2017年05月19日

ミスターシービーの日本ダービー制覇

競馬の日本ダービー(東京優駿)で、印象に残っているレースといえば、3冠馬ミスターシービーの勝ったレースもそうですね・・・
 
ミスターシービーは、無敗の皐月賞馬ながら、日本ダービーで2着に敗れたトウショウボーイの産駒・・・
 
ミスターシービーは、2歳(当時の3歳)で、デビューから2連勝しますが、3戦目に追い込んで敗れ、それをきっかけに追い込む競馬に・・・
3歳(当時の4歳)で、共同通信杯4歳ステークス、弥生賞と連勝し、雨の皐月賞をトウショウボーイに続く親子制覇・・・
日本ダービーでも勝ち、父トウショウボーイ(日本ダービー2着)の無念を晴らしています・・・
秋に京都新聞杯で4着でしたが、菊花賞を勝ち、3冠馬に・・・
この年は、これで休養へ・・・
4歳(当時の5歳)の春は、脚部不安で休養で、秋に毎日王冠2着で復帰し、天皇賞・秋を勝ち、いわゆる「4冠馬」に・・・
しかしジャパンカップは、カツラギエースの10着、有馬記念はシンボリルドルフの3着・・・
5r歳(当時は6歳)は、サンケイ大阪杯で2着、天皇賞・春がシンボリルドルフの5着・・・
脚部不安で現役引退・・・
 
現役引退後は、シャコーグレイドなど重賞勝ち馬を出しています…
 
ミスターシービーは、千明牧場のオーナーブリーディングホースで、親子3代で日本ダービー馬を輩出・・・
(スゲヌマ、メイズイ、ミスターシービー)
 
管理する松山康久調教師(ミスターシービー、後にウィナーズサークル)は、父松山吉三郎調教師(フエアーウイン、後にダイナガリバー)とともに親子制覇・・・
 
ミスターシービーの父トウショウボーイと母シービークイン(毎日王冠勝ちなどの名牝)は、デビュー戦が同じの内国産同士の良血馬・・・
 
ミスターシービーは、千明(C)牧場(B)の代表馬の意味・・・
 
1983年の日本ダービーは、リアルタイムで見ましたが、父トウショウボーイ(日本ダービー2着)の無念をミスターシービーが晴らしたレースとして、印象深いですね・・・
 
 
ミスターシービーについては、「ミスターシービー」「ミスターシービーを知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by keiba-meeting at 11:51
"ミスターシービーの日本ダービー制覇"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。