2017年05月17日

ロングエースの日本ダービー制覇

競馬の日本ダービー(東京優駿)で印象に残っているレースといえば、ロングエースの勝ったレースもそうですね・・・
 
ロングエースは、ランドプリンス(皐月賞)、タイテエム(天皇賞・春)、イシノヒカル(菊花賞、有馬記念)とともに、「最強世代」の「4強」を形成・・・
(この世代は、最もレベルの高い「最強世代」とも)
 
ロングエースは、デビューが遅く、3歳(当時の4歳)1月に、デビューし、皐月賞前まで5戦5勝でしたが、皐月賞でランドプリンスの3着と初めて敗れる・・・
しかし、日本ダービーでは、優勝(ちなみに、ランドプリンス2着、タイテエム3着、イシノヒカル6着)・・・
秋に、京都新聞杯6着、菊花賞がイシノヒカルの5着、有馬記念がイシノヒカルの8着で現役引退・・・
 
現役引退後、種牡馬となると、宝塚記念のテルテンリュウなどを出しました・・・
まずまずの成功かもしれません・・・
 
1972年は、もちろんリアルタイムで見ていませんが、レベルが高い「最強世代」といわれ、この年の日本ダービーは、「最強世代」の日本ダービーとして印象に残っています・・・
posted by keiba-meeting at 11:07
"ロングエースの日本ダービー制覇"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。