posted by keiba-meeting at 08:05| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください