2017年05月12日

クモハタの日本ダービー制覇

競馬の日本ダービーで印象に残っているレースといえば、クモハタの勝ったレースもそうですね・・・
 
クモハタは、競走成績が21戦9勝で、日本ダービー優勝以外に目立った成績を残していませんが、日本ダービー制覇まで、デビューから9日という今後も今の競馬体系などでは、破られない史上最短キャリアの日本ダービー制覇をしています・・・
脚部不安を抱えながらの記録達成・・・
さらに、現役引退後は、種牡馬として名馬メイヂヒカリなど7頭の天皇賞馬を出しています・・
(2006年に、サンデーサイレンスの産駒が天皇賞・秋に勝ち、サンデーサイレンスが8頭の天皇賞馬(天皇賞9勝)を出すまでの記録)
 
競走成績は、それほどではありませんでしたが、種牡馬として内国産種牡馬初のリーディングサイヤー・・・
 
そんな優れた種牡馬成績のクモハタも最期は伝貧の診断で殺処分・・・
 
クモハタが最後に、リーディングサイヤーになったのは、1957年で、内国産種牡馬のリーディングサイヤーは、2008年のアグネスタキオンまで出現しませんでした・・・
 
1939年の日本ダービーは、もちろんリアルタイムでは見ていませんが、クモハタのデビュー9日での日本ダービー制覇と優れた種牡馬成績もあり、印象に残っています・・・
posted by keiba-meeting at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

ヒサトモの日本ダービー制覇

28日に、競馬の日本ダービー(東京優駿)が行われますが、日本ダービーで印象に残っているレースといえば、牝馬で初の日本ダービーを勝ったヒサトモのレースもそうですね・・・
 
ヒサトモは、3歳(当時の4歳)3月に、デビューし、3着、1着、1着、3着で、日本ダービーに臨み、当時のレースレコードで、牝馬では初の日本ダービー馬に・・・
 
ちなみに、牝馬で日本ダービーを制したのは、戦前のヒサトモ、クリフジと戦後のウオッカの3頭のみです・・・
 
ヒサトモは、日本ダービー制覇後は、勝ち続けられませんでしたが、古馬で帝室御賞典・秋(天皇賞の前身)で大差勝ちをしており、勝利する時は、かなりの酷量といえる斤量でも勝ったり、大きな差をつけて勝ったこともあり、日本競馬史上最強牝馬あるいは日本競馬史上最強馬といわれるクリフジと比較しても、「クリフジに勝るとも劣らない」といわれました・・・
 
現役引退後、繁殖牝馬性成績が不振で15歳で現役復帰し、調教中に死亡しましたが、オークス馬・トウカイローマンや日本ダービーなどG1・4勝のトウカイテイオーの牝祖となっています・・・
 
1937年の日本ダービーは、もちろんリアルタイムで見ていませんが、ヒサトモが牝馬で初めて日本ダービーを制覇したことで、印象に残っています・・・
posted by keiba-meeting at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

ジェンティルドンナのオークス制覇

競馬のオークス(優駿牝馬)で印象に残っているレースといえば、3冠牝馬ジェンティルドンナの勝ったレースもそうですね・・・
 
ジェンティルドンナは、2歳11月にデビューし、2着、1着・・・
3歳になると、牡馬相手のシンザン記念に快勝し、牝馬限定のチューリップ賞で4着に敗れますが、桜花賞へ向かい、桜花賞を制覇し、オークスでも5馬身差の圧勝・・・
しかもオークスの勝ちタイムが2分23秒6のレースレコードで、1週間後の日本ダービーのディープブリランテの勝ちタイム(2分23秒8)より優秀でした・・・
この後も、ジェンティルドンナは、秋華賞を勝ち、牝馬3冠を達成し、続くジャパンカップでは、3歳牝馬で斤量に恵まれた(ジェンティルドンナ53キロ、オルフェーヴル57キロ)とはいえ、オルフェーヴルにハナ差競り勝ち優勝・・・
この年は年度代表馬(1回目)・・・
4歳になると、ドバイ遠征で、ドバイシーマクラシックでセントニコラスアビーの2着、日本に帰国し、宝塚記念がゴールドシップの3着、秋に天皇賞・秋がジャスタウェイの2着、ジャパンカップに勝ち同レース連覇・・・
5歳で京都記念6着を受け、ドバイ遠征でドバイシーマクラシックで不利を受けながら優勝、日本に帰国し、宝塚記念がゴールドシップの9着、秋に天皇賞・秋がスピルバーグの2着、3連覇を目指したジャパンカップがエピファネイヤの4着、引退レースの有馬記念優勝で現役引退・・・
この年は年度代表馬(2回目)・・・
 
ジェンティルドンナは、大種牡馬ディープインパクト産駒の3冠牝馬、G1・7勝馬として繁殖牝馬としても期待されています・・・
 
2012年のオークスは、リアルタイムで見ましたが、ジェンティルドンナの圧勝(5馬身差勝利でレースレコードで1週間後の日本ダービーの勝ちタイムより優秀)で印象に残っています・・・
 
 
ジェンティルドンナについては、「ジェンティルドンナ」「ジェンティルドンナを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

シーザリオのオークス制覇

競馬のオークス(優駿牝馬)で印象に残っているレースといえば、シーザリオの勝ったレースもそうですね・・・
 
シーザリオは、スペシャルウィーク産駒・・・
2歳の12月に新馬戦に勝つ・・・
3歳になると、寒竹賞、フラワーカップも勝ち、3戦3勝で桜花賞へ・・・
桜花賞では、ラインクラフトのアタマ差の2着・・・
桜花賞馬・ラインクラフトがNHKマイルカップに向かい同レースで優勝したため、オークスではシーザリオが1番人気となり、レースでも驚異の瞬発力で優勝・・・
この後、アメリア遠征し、アメリカンオークスを4馬身差の圧勝・・・
これは、内国産の日本調教馬初の海外国際G1制覇、日本調教馬として初のアメリカG1制覇などの快挙・・・
日米オークス制覇をしたシーザリオでしたが、この後、脚部不安で現役引退・・・
 
繁殖牝馬としては、ジャパンカップ、菊花賞のエピファネイヤ、朝日杯フューチュリティステークスのリオンディーズなどを出しています・・・
 
2005年のオークスは、リアルタイムで見ましたが、シーザリオが驚異的末脚で同レースを勝ち、その後、アメリカでアメリカンオークスも勝ち、日米オークスを制覇したことで印象に残っています・・・
posted by keiba-meeting at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

メジロラモーヌのオークス制覇

競馬のオークス(優駿牝馬)で、印象に残っているレースといえば、3冠牝馬メジロラモーヌの勝ったレースもそうですね・・・
 
私の印象では、同じ日本競馬史上最強牝馬候補でも、テスコガビーは「速さ」、メジロラモーヌは「強さ」のイメージがあります・・・
 
ちなみに、オークスの歴代優勝馬では、日本競馬史上最強牝馬候補でもある牝馬ながら日本ダービーを勝ったクリフジ(オークスを10馬身差勝利)、テスコガビー(オークスを8馬身差勝利)や牝馬ながら皐月賞を勝ったトキツカゼ(オークス史上最大着差の大差勝利)の優勝も圧巻でしたが、彼女らのハイライトは、クリフジは日本ダービー勝利、テスコガビーは桜花賞勝利、トキツカゼは皐月賞勝利だと思います・・・
 
メジロラモーヌは、3冠牝馬となりましたが、牡馬の一流馬との対決であった引退レースの有馬記念では、不利などもあり、ダイナガリバーの9着でした・・・
 
メジロラモーヌは、繁殖牝馬としては、成功しませんでした・・・
 
メジロラモーヌを日本競馬史上最強牝馬と呼ぶ人も・・・
 
1986年のオークスは、リアルタイムで見ましたが、メジロラモーヌの牝馬離れした強さが印象に残っています・・・
(大橋巨泉氏いわく「メジロラモーヌは、スリートロイカス(牝馬ながら凱旋門賞など勝利した名牝)のような男勝りの馬」とも)
posted by keiba-meeting at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

エアグルーヴのオークス制覇

競馬のオークス(優駿牝馬)で印象に残っているレースといえば、エアグルーヴの勝ったレースもそうですね・・・
 
エアグルーヴは、史上最も激戦といわれたオークスを制したダイナカールの娘で、3歳(当時の4歳)時、桜花賞の前哨戦・チューリップ賞で5馬身の圧勝をし、桜花賞の本命とされますが、熱発で回避・・・
オークスはぶっつけで挑みますが、1番人気に支持され、オークスを快勝し、ダイナカールとの母娘制覇達成・・・
 
その後のエアグリーヴは、牝馬3冠目の秋華賞をぶっつけで挑みますが、パドックでのフラシュでの撮影が影響したのか10着に敗れ、この後、パドックでの撮影が禁止に・・・
 
翌年に、牝馬ながら天皇賞・秋を制する・・・
 
それ以降も、牡馬と互角以上に戦う・・・
 
現役引退後も、繁殖牝馬として、牝馬3冠(桜花賞3着・オークス7着・秋華賞2着)ですべて1番人気で、エリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴ(父サンデーサイレンス)やルーラーシップ(父キングカメハメハ)(香港のクイーンエリザベス2世カップ)などを出し、さらにアドマイヤグルーヴは、ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)(皐月賞・日本ダービー)を出しています・・・
 
1996年のオークスは、リアルタイムで見ましたが、エアグルーヴが勝ってダイナカールとの母娘制覇をしたレースとして印象深いですね・・・
posted by keiba-meeting at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

ダイナカールのオークス制覇

21日に、競馬のオークス(優駿牝馬、G1、東京競馬場芝2400メートル)が行われますが、オークスで印象に残っているレースといえば、ダイナカールの勝ったレースもそうですね・・・
 
このレースは、上位5頭がハナ差、アタマ差、ハナ差、アタマ差の史上最も激戦といわれたオークスで、ダイナカールが勝利・・・ダイナカールに騎乗した岡部幸雄騎手の名手ぶり・腕もさることながら、ダイナカールの父である大種牡馬のノーザンテーストの底力もあらためて感じました・・・
 
時を経て、ダイナカールの娘・エアグルーヴがオークスを制し、母娘制覇を達成し、さらに古馬になって牝馬ながら天皇賞・秋を制した時は、血のドラマ、ロマンを感じました・・・
 
1983年のオークスは、リアルタイムで見ましたが、史上最も激戦といわれた同レースをダイナカールが制したレースとして、後の娘のエアグルーヴの母娘制覇なども合わせて印象深いですね・・・
 
ダイナカールは、社台レースホースの共同馬主の持ち馬で、ダイナカールの勝利は、吉田善哉氏名義の持ち馬ではない共同馬主名義の初の大レース勝ち馬で、共同馬主の人気と共同馬主の大レース勝ちのきっかけとなりました・・・
posted by keiba-meeting at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

ヴィクトリアマイルについて

14日に、競馬のヴィクトリアマイル(G1、東京競馬場芝1600メートル)が、行われます・・・
 
同レースは、古馬牝馬のマイル(約1600メートル)路線充実のために、設置された1600メートルの古馬牝馬限定のG1レースです・・・
 
これまで牝馬は、クラシック以降は、大レースといえば、3200メートルの天皇賞の春と秋か、2500メートルの有馬記念、2200メートルの宝塚記念の中長距離しかありませんでしたが、天皇賞・秋が2000メートルに距離が短縮され、本レースが設置され、古馬牝馬の2000メートル以下も整備・・・
 
牝馬は、多くがスタミナより切れ味などの瞬発力に特徴があり、2000メートル以下の牝馬が参加できるレースの設置は、いいと思います・・・
 
ヴィクトリアマイルの歴代優勝馬には、3冠牝馬(桜花賞・オークス・秋華賞)のアパパネや2冠牝馬(桜花賞・オークス)のブエナビスタ、牝馬ながら日本ダービー馬のウオッカ、桜花賞馬・ダンスインザムードがおり、同レースを連覇したヴィルシーナ、ストレイトガールなども出ています・・・
posted by keiba-meeting at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

NHKマイルカップについて

競馬のNHKマイルカップは、1996年からNHK杯に代わり、施行されているレースで、3歳のマイル(約1600メートル)路線充実のため、誕生した1600メートルのG1レースです・・・
 
歴代優勝馬は、後に凱旋門賞2着となる「意外」な「大物」エルコンドルパサーもいますが、後に、フランスのG1のモーリス・ド・ゲスト賞(1300メートル)を制したシーキングザパール、ダートで活躍したイーグルカフェ(ジャパンカップダート)、クロフネ(ジャパンカップダート)、桜花賞馬の名マイラー・ラインクラフト、日本ダービー馬タニノギムレットに勝ったことのあるテレグノシスなど・・・
(全体的には、マイラーの活躍馬が多いですね)
 
さらに、日本ダービーまでローテーションが中2週ときついものの、「変則2冠」(NHKマイルカップ→日本ダービー)のキングカメハメハ、ディープスカイも出ています・・・
posted by keiba-meeting at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

競馬のNHK杯について

競馬のNHK杯(NHKマイルカップの前身)は、1953年から1995年まで試行されていた競走ですが、日本ダービートライアルの位置付で、かつては、歴代優勝馬に、2冠馬(皐月賞・日本ダービー)のボスト二アン、ヒカルイマイ、カブラヤオー、日本ダービーのダイゴホマレ、ヒカルメイジ、テルテンリュウなどを出していましたが、日本ダービーまで中2週とローテーションがきつく、同レース施行の後半では、日本ダービーの有力馬が回避する傾向に・・・
 
3歳のマイル(約1600メートル)路線充実のため、NHK杯は、1996年から1600メートルのG1のNHKマイルカップに・・・
 
かつては、タカオー(天皇賞・春)、キタノオー(菊花賞)、ダイコーター(菊花賞)、ナスノコトブキ(菊花賞)、マーチス(皐月賞)、アローエクスプレス(皐月賞2着など)、ハイセイコー(皐月賞)、プレストウコウ(菊花賞)、インターグシケン(菊花賞)、モンテプリンス(天皇賞・春)、カツラギエース(ジャパンカップ)などを歴代優勝馬に出したレースでした・・・
posted by keiba-meeting at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする