2019年11月17日

第36回マイルチャンピオンシップの枠順と私の注目馬!など

17日15時40分発走予定の競馬の第36回マイルチャンピオンシップ(G1、京都競馬場芝1600メートル)の枠順と私の注目馬を以下
に示します・・・

第36回マイルチャンピオンシップの枠順
1-1  ダノンキングリー
1-2  グァンチャーレ
2-3  マイスタイル
2-4  レッドオルガ
3-5  インディチャンプ
3-6  フィアーノロマーノ
4-7  ペルシアンナイト
4-8  プリもシーン
5-9  クリノガウディー
5-10 アルアイン
6-11 カテドラル
6-12 モズアスコット
7-13 タイムトリップ
7-14 ダノンプレミアム
8-15 ダイアトニック
8-16 エメラルファイト
8-17 レイエンタ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は、天皇賞・秋2着のディープインパクト産駒のダノンプレミアム、皐月賞3着・日本ダービー2着のディープインパクト産駒のダノンキングリー、安田記念の勝ち馬・インディチャンプ、2017年の皐月賞馬で大阪杯を勝ちライアン・ムーア騎手騎乗のアルアイン、フランケル産駒のモズアスコット、2017年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬のペルシアンナイト、クリフトフ・スミヨン騎乗のダイアトニックあたりか・・・



16日の第24回東京スポーツ杯2歳ステークスが行われ、1番人気のライアン・ムーア騎手騎乗のコントレイル(父ディープインパクト)が芝1800メートルの2歳日本レコードの1分44秒5で圧勝・・・
同馬はこれで2戦2勝・・・
騎乗のムーア騎手も「トップクラスの馬」と高評価・・・

騎乗のライアン・ムーア騎手は、欧州のトップジョッキーで、凱旋門賞2勝など世界中の大レースを勝っており、今年も国際ステークス(英G1・ジャパン)などに勝っています・・・
アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎の主戦騎手で、日本でもイギリスのスノーフェアリーのエリザベス女王杯2連覇(2010年・2011年)やジャパンカップ(2013年・ジェンティルドンナ)勝利などがあります・・・
先週のエリザベス女王杯をラッキーライラックに騎乗して勝ったクリフトフ・スミオン騎手とともに注目・・・
posted by keiba-meeting at 08:37| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

第44回エリザベス女王杯はラッキーライラックが優勝!

10日に行われた競馬の第44回エリザベス女王杯(G1、京都競馬場芝2200メートル)は、3馬人気のクリフトフ・スミヨン騎手騎乗のラッキーライラックが優勝・・・
2着は、1馬身1/4差で7番人気のクロコスミア・・・
1番人気のラヴズオンリーユーは、クロコスミアとクビ差の3着・・・

優勝したラッキーライラックは、当てましたが、2着はノーマークのクロコスミア・・・

言い訳になってしまいますが、クロコスミアは長距離適正のあるステイゴールド産駒で、地力もあり、注目馬にするか迷いましたが、注目馬から外してしまいました・・・

3着が注目馬のラヴズオンリーユーだっただけに、馬券的には惜しかったですね・・・

注目馬は、1着・ラッキーライラック、3着・ラヴズオンリーユー、5着・クロノジェネシス、7着・スカーレットカラー、10着・フロンテアクイーン、11着・ウラヌスチャーム・・・

ノーマークは、10着までが、2着・クロコスミア、4着・センテリュオ、6着・サラキア、8着・アルメリアブルーム、9着・サトノガーネット・・・
posted by keiba-meeting at 08:01| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

第44回エリザベス女王杯の枠順と私の注目馬!など

きょう10日15時40分に、競馬の第44回エリザベス女王杯(G1、京都競馬場芝2200メートル)が発走予定・・・
以下に同レースの枠順と私の注目馬を示します・・・

1-1  ブライトムーン
1-2  ラッキーライラック
2-3  シャドウディーヴァ
2-4  ウラヌスチャーム
3-5  ポンデザール
3-6  クロコスミア
4-7  レイホーロマンス
4-8  クロノジェネシス
5-9  アルメリアブルーム
5-10 フロンテアクイーン
6-11 ラヴズオンリーユー
6-12 センテリュオ
7-13 サトノガーネット
7-14 ゴージャスランチ
7-15 ミスマンマミーア
8-16 スカーレットカラー
8-17 サラキア
8-18 レッドランディーニ
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

私の注目馬は・・・
休み明けながら無傷の4連勝のオークス馬のポテンシャルとディープインパクト産駒のラヴズオンリーユー、前走を強烈な決め脚で重賞勝ちのスカーレットカラー、地力のあるオルフェーヴル産駒のラッキーライラック、秋華賞勝ちのクロノジェネシス、欧州の若き天才騎手・マーフィー騎手騎乗のウラヌスチャーム、渋い血統ながら大駆けの可能性もあるかもしれないメイショウサムソン産駒のフロンテアクイーンあたりか・・・


9日に行われた第54回デイリー杯2歳ステークスは、ディープインパクト産駒のレッドベルジュールがデビューから無傷の連勝・・・


10月19日の英G1・コーフィールドCを優勝のメールドグラースが浅屈腱炎を発症・・・
治療で症状は改善され、経過観察予定・・・

posted by keiba-meeting at 08:57| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

JBCスプリントで藤田菜七子騎手は2着でG1初優勝ならず!

4日に、競馬の交流G1のJBCクラシック(ダート2000メートル)、JBCレディスクラシック(ダート1400メートル)、JBCスプリント(ダート1400メートル)が浦和競馬場で行われました・・・

JBCスプリントに出走した注目のJRA所属の女性騎手・藤田菜七子騎手の騎乗の2番人気のコパノキッキング(JRA所属、4歳セン)は惜しくもクビ差の2着で、藤田騎手は、日本人女性騎手初のG1制覇を逃しました・・・
優勝は、6番人気のブルドッグボス(御神本訓史騎手騎乗、浦和所属)・・・

JBCクラシックは、チュウワウィザード(川田将雅騎手騎乗、JRA所属)、JBCレディスクラシックは、ヤマニンアンプリメ(武豊騎手騎乗、JRA所属)がそれぞれ優勝・・・
ちなみに、JBCクラシックを制したチョウワウィザードは、最近死亡した大種牡馬のキングカメハメハの産駒です・・・
posted by keiba-meeting at 07:41| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

第160回天皇賞・秋はアーモンドアイが優勝!

27日に、G1馬10頭の豪華な顔ぶれとなった競馬の第160回天皇賞・秋は、1番人気のアーモンドアイが優勝・・・

勝ちタイムも1分56秒2で、スローに近い流れだったことを考えると優秀で、3馬身差の圧勝は、アーモンドアイが、揺るぎのない「日本現役最強馬」であることを証明しました・・・

世界のスプリンター(アーモンドアイは距離を克服)・ロードカナロアの代表産駒で、これでG1・6勝目・・・


騎乗のクリフトフ・ルメール騎手は、天皇賞3連覇(2018年(平成30年)・天皇賞・秋、2019年(平成31年)・天皇賞・春、2019年(令和元年)・天皇賞・秋)・・・
平成の最後と令和の最初の天皇賞を制しました・・・


天皇賞・秋といえば、シンボリルドルフダイワスカーレットが2着に敗れながら「負けてなお強し」を証明したレースとして印象にありますが、アーモンドアイは勝って「強さ」を証明しました・・・

2番人気のサートゥルナーリアは6着と失速、3番人気のダノンプレミアムは、3馬身差の2着・・

posted by keiba-meeting at 08:28| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

第160回天皇賞・秋の枠順が確定!

24日に、27日に予定の競馬の第160回天皇賞・秋(G1、東京競馬場芝2000メートル)の枠順が確定しました・・・
以下に示します・・・

1-1  カデナ
1-2  アーモンドアイ
2-3  ケイテイノーテック
2-4  スワーヴリチャード
3-5  アエロリット
3-6  ユーキャンスマイル
4-7  スティッフェリオ
4-8  マカヒキ
5-9  ダノンプレミアム
5-10 サートゥルナーリア
6-11 ゴーフォザサミット
6-12 ドレッドノータス
7-13 ランフォザローゼス
7-14 ワグネリアン
8-17 ウインブライト
6-18 アルアイン
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください 
posted by keiba-meeting at 05:44| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

ルメール騎手、騎乗機会7連勝!など

クリフトフ・ルメール騎手が最多タイの騎乗機会7連勝・・・

藤田菜七子騎手が今年JRA38勝目・・・

オジュウチョウサンの次走・アルゼンチン共和国杯は、松岡正海騎手とコンビへ・・・


posted by keiba-meeting at 09:10| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

第80回菊花賞はワールドプレミアが優勝!

20日に、第80回菊花賞(G1、京都競馬場芝3000メートル)が行われ、3番人気の武豊騎手騎乗のワールドプレミアが優勝・・・

武豊騎手は・・・

昭和、平成、令和と3元号でのG1制覇・・・

菊花賞制覇が最多更新の5度目の制覇・・・

50歳7ケ月6日での「菊」制覇は、JRA史上最年長・・・

ちなみに、武豊騎手は、1988年の菊花賞のスーパークリークで19歳7ケ月23日のJRA史上年少制覇も・・・

菊花賞制覇は、2005年のディープインパクト以来・・・

ワールドプレミアは、ディープインパクト産駒・・・

ディープインパクトが急死した年にディープインパクト産駒で「快挙」・・・

前走馬体重338キロのJRA史上最軽量勝利馬で、この日馬体重340キロで出走の牝馬のメロディーレーンは5着と健闘・・・
この日の340キロは、JRA重賞史上最少馬体重・・・

1番人気のヴェロックスは3着・・・
posted by keiba-meeting at 07:47| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

第80回菊花賞の枠順確定!

20日に行われる予定の第80回菊花賞(G1、京都競馬場芝3000メートル)は、17日に枠順が確定・・・
以下に示します・・・

 1-1  ザダル
 1-2  ニシノデイジー
 2-3  カリポール
 2-4  ユニコーンライオン
 3-5  ワールドプレミア
 3-6  ディバインフォース
 4-7  ヒシゲッコウ
 4-8  メロディーレーン
 5-9  ヴァンケドミンゴ
 5-10 カウディーリョ
 6-11 シフルマン
 6-12 レッドジェニアル
 7-13 ヴェロックス
 7-14 サトノルークス
 7-15 ホウオウサーベル
 8-16 ナイママ
 8-17 タガノディアマンテ
 8-18 メイショウテンゲン
(注)
左から枠番、馬番、馬名
主催者発表のものと照合ください

 
posted by keiba-meeting at 05:38| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

第24回秋華賞はクロノジェネシスが優勝!

13日に、牝馬3冠最終戦・第24回秋華賞(G1、京都競馬場芝2000メートル)が行われ、4番人気で北村友一騎手騎乗のクロノジェネシスが優勝・・・
クロノジェネシスは、桜花賞、オークスともに3着の実力馬・・・
桜花賞馬、オークス馬不在の「混戦」を制しました・・・

2着もオークス2着の実力馬・カレンブーケドール・・・

1番人気のダノンファンタジーは8着・・・
posted by keiba-meeting at 07:04| Comment(0) | 日本の競馬 | 更新情報をチェックする