2017年11月24日

ジャパンカップで印象深いレース、キタサンブラックの勝ったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは、第36回のキタサンブラックが勝ったレースですね・・・

派手な大差勝ちなどではありませんでしたが、先行して直線でまた伸びる安定感のある勝ち方は、シンボリルドルフエルコンドルパサーなどの「本当に強い馬」の勝ち方を想起させました・・・

さらにこうした「底力」を感じた馬にシンザンがいます・・・

海外では、大差勝ちはないが、底知れぬ力を感じたラムタラを想起さえました・・・

キタサンブラックの「底力」を感じました・・・
posted by keiba-meeting at 10:46| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

ジャパンカップで印象深いレース、ウオッカが勝ったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは、ウオッカの勝った第29回のレースですね・・・

ウオッカは、牝馬ながら日本ダービーを勝つなどG1・7勝(日本ダービー、ジャパンカップ、天皇賞・秋、安田記念2回、ヴィクトリアマイル、阪神ジュベナイルフィリーズ)をし、同期のダイワスカーレットとともに牡馬と互角以上に戦った名牝・・・

日本牝馬のジャパンカップ制覇は、他にブエナビスタジェンティルドンナ、ショウナンパンドラがありますが、ウオッカが初で印象深いですね・・・


ウオッカについては、「ウオッカ」「ウオッカを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 09:51| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

ジャパンカップで印象深いレース、ジェンテイルドンナが勝った1回目のレース!

競馬のジャパンカップで印象深い馬は、第32回・第33回を連覇したジェンティルドンナですね・・・

史上初のジャパンカップ連覇となった第33回も印象深いですが、当時の現役世界最強馬ともいえるオルフェーヴルに斤量に恵まれていたとはいえ、競り勝った第32回の印象は強烈でした・・・
(第33回の斤量は、3歳牝馬のジェンティルドンナ53キロ、4歳以上牡馬のオルフェーヴルは57キロ)


ジェンティルドンナについては、「ジェンティルドンナ」「ジェンティルドンナを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 09:48| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

ジャパンカップで印象深いレース、スペシャルウィークが勝ったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは、第19回のスペシャルウィークが勝ったレースですね・・・
 
この年の凱旋門賞馬で、エルコンドルパサー(同レース2着)に勝ったモンジューをジャパンカップで倒し、スペシャルウィークが「雪辱」したレースです・・・
(モンジューはジャパンカップ4着)
 
スペシャルウィークのジャパンカップで凱旋門賞馬(モンジュー)に勝った「事実」は、日本馬のレベルアップを感じましたが、同時に本場(凱旋門賞)のレースで2着の快挙のエルコンドルパサーの「凄さ」も感じました・・・
 
地の利(ジャパンカップ)で勝つことと本場のレース(凱旋門賞)で好走することの「本質的違い」、本場のレースで好走することの「凄さ」を考えさせられました・・・
 
 
スペシャルウィークについては、「スペシャルウィーク」「スペシャルウィークを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 12:24| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

ジャパンカップで印象深いレース、エルコンドルパサーの勝ったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは、第18回のエルコンドルパサーの勝ったレースですね・・・

このレースはエルコンドルパサーの完勝で、翌年にフランスの凱旋門賞で2着となる快挙・・・

「世界の」エルコンドルサーのターニングポイントになったレースです・・・


エルコンドルパサーについては、「エルコンドルパサー」「エルコンドルサーを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 11:19| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ジャパンカップで印象深いレース、トウカイテイオーの勝ったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは、第12回のトウカイテイオーが勝ったレースもそうですね・・・

トウカイテイオーは、皇帝シンボリルドルフの初年度産駒で、無敗の2冠馬(皐月賞、日本ダービー)で、他にジャパンカップ(本レース)と引退レースの有馬記念を勝ったG1・4勝馬・・・
戦績12戦9勝・・・

父シンボリルドルフと親子JRA顕彰馬・・・


トウカイテイオーについては、「トウカイテイオー」「トウカイテイオーを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 09:32| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

マイルチャンピオンシップで印象深い馬、タイキシャトル!

競馬のマイルチャンピオンシップで印象深い馬は、第14回、第15回を連覇したタイキシャトルですね・・・

タイキシャトルは、13戦11勝2着1回3着1回で、G1勝利は、フランスのジャック・ル・マロワ賞、マイルチャンピオンシップ2回、安田記念、スプリンターズステークスの5勝・・・

前述のジャック・ル・マロワ賞を制した「世界のタイキシャトル」・・・

連を外したのは、強行で出場し、本調子でなかった引退レースのスプリンターズステークス3着のみ・・・

日本競馬史上最強マイラーの声も多い名馬・・・


タイキシャトルについては「タイキシャトル」「タイキシャトルを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 11:22| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

マイルチャンピオンシップで印象深いレース、オグリキャップの勝ったレース!

競馬のマイルチャンピオンシップの印象深いレースは、第6回のオグリキャップの勝ったレースですね・・・

とても届かないと思われた位置から激しくバンブーメモリーを追い込み、ハナ差で差し切り勝ちの激闘後、連闘でジャパンカップに挑み、ホーリックスの当時の世界レコードのタイム差なしのクビ差の2着に・・・

このレースの激闘を勝ち、連闘でジャパンカップでの激走・・・

「オグリ伝説」の一つのきっかけとなったマイルチャンピオンシップの激戦の勝利・・・


オグリキャップについては、「オグリキャップ」「オグリキャップを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 09:51| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

マイルチャンピオンシップで印象深い馬、二ホンピロウイナー!

19日に、競馬のマイルチャンピオンシップ(G1、京都競馬場芝1600メートル)が行われる予定ですが、マイルチャンピオンシップで印象深い馬といえば、第1回と第2回を連覇したニホンピロウイナーでしょうか・・・

短距離の距離体系が整った草創期の名馬で、主戦騎手だった河内洋氏は「芝1400メートルがベストのスプリンター」といいましたが、後の有馬記念馬リードホーユーに勝ったきさらぎ賞(芝1800メートル)、朝日杯チャレンジカップ(芝2000メートル)に勝ち、天皇賞・秋(芝2000メートル)でもギャロップダイナの3着〈ちなみに2着はシンボリルドルフ〉になっているように中距離でも善戦・・・

同時期の短距離の名馬・ハッピープログレスに5勝1敗と勝ち越しており、短距離・マイル戦の「絶対王者」でたとえ皇帝シンボリルドルフでも短距離戦・マイル戦では二ホンピロウイナーに勝てないだろうといわれました・・・

叔父に2冠馬(皐月賞、菊花賞)キタノカチドキがいます・・・

3年連続最優秀スプリンター・・・
posted by keiba-meeting at 09:41| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ジャパンカップで印象深いレース、オグリキャップの2着になったレース!

競馬のジャパンカップで印象深いレースは第9回のホーリックスが勝ったレースというよりオグリキャップが2着になったレースですね・・・

ニュージーランドのホーリックスの当時の芝2400メートルの世界レコードの快勝も驚きましたが、オグリキャップがマイルチャンピオンシップを激戦で勝ち連闘でジャパンカップに臨み、ホーリックスとタイム差なしクビ差の2着になったのはもっと驚きました・・・


オグリキャップについては、「オグリキャップ」「オグリキャップを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 10:02| Comment(0) | コラム | 更新情報をチェックする