2017年10月02日

第96回凱旋門賞はエネイブルが圧勝!凱旋門賞全着順

1日に、フランスで世界最高峰レースの(第96回)凱旋門賞が行われ、「怪物牝馬」といわれる3歳牝馬のエネイブル(イネーブルとも)が厳しいマークをはねのけ圧勝・・・

エネイブルは、これでG1・5連勝、戦績7戦6勝・・・

エネイブルは、父が大種牡馬のガリレオ産駒のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス勝ち馬・ナサニエルの初年度産駒・・・

ガリレオはヨーロッパの至宝の大種牡馬のサドラーズウェルズ産駒であり、エネイブルの母の父がサドラーズウェルズであるため、エネイブルはサドラーズウェルズの3×2の強いインブリードなどをもつ・・・

4着にもガリレオ産駒・オーダーオブセントジョージが入り、サドラーズウェルズ→ガリレオの血統が上位5着までに2頭・・・

エネイブルに騎乗のランフランコ・デッド―リ騎手は、凱旋門賞単独最多勝の5勝目・・・

注目の日本から参戦のサトノダイヤモンドは15着・・・

第96回凱旋門賞の全着順は・・・

 1.エネイブル 2.28.69
 2.クロスオブスターズ 2馬身1/2
 3.ユリシーズ 1馬身1/4
 4.オーダーオブセントジョージ 1馬身1/2
 5.ブラムト 1馬身1/4

 6.チンギスシークレット
 7.イキ―トス
 8.アイダホ
 9.ウィンター
10.ザラック
11.ワンフットインヘヴン
12.ドーハドリーム
13.プリュマティック
14.セブンスヘブン
15.サトノダイヤモンド
16.サトノノブレス
17.カプリ
18.シルバーウェーブ
posted by keiba-meeting at 09:25| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

速報!第96回凱旋門賞はエネイブルが圧勝!日本から参戦のサトノダイヤモンドは15着!

10月1日に、フランスで第96回凱旋門賞が行われ、1番人気の「怪物牝馬」といわれる3歳牝馬のエネイブル(イネーブルとも)が、エネイブル包囲網の厳しいマークをものともせず圧勝・・・

注目の日本から参戦のサトノダイヤモンドは着外の15着・・・
(同厩舎のやはり日本から参戦のサトノノブレスも着外の16着)

日本競馬の悲願である日本馬の凱旋門賞制覇はまたもならず・・・

詳細は後ほど・・・

まずは速報まで・・・
posted by keiba-meeting at 23:47| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第96回凱旋門賞の注目馬!

フランスで現地時間・10月1日16時5分(日本時間・23時5分)に凱旋門賞が行われます・・・

ちなみに枠順などは以下の通り・・・

1-4 ユリシーズ
2-17 エネイブル
3-5 クロスオブスターズ
4-14 ブラムト
5-10 サトノノブレス
6-11 イキ―トス
7-7 アイダホ
8-18 ウィンター
9-12 オーダーオブセントジョージ
10-8 チンギスシークレット
11-3 ワンフットインヘヴン
12-2 ドーハドリーム
13-9 サトノダイヤモンド
14-16 プリュマティック
15ー15 カプリ
16-6 シルバーウェーブ
17-13 ぜブンスヘヴン
18-1 ザラック
(注)
左から枠順、馬番、馬名
馬券は「馬番」で

本命は、イギリスの3歳牝馬・エネイブルでここまで英オークス、愛オークス、ヨークシャーオークス、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスとG1・4連勝中、戦績6戦5勝3着1回、重馬場も苦にせず血統が父が名競走馬で大種牡馬のガリレオの産駒で自身も「キングジョージ」の勝ち馬・ナサニエルで、母の父が大種牡馬のサドラーズウェルズで、サドラーズウェルズの3×2の強いインブリードなどをもち、騎乗も世界の名手で同レース最多勝タイ(4勝)のランフランコ・デッド―リ騎手でほとんど死角がない・・・
(データではイギリスの牝馬は凱旋門賞未勝利、英愛オークスやキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスなどがタフなためと思われるが、この馬の強さも「破格」でデータを覆せるか注目)
対抗はイギリスのガリレオ産駒ユリシーズ・・・
他ではフランス2冠馬(仏2000ギニー、仏ダービー)のブラムト・・・
前哨戦のフォワ賞勝ち馬のドイツのチンギスシークレット・・・
名競走馬でガリレオの半弟の良血のシーザスターズの産駒のクロスオブスターズ・・・
歴史的名牝のザルカヴァの産駒でサンクルー大賞勝ち馬のザラック・・・
ガリレオ産駒のアイダホ、オーダーオブセントジョージ、セブンスヘヴン、カプリ、ウィンター・・・
もちろん日本から参戦のディープインパクト産駒のサトノダイヤモンドにも注目・・・
posted by keiba-meeting at 09:07| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

凱旋門賞の本命馬・デッド―リ騎手騎乗の3歳牝馬・エネイブル!

10月1日に、フランスのシャンティ―競馬場で行われる第96回凱旋門賞で、日本競馬の悲願・同レース制覇を目指すサトノダイヤモンドの最大の壁ともいわれる大本命のイギリスの「キングジョージ」などの勝ち馬・3歳牝馬エネイブルに騎乗する世界の名手のランフランコ・デッド―リ騎手・・・

同騎手は、世界的名手(騎乗技術が世界一とも)で、オリビエ・ペリエ騎手らと並び凱旋門賞4勝は、同レース最多勝タイで、人馬(デッドーリ騎手・エネイブル)ともに、サトノダイヤモンドに立ちはだかる・・・
posted by keiba-meeting at 10:17| Comment(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

第109回サンクルー大賞はザラックが優勝など

2日に、フランスで第109回サンクルー大賞が行われ、ザラックが優勝・・・

ザラックは、これで12戦4勝でG1初制覇、母が凱旋門賞馬・ザルカヴァ・・・


同日に、ドイツで第148回独ダービーが行われ、ウインドストースが優勝・・・

日本産のプロミスオブピースが5着、ウォーリングステイツが18着・・・
posted by keiba-meeting at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

英ダービー馬・ウイングスオブイーグルが現役引退!

今年の英ダービー馬・ウイングスオブイーグルが電撃の現役引退・・・

戦績は7戦2勝・・・
posted by keiba-meeting at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

愛ダービーはカプリが優勝

1日に、アイルランドで、第152回愛ダービーが行われ、4番人気のカプリ(父ガリレオエイダン・オブライエン厩舎)が優勝・・・

1番人気の英ダービー馬・ウイングスオブイーグルは3着・・・
posted by keiba-meeting at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

第149回ベルモントステークスはタップリットが優勝、日本から参戦のエピカリスは出走取り消し・・・

アメリカ3冠の第3弾・第149回ベルモントステークスが行われ、2番人気のタップリットが優勝・・・

1番人気のアイリッシュウオークライは、2馬身差の2着・・・

日本から参戦のエピカリスは、すでにお伝えした通り、脚部不安で出走取消・・・
posted by keiba-meeting at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

第149回ベルモントステークスは、エピカリスが出走取消・・・

10日に、競馬で、アメリカ3冠レース・第3弾の第149回ベルモントステークス(G1、ベルモントパーク・ダート12ハロン=約2400メートル)が行われますが、注目は日本から参戦のエピカリス・・・

エピカリスは、前走のドバイのUAEダービーで2着と好走し、アメリカ3冠のケンタッキーダービー馬(オールウェイズドリーミング)もプリークネスステークス馬(クラウドコンピューティング)も未出走で、優勝のチャンスもあると思われましたが、同馬は、脚部不安のため、出走取消・・・

海外馬券の発売は、ありますが、日本馬の参戦や優勝の可能性は消えました・・・
posted by keiba-meeting at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

英ダービー制覇の様々なドラマ

今年の英ダービーは、さまざまなドラマが・・・

勝ったウイングスオブイーグルは、フランスで誕生・育成された馬による英ダービー制覇で、1965年のシーバード以来実に52年ぶりの快挙・・・
(管理は、アイルランドのエイダン・オブライエン調教師)

生産したモンタギュ牧場を経営するフォリアン夫妻にとって、プールモア(ウイングスオブイーグルの父)が勝った英ダービーで、自分の生産馬だったネイティブカーン(5着)の応援で、現地観戦し、プールモアの強さに魅せらられたのが今回の配合のきっかけ・・・

騎乗したP・ペギー騎手は、20代で、コカインの陽性反応で、処分を受けた経験があり、2015年秋に復帰後は、ドイル厩舎(A・オブライエン師の厩舎)の調教助手がメインだったが、今年4月に、母国アイルランドで重賞を初制覇し、今回の英ダービージョッキーに・・・

今後も、ウイングスオブイーグルとその周辺に注目ですね・・・

posted by keiba-meeting at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の競馬 | 更新情報をチェックする