2018年06月24日

プリンスオブウェールズステークスで、クラックスマンが2着!

20日に、イギリスで、プリンスオブウェールズステークスが行われ、凱旋門賞でも前売り1番人気で、このレース1番人気のクラックスマンは2着・・・


優勝は、2番人気のポエッツワード・・・

この勝利で、同馬を管理するスタウト調教師は、アスコット開催の歴代単独最多勝76勝で、さらに最終レースでも勝利し、77勝に記録を伸ばした・・・
posted by keiba-meeting at 16:31| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

第239回英ダービーはマサーが優勝!ディープインパクト産駒のサクソンウォリアーは4着!

2日に、すべてのダービーの規範とされるイギリスの第239回英ダービーが行われ、イギリスのマサーが優勝・・・


日本馬初の同レース制覇を狙ったディープインパクト産駒で、英3冠1冠目の英2000ギニーを勝っていたサクソンウォリアーは、4着・・・
サクソンウォリアーは、デビュー以来5戦目で初黒星で快挙ならず・・・
 
快挙を阻んだのは、馬主がゴドルフィンのマサーだった・・・
posted by keiba-meeting at 07:10| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

第44回クイーンエリザベス2世カップで日本から参戦のアルアインは5着!など

29日に、香港で第44回クイーンエリザベス2世カップが行われ、日本から参戦のアルアインは5着、ダンビュライトが7着・・・

優勝は、地元のパキスタンスター・・・



同日に、第40回チェアマンズスプリントプライスが行われ、日本から参戦のファインニードルが4着・・・
posted by keiba-meeting at 06:16| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ペガサスワールドCでガンランナーが有終V!

27日に、アメリカで、世界最高賞金レース・ペガサスワールドカップが行われ、昨年のアメリカの年度代表馬で、このレースでも1番人気のガンランナーが2着ウエストコーストに2馬身1/2差をつけて優勝・・・

ガンランナーは、このレースが引退レースで昨年から5連勝で有終の美を飾りました・・・

通算戦績19戦12勝でG1・6勝・・・

今後は種牡馬へ・・・

posted by keiba-meeting at 20:13| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

2017年度ワールドベストホースでアロゲートが1位!

24日に、国際競馬統括機関連盟(IFHA)は、2017年度のワールドベストホースランキングを発表・・・
(対象は1月1日から12月31日まで)

トップは2016年に続き2年連続でアメリカのアロゲート(134ポンド、ペガサスワールドカップ、ドバイワールドカップなど圧勝)・・・
2年連続1位は、2011年、2012年のフランケル以来・・・

日本調教馬ではキタサンブラックの9位タイが最高位・・・


2017年世界のトップ100G1では、1位は凱旋門賞・・・

日本では12位タイのジャパンカップ、天皇賞・春が最高位・・・


私なら凱旋門賞馬・イネーブルがワールドベストホースの1位ですが・・・

posted by keiba-meeting at 10:59| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

トレヴを管理したヘッド調教師が引退!

凱旋門賞連覇の名牝・名馬のトレヴを管理した女性調教師・クリスティーヌ・ヘッド調教師が来月で引退へ・・・

ヘッド調教師は、祖父、両親、兄がホースマンという競馬一家・・・

1979年の凱旋門賞(スリートロイカス)を制すなど、フランスを中心に欧州の大レースを数多く制した・・・
posted by keiba-meeting at 12:12| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

武豊騎手がIFHA国際功労賞受賞!

11日に、大阪市内の記者会見で、JRA所属の武豊騎手が2017年度のロンジンIFHA(国際競馬統括機関連盟)国際功労賞を受賞を発表・・・

日本人の同賞受賞は初・・・

通算3940勝、23年連続G1勝利、31年連続重賞勝ちといったJRA記録や、G1・9勝を含む海外8ヶ国で100勝以上の実績が評価・・・
posted by keiba-meeting at 08:57| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

香港国際競走の日本馬の結果

10日に行われた香港国際競走の日本馬のレース結果と優勝馬・・・

香港ヴァーズ
3着 トーセンバジル
9着 キセキ
優勝は1番人気のハイランドリール

香港スプリント
6着 レッツゴードンキ
12着 ワンスインナムーン
優勝は1番人気のミスタースタニング

香港マイル
11着 サトノアラジン
優勝は6番人気のビューティージェネレーション

香港カップ
3着 ネオリアリズム
4着 ステファノス
5着 スマートレイア―
優勝は3番人気のタイムワープ
posted by keiba-meeting at 10:58| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

香港国際競走の日本の出走馬!

10日の香港国際競走の日本の出走馬は・・・

香港カップ・・・
ネオリアリズム、ステファノス、スマートレイアー

香港マイル・・・
サトノアラジン

香港スプリント・・・
レッゴードンキ、ワンスインナムーン

香港ヴァーズ
トーセンバジル、キセキ
posted by keiba-meeting at 14:12| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

第96回凱旋門賞はエネイブルが圧勝!凱旋門賞全着順

1日に、フランスで世界最高峰レースの(第96回)凱旋門賞が行われ、「怪物牝馬」といわれる3歳牝馬のエネイブル(イネーブルとも)が厳しいマークをはねのけ圧勝・・・

エネイブルは、これでG1・5連勝、戦績7戦6勝・・・

エネイブルは、父が大種牡馬のガリレオ産駒のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス勝ち馬・ナサニエルの初年度産駒・・・

ガリレオはヨーロッパの至宝の大種牡馬のサドラーズウェルズ産駒であり、エネイブルの母の父がサドラーズウェルズであるため、エネイブルはサドラーズウェルズの3×2の強いインブリードなどをもつ・・・

4着にもガリレオ産駒・オーダーオブセントジョージが入り、サドラーズウェルズ→ガリレオの血統が上位5着までに2頭・・・

エネイブルに騎乗のランフランコ・デッド―リ騎手は、凱旋門賞単独最多勝の5勝目・・・

注目の日本から参戦のサトノダイヤモンドは15着・・・

第96回凱旋門賞の全着順は・・・

 1.エネイブル 2.28.69
 2.クロスオブスターズ 2馬身1/2
 3.ユリシーズ 1馬身1/4
 4.オーダーオブセントジョージ 1馬身1/2
 5.ブラムト 1馬身1/4

 6.チンギスシークレット
 7.イキ―トス
 8.アイダホ
 9.ウィンター
10.ザラック
11.ワンフットインヘヴン
12.ドーハドリーム
13.プリュマティック
14.セブンスヘブン
15.サトノダイヤモンド
16.サトノノブレス
17.カプリ
18.シルバーウェーブ
posted by keiba-meeting at 09:25| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする