2019年11月17日

第36回マイルチャンピオンシップの枠順と私の注目馬!など

17日15時40分発走予定の競馬の第36回マイルチャンピオンシップ(G1、京都競馬場芝1600メートル)の枠順と私の注目馬を以下
に示します・・・

第36回マイルチャンピオンシップの枠順
1-1  ダノンキングリー
1-2  グァンチャーレ
2-3  マイスタイル
2-4  レッドオルガ
3-5  インディチャンプ
3-6  フィアーノロマーノ
4-7  ペルシアンナイト
4-8  プリもシーン
5-9  クリノガウディー
5-10 アルアイン
6-11 カテドラル
6-12 モズアスコット
7-13 タイムトリップ
7-14 ダノンプレミアム
8-15 ダイアトニック
8-16 エメラルファイト
8-17 レイエンタ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は、天皇賞・秋2着のディープインパクト産駒のダノンプレミアム、皐月賞3着・日本ダービー2着のディープインパクト産駒のダノンキングリー、安田記念の勝ち馬・インディチャンプ、2017年の皐月賞馬で大阪杯を勝ちライアン・ムーア騎手騎乗のアルアイン、フランケル産駒のモズアスコット、2017年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬のペルシアンナイト、クリフトフ・スミヨン騎乗のダイアトニックあたりか・・・



16日の第24回東京スポーツ杯2歳ステークスが行われ、1番人気のライアン・ムーア騎手騎乗のコントレイル(父ディープインパクト)が芝1800メートルの2歳日本レコードの1分44秒5で圧勝・・・
同馬はこれで2戦2勝・・・
騎乗のムーア騎手も「トップクラスの馬」と高評価・・・

騎乗のライアン・ムーア騎手は、欧州のトップジョッキーで、凱旋門賞2勝など世界中の大レースを勝っており、今年も国際ステークス(英G1・ジャパン)などに勝っています・・・
アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎の主戦騎手で、日本でもイギリスのスノーフェアリーのエリザベス女王杯2連覇(2010年・2011年)やジャパンカップ(2013年・ジェンティルドンナ)勝利などがあります・・・
先週のエリザベス女王杯をラッキーライラックに騎乗して勝ったクリフトフ・スミオン騎手とともに注目・・・
posted by keiba-meeting at 08:37| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください