2019年10月28日

第160回天皇賞・秋はアーモンドアイが優勝!

27日に、G1馬10頭の豪華な顔ぶれとなった競馬の第160回天皇賞・秋は、1番人気のアーモンドアイが優勝・・・

勝ちタイムも1分56秒2で、スローに近い流れだったことを考えると優秀で、3馬身差の圧勝は、アーモンドアイが、揺るぎのない「日本現役最強馬」であることを証明しました・・・

世界のスプリンター(アーモンドアイは距離を克服)・ロードカナロアの代表産駒で、これでG1・6勝目・・・


騎乗のクリフトフ・ルメール騎手は、天皇賞3連覇(2018年(平成30年)・天皇賞・秋、2019年(平成31年)・天皇賞・春、2019年(令和元年)・天皇賞・秋)・・・
平成の最後と令和の最初の天皇賞を制しました・・・


天皇賞・秋といえば、シンボリルドルフダイワスカーレットが2着に敗れながら「負けてなお強し」を証明したレースとして印象にありますが、アーモンドアイは勝って「強さ」を証明しました・・・

2番人気のサートゥルナーリアは6着と失速、3番人気のダノンプレミアムは、3馬身差の2着・・

posted by keiba-meeting at 08:28| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください